ハピネス

2016.10.05 UP

お湯に入れるだけ!美容効果も◎なアップルシナモン白湯


身体をあたためるだけでなく、ダイエットや健康効果を期待できるといいことずくめの”白湯ダイエット”。水をあたためて飲むだけと手軽だから、実践している方も多いのではないでしょうか?

でも、毎日だと正直飽きてしまいますよね……。

そこで、手軽な材料を使って、美容効果もプラスできるとっておきのアレンジレシピをご紹介。これから肌寒くなってきて飲む機会も増えると思いますので、ぜひチャレンジしてみて!

 

白湯ダイエット!? 身体にもたらす嬉しい効果って?

白湯で身体をあたためるとどのような効果が得られるのか、ここでおさらいしましょう。冷え対策以外にも嬉しい効果が満載です!

 

1.老廃物をデトックス

胃腸などの内臓機能はあたためることで活発になり、消化作用が促進され、体内の老廃物を外に出す力がアップするそう。

2.脂肪燃焼効果アップ

内臓温度が1度上がると基礎代謝も約12%アップし、脂肪燃焼効果が高まって痩せやすい身体になるのだそうです。

3.むくみ解消

血液やリンパの流れがよくなり、体内の余分な水分が尿として排出されるため、むくみ解消はもちろん、便秘にも効果◎!

 

りんごシナモン白湯

Photo by Sayaka Miksmi

りんごとシナモンを使い、美容効果を加えたアレンジレシピをご紹介します。ほんのりとりんごとシナモンの風味がして、美味!

朝は胃腸が冷えているので、消化機能の働きをよくするために、ゆっくりすすりながら10〜15分かけて飲みましょう。起きてすぐ、朝食前のタイミングがベストです。

 

【材料】(作りやすい分量)

水・・・800ml

りんご・・・1/3個

シナモンスティック・・・1本

※りんごの皮と実の間には栄養成分が多く含まれています。皮ごと使える国産無農薬のりんごを準備してください。

ない場合は、野菜洗浄剤でよく洗う、もしくはボウルにたっぷりと水を入れて小さじ1の重曹を入れて洗う方法もあります。白湯に農薬などの成分が溶け出すので、注意して。

 

【作り方】

1.やかんに水を入れて蓋をして強火にかけます。

2.沸騰したら蓋を取り、火を強めの中火にして10分煮立たせます。

3.櫛形の薄切りにしたりんご、シナモンスティックを入れ、弱火に3〜5分かけます。

4.火を止めて、カップにお湯を注ぎ、お好みでやかんに入れたりんごやシナモンスティックも飾ったら完成。温度が50度前後に下がったら飲みましょう。

 

ちなみに、今回ご紹介した白湯の作り方は、アーユルヴェーダ式のもの。

アーユルヴェーダでは、「水」「火」「風」の3つが心身の健康を支配していると考えられています。

白湯は、「水」「火」「風(沸騰で発生する気泡)」すべてを持ち合わせているのだとか!

「風」は沸騰で発生する気泡のこと。そのため、沸騰後も10分火にかけて、「風」を入れるのが大事なのだそう。

 

【食材について】

りんごは、「りんご1個で医者いらず」という言葉がありますね。美肌作りにかかせないビタミンCや、整腸作用のあるペクチンが含まれているのでダイエット効果も期待できます。

シナモンには、肌老化を予防してくれる嬉しい効果が。皮膚や毛細血管の保護・修復作用があるそうで、シミ・シワなどの肌トラブルの予防によいそうです。消化器官の働きを活発にし、身体をあたためる発汗作用もありデトックスにも◎

 

いかがでしたか? 毎朝の1杯で身体をあたためて、健康美人を目指してくださいね!

(レシピ制作・トップ画像/三神さやか)

参考※『スパイス完全ガイド』山と溪谷社刊/ジル ノーマン著,『食材健康大辞典』時事通信出版局刊/五明 紀春、古川 知子著

三神さやか

三神さやか

ビューティー&ヘルシー料理研究家

≫このライターの記事を読む

フードアナリスト/フードコーディネーター/食育インストラクター  身体の内側から健やかで美しくをテーマに、ビューティー&ヘルシー料理のレシピや、食の情報をお伝えします。


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ