美容

2016.02.18 UP

簡単「かかとケア」カサカサの素足をつるんとキレイに角質除去!


かかと_top

かかとのカサカサが気になりつつも「ミュールやサンダルを履く機会もないし大丈夫かな~」なんて思っていませんか? 油断しているといざというときに男性に見られてショック! なんてこともあるかもしれません。

肌の新陳代謝が低下して角質が蓄積されがちな30代以降は、特にかかとのカサカサが目立ってくるはず。

そこで今回は、かかとキレイ女子になるためのケア方法をご紹介します。いざというときのために、日ごろからきちんとケアをしておきましょう。

 

まずは角質オフから!

かかと_1

かかとの乾燥を防ぐにはクリームやオイルで保湿をするのが一番ですが、普通のアイテムでは角質が分厚くなったかかとの皮膚の奥まで保湿成分が浸透しない可能性があります。そこで、まずは角質をオフすることから始めてみましょう。

角質除去専用のやすりもありますが「削るのはなんとなく怖いし不器用だから」という人にはピーリングジェルによる角質除去がおすすめ。薬液にかかとをしばらく浸して、洗い流すというとてもシンプルな方法です。

これで角質を取り除くことができたら、あとはクリームやオイルでしっかり保湿しましょう。角質を分解して柔らかくしてくれる、尿素を配合した保湿アイテムもおすすめです。

 

時間のある日はオイルでマッサージ

Foot care and massage

ちょっと時間に余裕のあるときは、お風呂上りなどの角質がやわらかくなっているタイミングにオイルマッサージをしてみても良いでしょう。マッサージによって血行を促進すれば、ターンオーバーが促進されて角質もたまりにくくなります

オイルはかかと専用のものでなくても、ドラッグストアなどで手軽に手に入るベビーオイルを使ってもOK。ベビーオイルは数百円で購入できる上に、敏感肌にも優しいのでおすすめです。

 

さらにラップパックで完璧!

かかと_3

特に気合を入れたいイベント前などは、ラップを使ったかかとパックを試してみましょう。

化粧水をたっぷりしみこませたコットンをかかとにあてて、その上からラップで足をくるみます。レンジでチンしたホットタオルなどでかかとを暖めると、毛穴が開いてさらに保湿成分が浸透しやすくなりますよ。

5分ほどしたらラップをはがして、水分が逃げないようにクリームでしっかりふたをしたら完璧です。「脱いでもキレイだね」と言われるようなかかとキレイ女子になりましょう!

 

関連記事

伝統の青缶ニベアが再ブレーク!世代を超えて愛されるニベアの凄さ

sakura

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ