ハピネス

2015.07.18 UP

フランスの常備菜「ラタトゥイユ」で楽して毎日野菜を食べよう!


iStock_000034462410_Small (1)

暑くて料理をする気になれないときや、仕事が遅くなった日には、作り置きのおかずがあると心強いですよね。

さらにお料理のアレンジが効くものなら、毎日食べても飽きません!

旬の夏野菜をふんだんに使った、フランスの煮込み料理ラタトゥイユのレシピと、簡単アレンジ方法をご紹介します。

温めても冷やしてもおいしく食べられるので、お弁当にも最適ですよ。

 

美肌を作る夏野菜、加熱すると効果倍増!?

Vegetable set: ripe tomatoes, paprika, zuccini and an aggplant o

ビタミンCたっぷりのパプリカにズッキーニ。

アンチエイジング効果のあるナス。健康にも美容にもおすすめなトマトなど……。

ラタトゥイユには美肌を作るお野菜がたっぷりなんです!

 

トマトやパプリカは生のままサラダにしても美味しいけれど、加熱するとさらに美肌効果がアップするんです!

トマトやパプリカ、ズッキーニに含まれる、肌や髪をきれいに保つ「β(ベータ)カロテン」は、油と一緒に加熱することで体内への吸収が高まります

トマトに含まれる、美肌や美白などに効く成分「リコピン」は油に溶けやすい性質。

オリーブオイルで煮込むラタトゥイユやトマトソースなら、より効果的にリコピンを摂取できますね!

 

「ラタトゥイユ」のレシピ

iStock_000013572275_Small (1)

【材料】(2〜3人分)

ニンニク……ひとかけ

玉ねぎ(中)……1コ

ズッキーニ(中)……1本

ナス(中)……2本

パプリカ(中)……1コ

トマト(中)……2コ

EVオリーブオイル……大さじ3

エルブ・ド・プロバンス……小さじ2

白ワイン……グラス1/2杯

海塩・黒胡椒……適宜

※エルブ・ド・プロバンスは、タイムやバジル、ローズマリーなどがブレンドされた南仏のハーブミックス。スーパーなどで手に入りますよ!

塩・コショウをした魚や肉に振りかけて焼いたり、サラダにかけたり、パスタソースに加えたり、ひとつ持っておくと重宝するハーブです。

 

【作り方】

大きめの鍋にオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて、弱火にかけます。

1cm角に切った玉ねぎ、ズッキーニ、ナス、パプリカを順番に投入し、木べらで炒めます。

オイルによく馴染んだら、ダイス状にカットしたトマト、エルブ・ド・プロバンス、白ワインを入れひと混ぜして、10〜15分ほど煮込みます。

海塩(小さじ2程度)、黒胡椒をして全体を混ぜ合わせたら出来上がり!

 

「ラタトゥイユ」の簡単アレンジレシピ

iStock_000050931148_Small

一度にたくさん作っておけば、3〜4日は冷蔵庫で保存可能です。

ひんやり冷やしたラタトゥイユは、温かいときとは一味違ったおいしさを楽しめます!

肉や魚料理の付け合わせとしても重宝しますよ。

 

【おつまみ編】

冷やしたラタトゥイユは角切りにしたクリームチーズと合わせれば、白ワインによく合うおつまみに。

 

【アレンジ編】

パスタに絡めて夏野菜のパスタに。こちらは温製・冷製どちらでも◎。

温製なら太めのタリアテッレ、冷して食べる場合は、喉ごしのよいカッペリーニがおすすめ!

仕上げにEVオリーブオイルを少しかけると、コクがアップしますよ。

 

【アレンジ編2】

冷たいラタトゥイユを麺つゆと割って、そうめんや冷麦のつゆ代わりに。

一味唐辛子を振って、ピリ辛に仕上げても◎。いつものそうめんに食べ飽きたときに、ぜひお試しください。

 

常備菜があると、毎日の献立作りも楽チンです!

野菜不足解消にもなりそうなラタトゥイユ、ぜひ試してみてくださいね。

 

関連記事

美容にいい!サッと作れて日持ちするニンジンの常備菜レシピ2つ

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ