美容

2017.08.29 UP

まるで「飲むサラダ」♡ミキサーだけで作れる美容効果たっぷりスープとは?


トマトやパプリカなど、夏野菜たっぷりのガスパチョ。スペイン生まれのとろ〜り濃厚な冷製スープです。

スペインではもちろんのこと、お隣フランスでも、夏場の人気メニュー! レストランやバールで飲むこともできますが、家でもカンタンに作れます。

ガスパチョ発祥の地・スペイン南部アンダルシア地方のレシピをご紹介しましょう。おいしいだけでなく、美容にもとてもよいので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

美肌効果バツグン!

ガスパチョには、美肌・美白効果が知られるビタミンC豊富な「パプリカ」、エイジングケア効果の高い「トマト」、むくみ解消に役立つ「キュウリ」がたっぷり!

食欲の落ちる夏場はそうめんや冷麦がおいしく感じますが、薬味以外にはお野菜が取りにくいという欠点があります。

冷たい麺類と同じように口当たりのよいガスパチョは、一食分でトマト1コ・パプリカ1/4コ・キュウリ1/4本分を摂取することができます。これは、1日に必要とされてる野菜の摂取量(350g以上)の1/3〜1/2にあたる量です。

 

「ガスパチョ」のレシピ

Photo by sweetsholic

本場アンダルシアのガスパチョには、夏野菜のほかにパンも入ります。このパンがとろ〜り滑らかな口当たりとコクをプラス。パンを入れることで、断然おいしくなります!

アンダルシア地方のレシピを、国内のスーパーで手に入りやすい材料で作ってみましょう。材料をミキサーにかけるだけなので、とってもカンタン!

 

【材料】(4食分)

トマト(中サイズ)・・・4コ

パプリカ(赤・中サイズ)・・・1コ

キュウリ・・・1本

ニンニク・・・小さじ1(チューブ可)

食パン(6〜8枚切り)・・・1枚(日にちが経って硬くなったもの、冷蔵庫に眠っているものでOK)

オリーブオイル・・・大さじ3

白ワインビネガー・・・大さじ2

塩、コショウ、一味唐辛子・・・適宜

 

【作り方】

一口大にカットした野菜、みじん切りにしたニンニク、ちぎったパン、調味料をミキサーに入れて、滑らかになるまで攪拌するだけ!

お好みの塩加減に調整すればできあがり。

ポイントは飲む直前まで冷蔵庫で冷やすこと。これだけです。

 

Photo by sweetsholic

あまりのおいしさと手軽さから、夏場はガスパチョのストックが欠かせない我が家です。先日、パプリカが足りなかったときにスイカを加えてみたところ、甘みがプラスされてそちらもグッドでした。

まだまだ暑さの厳しい残暑。火を使わずに作れるガスパチョは本当にオススメ! 作り置きしておくと、帰りが遅くなった夜でもサクッと飲めてとっても便利ですよ。

 

参考:わかさ生活タニタ

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


ページの先頭へ