美容

2018.06.15 UP

飲む日焼け止めの仕組みを解説!メカニズムを知って夏の強い味方に♡


飲む日焼け止め 仕組み メカニズム

こんにちは!ANGIE編集部のトヅカです。みなさん、今話題の「飲む日焼け止め」って聞いたことありますか?毎日飲むことで、日焼けケアができちゃうアイテムです!

でも、日焼け止めを飲むってどういうこと?それって安全なの?効果あるの?いろいろな疑問があると思います。

そこで今日は、飲む日焼け止めの仕組みやメカニズム、安全性について解説していきます!

 

飲む日焼け止めの仕組みとメカニズムを大解剖!どうして効くの?

飲む日焼け止めは、どんなメカニズムでお肌に効いているのでしょうか?

飲む日焼け止めにできることと、日焼けを防止する仕組みを見ていきましょう。

紫外線ダメージを内側から修復!

飲む日焼け止め 仕組み 効果

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めとは違う方法で日焼けを防ぎます。

塗る日焼け止めは、お肌をコーティングして’物理的に紫外線をブロックしますよね。一方飲む日焼け止めは、内側からダメージに向かってアプローチするのです。お肌に与えられた紫外線ダメージを、飲む日焼け止めの有効成分たちが修復し続けます。

そのため、受けたダメージを日焼けにしないだけでなく、すでにできてしまった日焼けにも有効!白いお肌に戻るのを早めてくれるんですね。

お肌の中で何が起きているの?

飲む日焼け止めが効く理由は、主に「抗酸化作用」によるものです。「酸化」とは、お肌がサビること。切ったりんごの表面が茶色くなるのも、私たちの肌が日焼けで茶色くなるのも同じ「酸化」なのです。

飲む日焼け止めには、この抗酸化作用を持つ成分がたっぷり!他にも、免疫力やターンオーバーを整えたり、お肌のコラーゲンを守ったりする成分が含まれていますよ。

メラニンと酸化作用の関係

「肌が黒くなるといえばメラニンでは?」と思った方、大正解です。実はメラニンが生成されることも、酸化作用のひとつなんですよ。メラニンの元となる「チロシン」というアミノ酸が酸化することでメラニンが生まれるのです。

日焼け メラニン メカニズム

簡単に説明すると、お肌の中にはメラニンを作るメラノサイトという工場があり、そこには工場長のチロシナーゼさんがいます。チロシナーゼさんの部下であるチロシンたちが活発に働く(=酸化する)ことで、メラニンは生み出されています。

抗酸化作用とは、このチロシンたちの動きを止めること。だから飲む日焼け止めは、日焼け防止に効果があるんですね。

 

なんだか強そう…飲む日焼け止めは気軽に飲めるの?

飲む日焼け止め 安全

飲む日焼け止めは、超強力な怖いお薬ではありません。いわばサプリメント、いわば”健康食品”にあたります。

美容目的のサプリメントってたくさんありますよね、ビタミンEとか鉄分とか。飲む日焼け止めは、そういったものに近いんですよ。容量を守っていれば、気軽に飲むことができます!

お子様でも、4歳以上なら飲む日焼け止めを飲んでも大丈夫だとされていますよ。ただし、ほかのお薬と同じく妊娠中・授乳中はさけておきましょうね。(詳しくはこちら

さらによく安全性を見る上では、GMP(適正製造規範)で認定された国内の工場で作られた製品であるかどうかという点も注目ポイント。GMP(適正製造規範)とは、厚生労働省が認定する基準の工場で製造されていますよ、という意味。安心にこだわって買いたい!という方はぜひチェックしたいところですね。

栄養機能食品、健康食品の表示はパッケージや公式サイトで確認することができるので、ぜひ1度自分の目で確かめてみてくださいね。

GMP(適正製造規範)の飲む日焼け止めの例

ホワイトヴェールリブランコート

知っておきたい飲む日焼け止めの主要成分はこれ!

飲む日焼け止め 成分 安全

飲む日焼け止めにもいろいろあり、配合されている成分もそれぞれ違います。せっかく買うなら、安全かつ効果の高い成分がいいですよね。そこで今回は、いま飲む日焼け止め界で注目のとっておき成分をご紹介します!

ニュートロックスサン

地中海スペインで開発された最先端ポリフェノール。原料は、シトラス果実とローズマリー葉です。

強い抗酸化作用を持ち、いま大注目の成分!多く配合されているものには、特別な「ニュートロックスサン」ロゴが書かれていますよ。

ファーンブロック

抗酸化作用のある植物エキスで、ハーバード大学医学部とカンタブリア社の共同開発で生まれました。

25年以上前から、中央アメリカ・ヨーロッパでアトピー性皮膚炎や白斑の治療に使用されているようですよ。昔から使われていますが、副作用は報告されていません。

クコの実エキス

和漢生薬で有名なクコの実。これに、黒化したお肌の回復を早める効果があることを資生堂が初めて発見しました!抗酸化作用も期待できますよ。

 

その他にも、多くはトマトでおなじみのリコピンや、フルーツ類のビタミン、抗炎症作用などが期待できるハーブ由来のエキスなどが配合されています。天然由来や、ふだん食べている食べものと似た成分なら、安心して飲めそうですね!

 

飲む日焼け止めは、内側からキレイを作る今注目のアイテム。この夏の強い味方になってくれそうですね!

塗る日焼け止めと一緒に使って、誰にも負けない美白肌を目指しちゃいましょう♪

 

関連記事

【2018年】飲む日焼け止めのおすすめ人気ランキング≪効果と口コミで徹底比較!≫

 

参考:健康食品とは-厚生労働省農林水産省-飼料等の適正製造規範(GMP)ガイドライン

 

ANGIE編集長 トヅカ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
v