ライフスタイル

2024.01.15 UP

寒い日には「湯たんぽ」がおすすめ!種類別の特徴やおすすめアイテム5選を紹介


部屋の中にいても、寒さが身に染みる季節になると、暖房器具が手放せませんよね。特に、女性は体の冷えでお悩みの人も多いはず。

しかし、昨今の光熱費の高騰で、気になるのは電気代ではないでしょうか。また、エアコンなどの暖房器具をつけっぱなしにすると、空気が乾燥してしまうというデメリットもあります。

そこでおすすめなのが、エコで使いやすい暖房器具「湯たんぽ」です。今回は、湯たんぽの魅力や使い方、おすすめのアイテムなどを紹介します。

 

湯たんぽの種類

ひとことに「湯たんぽ」といっても、最近ではさまざまなタイプが展開されています。

お湯入れタイプ

湯たんぽというと、従来の沸かしたお湯を入れる「お湯入れタイプ」を思い浮かべる人も多いのでは?

お湯入れタイプは、耐熱タンクの中にお湯を入れて使う湯たんぽです。直火にかけられる金属製タンクや、軽くて使いやすいポリタンク、柔らかい感触が心地よいゴムタンクなどがあります。

「お湯を沸かして入れ替える」という手間はかかりますが、昔ながらの方法でじんわり温まる冬の風物詩ともいえます。

タンクの大きさや入れるお湯の温度、使い方にもよりますが、約6~10時間ほど温かさが持続します。

電気タイプ

近年、注目されている電気タイプは、お湯を沸かしたり入れ替えたりする必要がない便利な湯たんぽです。やわらかい樹脂製のタンクに、専用の水が入っており、電気の力で温めます。

充電プラグにさすだけで、内蔵されているヒーターが水を加熱。充電時間は約20分ほどと、お湯入れ式よりも少し準備に時間がかかりますが、プラグを指すだけなのでとても簡単◎

温かさの持続時間は、湯たんぽの大きさにもよりますが、約4~6時間ほどです。

電子レンジタイプ

電子レンジタイプには、水を入れてレンジで温めるタイプのほかに、小豆やセラミックビーズが入っているタイプもあります。

電子レンジで温めるだけで使えるので、手軽さが最大の魅力。ただし、温かさの持続時間は1時間前後と、お湯入れタイプや電気タイプの比べると短めです。短時間だけで使用したいシーンに適しています。

 

湯たんぽの魅力

湯たんぽには、今だから見直したいさまざまな魅力があります。

電気代が節約できてエコ

湯たんぽの1番の魅力は、電気代が節約できること。湯沸しタイプの場合、電子ケトルでお湯を沸かしたとしても、1回あたり数円~10数円程度です。電気タイプの場合も、1回の充電にかかる電気代は数円ほど。

1日中、エアコンやヒーターをつけていると、どうしても電気代がかさんでしまいます。

日中など、日差しが入る時間は、エアコンやヒーターを切って、湯たんぽで暖を取るのもおすすめですよ。

ピンポイントで温められる

湯たんぽは、お腹や腰、指先、足先など、冷えやすい場所をピンポイントで温めることができます。女性の場合、生理痛が気になるときにも、湯たんぽでお腹や腰を温めると、不快感が軽減することも。

また、就寝前に湯たんぽをお布団の中に入れておけば、寝るときにはお布団の中がポカポカに!

小さめサイズの湯たんぽを選べば、オフィスや車のなかでも、冷えやすい部分を温められるのがうれしいですね。

お部屋の空気が乾燥しない

エアコンや電気ヒーターを使用していると、気になるのは空気の乾燥。室内の湿度が下がり「お肌や髪がカサカサになってしまった!」なんて人も多いのではないでしょうか。

湯たんぽは、部屋の空気が乾燥しないので、お肌や髪にもうれしい暖房器具です。

 

湯たんぽの注意点

じんわりと体を温めてくれる便利でエコな湯たんぽですが、使用する際には事前に理解しておくべき注意点もあります。

使用方法は必ず守る

湯たんぽを使う際は、必ず製品ごとの使用方法を守りましょう。

例えば、金属タンクのお湯入れ湯たんぽの場合、キャップをつけたまま直火で温めてしまうと、破裂する恐れがあります。また、電気湯たんぽの場合は、カバーを付けたまま充電してしまうと、故障や破損の原因となります。

思わぬケガや火傷のリスクもあるため、必ず使用方法は守りましょう。

破損に注意

湯たんぽを使用する前は、タンクに割れやひびなどがないか、必ず確認しましょう。タンクが破損した状態で湯たんぽを使用してしまうと、中のお湯が漏れて火傷をしてしまう可能性があります。

低温火傷に注意

湯たんぽは、じんわりとした温かさがここちよい暖房器具ですが、実は長時間使用していると「低温火傷」をしてしまう可能性があります。

低温火傷とは、心地よいと感じる温度(40~50℃前後)でも、長時間皮膚に接触していると生じる火傷のことです。

低温火傷を起こす時間の目安は

・44℃で3~4時間
・46℃で30分~1時間
・50℃で2~3分

とされています。

そのため、湯たんぽを使用する際は「長時間同じ場所に触れないようにする」「カバーを使用してタンクが直接肌に触れないようにする」といった注意点を守りましょう。また、寝る前に布団の中を温めた際は、就寝時に必ず湯たんぽを布団の外に出してください。

 

おすすめ湯たんぽ5選

ここからは、使いやすい&注目の湯たんぽ5選を紹介します。

無印良品 湯たんぽ

出典:無印良品

軽くて使いやすいポリエチレン製タンクを採用している無印良品の湯たんぽ。半透明のタンクなので、注いだお湯の量が見やすいのがポイントです。

大中小の3サイズ展開で、専用のカバーも多数販売されています。

・大サイズ:990円(税込)
・中サイズ:790円(税込)
・小サイズ:690円(税込)

コメリ お湯が注ぎやすい湯たんぽ

出典:株式会社コメリ

ホームセンターのコメリが販売している「お湯が注ぎやすい湯たんぽ」は、コメリオリジナルのじょうごが付属しており、お湯をこぼさず簡単に注げます。

また、水が残りにい形状なので、衛生的に保管できます。

・1.6Lタイプ:898円(税込)
・2.6Lタイプ:998円(税込)

 

しまむら キャラクター湯たんぽ

出典:粧美堂株式会社

粧美堂株式会社の「キャラクター湯たんぽ」は、毎年人気のシーズン限定商品で、ファッションセンターしまむらで販売されています。持ち運びやすいプラスチック製タンクに、かわいいキャラクターが描かれたふわふわの専用カバーがセットになっています。

・550mLタイプ:1,089円(税込)

 

PRISMATE 蓄熱式 電気湯たんぽ

出典:PRISMATE

お湯の入れ替え不要の便利な蓄熱式の電気湯たんぽ。コードレスで使いやすく、充電も約15分程度で完了します。

触り心地にこだわったふわふわのカバー付き。カバーのポケットには、冷えやすい手先や足先を入れて温められます。

・2,970円(税込)

 

mottole 蓄熱式 電気湯たんぽ にゃたんぽ

出典:Life on Products

お湯の入れ替え不要の電気湯たんぽに、キュートなネコ型カバーがセットになったユニークな商品です。約15分の充電ですばやく温まります。まるで本物のネコちゃんのようなぬくもりと自然な重さで、心も体もポカポカに◎

・4,950円(税込)

 

今回は、エコで便利な「湯たんぽ」を紹介しました。

まだまだ寒い日が続きます。ぜひ湯たんぽを上手に活用して、体を冷やさず健康的な暮らしを目指しましょう!


ページの先頭へ