美容

2020.01.16 UP

【30代女性】アラサー女子におすすめの香水人気ブランドランキング10選!


30代女性におすすめの香水は?

人間が感じる五感の中で、匂いはもっとも記憶に残りやすく、本能に働きかけるといわれています。香水は、香りでなりたい自分や周囲への印象を演出できる魅力的なアイテムです。

今回は、30代・アラサー女性におすすめしたい人気の香水ブランドランキングを10選ご紹介します!メイクやファッションを楽しむように、香水も出かける場所やその日の気分に合わせて♡ランキングを参考に、お気に入りの香水を使い分けてみましょう。

30代女性におすすめの香水の選び方

30代の女性は、可愛らしさよりも大人の魅力を感じられるような香水を選ぶのがおすすめ。香水を選ぶときのポイントを見ていきましょう!

どういう印象を持たれたいかで香水を選ぶ

身にまとう香りで、印象は変わってきます。

ミステリアスな印象を演出したい場合は甘く艶やかな香りのスパイシー系、ナチュラルな雰囲気を出したいならサンダルウッドやシダーウッドなどのウッド系…というように、周囲にどのようなイメージを与えたいか、どのような自分を演出したいか、というポイントで香水を選ぶのがおすすめです

さまざまな香りの種類から人気のある香水を参考にするのも良いと思います。

お気に入りの香水をいくつか持っておくと、その日の気分や目的に合わせて気軽に使い分けられるので便利ですよ。

ビジネスの場では強すぎない香りを選ぶ

30代というと、職場で責任のある立場を担う女性も多いのではないでしょうか。ビジネスシーンでは、きつすぎる香水はNG!

レディース向け香水にはパルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンの4つの種類があり、それぞれ香りの濃度や持続時間が異なります。オフィスなどのビジネスの場では、オードパルファムやオーデコロンといった場の雰囲気にほどよく馴染む強すぎない香水がおすすめです。TPOに合わせて香水も選びましょう。

ファッションやメイクに合わせて選ぶ

華やかで女性らしいファッションやメイクにはフローラル系の香り、セクシーで大人っぽいファッションやメイクには甘美なムスク系の香り…といったように、着ている洋服や化粧、ヘアスタイルに合わせて香水を選ぶのもおすすめです。

ナチュラルなウッド系、爽やかなシトラス系、ミステリアスなスパイシー系…などなど、香りにはさまざまな系統があります。服を着替えるように、まとう香りを変えてみるのも香水を楽しむのも素敵ですね。

自分の好きな香りを選ぶ

人気のある香水から選ぶのも良いですが、とてもシンプルな選び方、自分の好きな香りに包まれて1日過ごすと心もはずみますよね。

香水には時間の経過にそって、つけたときの最初の香りである「トップノート」、香りが持続しているときの「ミドルノート」、最後に香りが消える寸前の「ラストノート」という3種類の香り方があります。自分の好みの香水を見つけた際は、トップノートからラストノートまで一通り香ってみて選ぶのが理想的です。

30代・アラサーにおすすめのレディースブランド香水おすすめ人気10選!

30代女性は仕事などでフォーマルな場に出席する機会が増え、TPOに合わせて香水を使い分ける必要性が出てくる時期でもあります。

ここからは、アラサー・30代の女性におすすめのレディース香水を10選ご紹介していきます。それぞれの項目で価格や香りのジャンル、内容量も記載するので、ぜひ参考にしてみてください。

LANVIN(ランバン) ・エクラドゥアルページュ

フランスのファッションブランド・ランバンの名品「エクラドゥアルページュ」。現代に生きる女性をテーマにつくられた、色香のあるフローラル系が人気の香水です。

パープルのボトルデザインは洗練されたエレガントな女性を彷彿とさせますが、シシリアンレモンとライラックが配合された香りは、落ち着いていて柔らか。モダンさを体現する香りは、エレガントさと柔らかさの両方を兼ね備えた30代レディースにぴったりの香水です。

メンズからの人気も高く「愛されフレグランス」としても名高く人気なのだとか。

参考価格 7,260円
香りのジャンル フローラル系
内容量 30mL
(50mL、100mLあり)

Chloe(クロエ)・オードパルファム

自由で可憐、軽やかな新しい女性像を打ち出し、いまもファッションの世界をリードするフランスの名門人気ブランド・クロエ。

クロエの「オードパルファム」は、ダマスクローズと南仏の街・グラース産のセンティフォリア・ローズの2種類のローズを組み合わせてつくられたフローラル系の香水です。バニラを思わせる甘い香りの中で、ハーブの一種であるパチョリがアクセントとなり、深みのあるセクシーな芳香が完成しています。

「自由でクリエイティブな女性」をイメージしてつくられたそうで、30代レディースを中心に普段使いできる香水として人気です。

参考価格 15,400円
香りのジャンル フローラル・フレッシュ
内容量 75mL

L’OCCITANE(ロクシタン)・ヴァーベナ オードトワレ

フランス発の自然派コスメティック・ブランド、ロクシタン。

ロクシタンの香水「ヴァーベナ オードトワレ」は、南仏を代表するハーブのひとつであるヴァーベナを使用したシトラス系の香水です。ナチュラルで爽やかなピュア・シトラスの香りは女性人気だけでなく男性からも人気で、性別やシーンを選ばず使えます。

トップノートは清々しい爽やかさですが、ミドルノートからラストノートにかけては優しい香りに変化し、癒やし効果も期待できます。一年を通して使えますが、特に夏につけるのが清涼感があっておすすめなのだとか。ユニセックスな香水なので、メンズの使用も可。恋人同士でプレゼントしてつけても良いですね。

参考価格 6,490円
香りのジャンル シトラス系
内容量 100mL

CALVIN KLEIN(カルヴァン・クライン)・エタニティ オードパルファム

カルヴァン・クラインの「エタニティ」は、1988年に発売され一世を風靡した香水史上に名を残す名香です。

カーネーションを中心に、ユリやフリージア、ナルシスなどが合わさったグリーンフローラルの香りは爽やかで、フローラル系でありながら甘すぎず人気です。ラストノートではスパイシーで高級感のある大人の香りを楽しめます。

永遠に続く愛・親密な関係にインスパイアされてつくられたというエタニティという香水は、発売から30年以上経っても色褪せず、時代に左右されない価値と品格を体現しています。凛とした香りは、ビジネスシーンにもおすすめです。

参考価格 14,850円
香りのジャンル フローラル系
内容量 100mL

GUCCI(グッチ)・ギルティ

イタリアの有名ブランド・GUCCIは1921年の創業以来、クリエイティブで革新的な姿勢で世界のファッションシーンをけん引してきました。

「大胆で才気あふれる女性」をテーマにしたグッチの「ギルティ」は、マンドラやピンクペッパー、ライラックを使用した濃密な香りが特徴。上品でありながら、甘いだけでないセクシーなオリエンタル・フローラルの香水です。可憐さに個性と艶やかさ加えることで、エキゾチックなオリエンタル要素を持つ唯一無二の香りが完成しました。

20代を過ぎ、可愛さだけでなく大人の女性としての魅力や度胸がついてきた30代のレディース人気もあり、おすすめです。

参考価格 16,500円
香りのジャンル オリエンタル・フローラル
内容量 90mL(50mLあり)

CHANEL(シャネル)・チャンス オー タンドゥル

シャネルの「チャンス」は、かつてマリリン・モンローも愛用した不動の人気を誇るシャネル「No.5」の現代版といわれています。

いつ訪れるかわからないチャンスをつかむ。シャネルは、真のチャンスは自分の中にあり、チャンスをつくっていくのは自分自身であると考えています。

シャネルのこの考えのように、香りもピンクペッパーやジャスミン、アンバー、パチョリの香りが絡み合い、つけている間に変化していく澄んだ上品な香りは、チャンスのように予測不能で新鮮。スパイシーでフローラルな優美な香りは、香水のテーマである自立した精神を持つ強く美しい女性像を表現しています。ぜひ30代レディースにまとってほしい香水です。

参考価格 16,000円
香りのジャンル フローラル・フルーティ
内容量 90mL(50mLあり)

TOM FORD(トム・フォード)・カフェ ローズ オード パルファム

トム・フォードは、現代のラグジュアリーを追求するアメリカのファッション・コスメティックブランド

「カフェ ローズ」は真夜中の庭園をテーマに、従来のローズ系の香りを覆すようなダークサイドの官能性を表現しています。

ブラックペッパーやサフランのエキゾチックなトップノート、トルコ産ローズオイルとブルガリア・ローズエッセンスにコーヒーの意外性が組み合わさったミドルノート、そしてサンダルウッドやアンバー、パチョリのムスクのような芳醇で個性的なラストノート。女らしさを表す艶やかでセンシュアルな香りは、刺激的でダークな大人の女性の魅力を演出したい日にぴったりです。

参考価格 24,000円
香りのジャンル フローラル・ムスク
内容量 50mL

HERMES(エルメス)・ヴァンキャトルフォーブル

エルメスの代表的な香水「ヴァンキャトルフォーブル」は、それぞれ純潔を意味するオレンジブロッサム、サンバックジャスミン、ティアラフラワーという3種類のホワイトフローラルをベースにした華やかで上品な香りが特徴。

明るくおおらかな太陽へと向かう旅路をイメージした香水で、ベースのフローラルに神秘的なウッド系、甘くゴージャスなアンバー系の香りが溶け合っています。全体はフローラルですが、ラストノートはムスクのようなアンバー系の芳香を楽しめ、華やかさだけで終わらない魅力が30代という大人の女性におすすめです。

香水のボトルにはエルメスの象徴であるスカーフ柄が描かれていて、とってもおしゃれ。

参考価格 21,340円
香りのジャンル フローラル系
内容量 100mL(50mLあり)

YSL(イヴ・サンローラン)・ベビードール

1961年に創業して以来、自由を求め、それまでの不自然な伝統を打ち破って新しい生き方をファッションで表現してきたイブ・サンローラン。

自由気ままな女性をイメージしてつくられた「ベビードール」は、フレッシュなグレープフルーツ、甘美なピーチやざくろに官能的なシダーウッドを組み合わせたフローラル・フルーティーな芳香が特徴です。

無邪気でセクシー、そして小悪魔的。大人としての色香を持ちながら少女のような可愛らしさを演出する香りは、恋愛運がアップする香水としても常に人気ランキングでは上位なのだとか。

気になる人とのデートにつけたくなるおすすめ香水です。

参考価格 10,450円
香りのジャンル フローラル・フルーティー
内容量 50mL

GIVENCHY(ジバンシィ)・プチサンボン オードトワレ

ジバンシィの「プチサンボン」は、元々赤ちゃん向けのフレグランスとしてつくられました。しかし石鹸のような清潔感のある爽やかな香りが年代問わず支持され、いまではメンズウケ抜群の香水として30代女性からのランキングでは高い人気を得ています。

トップノートはビターオレンジやシシリアンレモンが爽やかでフレッシュなシトラス系、ミドルノートはスズランやジャスミンの優しく華やかな香りで、ラストノートではムスクやオークモスの落ち着いた香りを楽しめます。アルコールフリーなので、肌が敏感な人にもおすすめ。

清々しく無垢な香りは男性ウケも抜群で、主張が強すぎないのでビジネスシーンやお呼ばれの際にも使えます!

参考価格 2,467円
香りのジャンル フローラル・フレッシュ
内容量 50mL(100mLあり)

30代・アラサーの香水に関するQ&A

香水に関してよくある疑問とその回答をまとめました。

香水初心者なんだけど、どれから始めたらいい?

フローラル系やシトラス系はビギナーにもおすすめですが、やはり最初はいろいろと試してみて、自分が好きだと思った香りをまとってみるのが一番です。

お店で人気のランキングや憧れの芸能人が使っている香水など分かればも参考にするのも◎

いくつか気になる香水を購入してみると、それぞれの香りの違いを体感できて学びも深まります。

香水はどれくらいの期間もつの?

大体半年から1年といわれています。

一度開けてしまうとアルコールの揮発が始まり、香りを構成している物質が変化してしまいます。未開封のものでも3年~5年が限度ですが、香水によって個体差があります。

香水の保存方法は?

直射日光に当てず、一定の温度の冷暗所に置きましょう。

空気や日光に当てると香りの劣化が始まってしまうので、注意が必要です。

香水は混ぜて使ってもいいの?

あまりおすすめしません。香水は何百回、何千回という調香を経て完成された状態で販売されています。2種類の香水を混ぜてしまうと、トップノート~ラストノートまでのバランスが崩れてしまいます。

どうしても2種類の香水を使いたい場合は、上半身と下半身に分けてつけるようにしましょう。

香水をつけすぎたときはどうすればいい?

シャワーを浴びたり入浴したりするのがベストですが、アルコールで拭いたり、石鹸で洗ってぬるま湯で洗い流すだけでも効果的です。

香水の種類ごとの香りの持続時間を知りたい

香水の成分の中で香料が占める割合を賦香率(ふこうりつ)といい、賦香率が高いほど香りの持続時間が長いといわれています。

それぞれの持続時間は以下の通りです。

・賦香率ランキング

  • パルファン:5~7時間(腑香率15~30%)
  • オードパルファン:約5時間(腑香率8~15%)
  • オードトワレ:3~4時間(腑香率5~8%)
  • オーデコロン:1~2時間(腑香率3~5%)

アトマイザーを使いまわすために以前の香水の香りを消したい

エタノールをアトマイザー(香水を入れるスプレー付き容器)いっぱいに注ぎ、そのまま3日ほど置いておきます。これを香りが消えるまで数回続けるとかなり効果的です。

ノズルなどの部品もしっかりエタノールに浸けておきましょう。

上手な香水の付け方は?

シャワーやお風呂上りの清潔な肌に軽くスプレーすると、新鮮な香りをほのかにまとえます。衣服につけるとシミの原因になってしまうので注意。

香水は汗をかきにくい場所につけると、香りが長持ちします。女性なら腰や太ももの内側などの脚、背中がおすすめ。人と接する機会が多いときは、香りがきつくならないように胸より下につけるようにしましょう。

香水をつけ直す場合は、つける箇所を汗ふきシートなどで拭って、肌を清潔な状態に戻してからスプレーします。

メンズウケがいい香水の香りは?

男性ごとに香りの好みは異なりますが、一般的にフローラル系の香水は嫌いな人が少な分メンズウケが良いといわれています。フローラル系の華やかで上品な香りは普段使いしやすく、レディース香水でもフローラル系が多いです。

優しさや気品を感じさせる香りはメンズからの人気が高く、逆にきつく主張の強い香りは、匂いが残りすぎて敬遠される傾向にあります。男性ウケを狙うなら、フローラル系の香水をまとってみましょう!

香水ではなくボディクリームを付けるのもおすすめ!

香水は自分には香りが強いな…と感じている人におすすめなのがボディクリームです。

ボディクリームは保湿を目的としていますが、つける際にマッサージできたり香りによるリラックス効果があったり、日々の生活の質を上げてくれる優秀なアイテム。

ボディクリームは体温によって穏やかに香るので、ほのかに良い匂いをまといたいナチュラル志向の人にぴったりです。近年では香水のラインでボディクリームを発売しているブランドもあり、人気のものも。香水に挑戦する前の匂いを試す、ワンクッションとしても使えます。

30代におすすめのレディースブランド香水まとめ

30代の女性におすすめしたいレディース香水をご紹介しました。

その日の気分やファッション、シーンに合わせてまとう香りを変えることで、人生はより豊かに、おもしろくなっていきます。

お気に入りの香水を見つけて、ぜひ日々の暮らしに花を添えてください。


ページの先頭へ