美容

2018.01.08 UP

ゆる〜くエイジングケア♡無理せず続けられる海外流「ストレスフリー美容術」



毎日のライフスタイルは【ヘルシー&ナチュラル】が基本のオーストラリア女子も、エイジングケアにはとても敏感。日本の私達と同じように「シミやシワのない若々しい素肌を何年先もキープしたい」と思うのは万国共通のようで、普段から意識してエイジングケアに取り組んでいます。

とはいえ、自分を追い詰めるようなギスギスしたルーティーンは絶対NG。高額なスキンケアアイテムやサロンに頼らない、ストレスフリーなエイジングケアを自然体で楽しんでいる姿がとても印象的なのです。

そこで今回は、オーガニック先進国オーストラリア女子の間で取り入れられている、ヘルシーでシンプルなエイジングケアテクニックについて詳しくご紹介します。

 

朝昼の食事は軽めのものをチョイスしてスタイル維持


エイジングケアと聞いて最初に思い浮かぶのは、シワのない弾力性のある、若々しい素肌を保つスキンケア。だけど「20代の頃のようなスリムな体型を維持すること」も、忘れてはならないエイジングケアの大切なポイントです。

30代に突入した途端、今までと同じ量の食事を摂っていても、すぐにお腹周りに肉がついてしまう……という場合は要注意! エイジングの影響で代謝が落ち、太りやすい体質へと徐々に変化している可能性が考えられます。

「年齢と共に鈍くなる代謝」ケアとして、オーストラリアの女子達が心がけているのが、朝食とランチには出来るだけカロリーの低いものを摂る食事スタイル。朝はドライフルーツが入ったシリアルやオートミール、ランチは色とりどりのサラダやパンの代わりに、トルティーヤで巻いたラップサンドなど、ライトな食事で済ますのが彼女達流です。

私も以前は、ランチはがっつり食べたい派でしたが、この時間帯に炭水化物の摂取を極力抑えることで、数キロの減量に成功しました! 最初の頃は空腹感を常に感じている状態でしたが、慣れてくると身体が軽くなり、一層アクティブに動き回れるようになりますよ。

 

会社のランチ休憩はジムやヨガでストレス発散


忙しい現代社会で、ストレスを感じないでいるのはほぼ不可能。毎日仕事やプライベートで、何らかのストレスを抱えながら暮らしている場合がほとんどです。

しかし、2012年に発表された PLoS ONEでは極度のストレスが、細胞の老化を抑制するといわれてるテロメアDNAを減少させてしまうことが判明しています。ストレスをずっと抱えたままでいると、知らない間に身体のエイジングが進んでしまうのです。

オーストラリア女子の間では、「仕事のランチ休憩を使ってジムやランニング、ヨガでストレスを解消する」というのが、ずいぶん前からブームになっています。出勤前は時間がないし、退勤後はゆっくり自分の時間を楽しみたいという理由で、昼間のランチ休憩をエクササイズに充てる女子が急増中。「仕事のストレスはすぐになかったことにする」のが、オーストラリア女子流、ストレスを溜めない方法なのです。

 

エイジング対策といえば日焼け止めでしょ!


とにかく冬でも紫外線の強いオーストラリア。どんなに時間がない朝でも、オーストラリア女子は日焼け止めを塗ることを欠かしません。シミの元になるUVB(紫外線B波)だけでなく、肌のたるみやシワの原因にもなるUVA(紫外線A波)を予防できる日焼け止めクリームをチョイスするのが定番。

日焼けがエイジングを加速させてしまうことをしっかり理解している彼女達らしく、目の周りからこめかみにかけてと、頬骨のあたりには特にしっかりと日焼け止めを塗りこむことを心がけています。

もちろんSPFは50以上のものがお約束。化粧直しと同じ頻度で塗りなおすことも忘れません。オーストラリア女子のバッグの中には、必ずといっていいほど日焼け止めクリームが常に常備されているほど。

 

目の周りのシワを集中ケア


オーストラリア女子が一番気になるエイジングのサインは、何といっても目の周りに出来るシワ。笑ったときに出てくる「笑いジワ」を少しでも目立たなくするために、目元と目じりをピンポイントで集中的にケアしている女子が多数。

私達日本人の感覚だと、顔と身体、全ての範囲にエイジングケア対策をするのが当たり前だけれど、こんな風にエイジングが特に気になるパーツだけを、徹底的にケアするのもアリ。お財布にも優しいし、何より効果をはっきり認識できるので、お手入れにも気合いが入りそうです。

 

CLARINS

2017年オーストラリア女子の間で話題になったアイクリームといえば、CLARINSのSuper Restorative Total Eye Concentrate。

目元のシワだけでなく、たるみやくすみなど、目の周りの全てのエイジング現象に対応してくれる頼もしい美容セラムです。

 

dermalogica

また、ありそうでなかった目元専用の集中トリートメントマスクdermalogicaのS Positive Eyeliftにも注目。発酵酵母とヒアロルン酸が配合されていて、目元にハリを与えてくれます。

一日中パソコンと向き合っているオフィスワークの女子の間でヒットとなりました。

 

KIEHL’S

そして個人的に今年使って良かったのが、KIEHL’SのCreamy Eye Treatment with Avocado。かなり濃厚なテクスチャーには、抗酸化作用のあるビタミンEがたっぷり配合されています。

保湿効果の高いアボカドエキスが、敏感な目元をしっかり潤してくれるので、24時間乾燥知らず。冬のアイケアクリームとしておススメです。

 

アルコールを飲むなら炭酸水と一緒に


年末年始のパーティーシーズンは、どうしても普段に比べてアルコールを飲む機会が増えてしまいがち。身体のエイジングを早めてしまう活性酵素は主に肝臓で大量に発生するため、アルコールの飲みすぎで肝臓に負担がかかると、「エイジングの元」が知らない間にどんどん増えてしまうことに……。

お酒が大好きなオーストラリア女子達は、アルコールを飲む際、炭酸水も一緒にオーダーするのがお約束。シュワっとした感覚が、ビールやシャンパンと似ていて、代わる代わる飲むことで、アルコールの飲みすぎをセーブすることが可能になるのだそう。

 

エイジングケアのために、あれもしなきゃ、これもしなきゃと頑張りすぎるのはノンセンス。ポイントを押さえたエイジングケアを、無理しない程度にゆる~く続けていくのがオーストラリア女子流、正しいエイジングケア方法なのです。エイジングケア用スキンケアコスメを減らすだけでも、かなり気持ちが楽になりそう。

高価な美容グッズやエステに頼らない、日常生活の中で少し意識するだけでOKな、お手軽エイジングケア。試して見る価値は十分です!

 

【参考文献】『サントリー健康情報レポート

Timmy

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
v