美容

2015.05.18 UP

【アーモンド・椿・ホホバ】マイナー美容オイルの効果的な使い方

LINEで送る
Share on Facebook

imasia_2373848_S

植物のもつ本来の力で、肌や髪をきれいな状態に導く天然の植物オイル。

注目の「ココナッツオイル」や、優れた美容効果が知られる「オリーブオイル」など、ナチュラル志向でなくても活用してみたいメリットがいっぱいです!

 

でも名前は聞くけれど、イマイチ使い方や美容効果が分からないオイルってありますよね。

今回はそんな中から、「椿油」「スイートアーモンドオイル」「ホホバオイル」の美容効果と使い方をご紹介します!

 

美人肌にツヤ髪を作る「椿油」

iStock_000012722909_Small
おばあちゃん世代の女性に尋ねれば「あぁ、椿油ね。わたしも若い頃には使ったものよ」という答えが、きっと返ってくるであろう椿油。

黒髪のお手入れに、平安時代から使われてきた由緒ある油です。

国内で長い間使われてきたこともあり、わたしたち日本人の肌や髪にとってもよく合います

 

椿油の主成分は、美肌効果のあるオレイン酸です。

椿油のオレイン酸含有量は85%で、さまざまなオイルと比べてもトップクラス。

(ちなみにオリーブオイルに含まれるオレイン酸は70%です)

 

皮脂に近い油ということもあって肌馴染みもよく、乾燥やダメージを防いで、しっとり感のある美肌とツヤのある髪へと導きます。

 

【使い方】

肌に使う場合は、化粧水のあとの保湿として肌に薄く伸ばしましょう。

髪のお手入れに使う際は、ドライヤー前の濡れた髪に手のひらで馴染ませてから使います。

 

美白効果を狙うなら「スイートアーモンドオイル」

oil of almond nut
スイートアーモンドオイルは、”美を作るスーパーフード”としても人気上昇中のスイートアーモンドから摂れる油です。

アーモンドオイルにはアンチエイジングに効果的な「ビタミンE」、髪をつややかに保つ「セレン」などの成分が含まれることから、保湿や美白効果が期待できるオイルです。

肌の保護作用や炎症を抑える働きもあるため、敏感肌やアトピー性皮膚炎に悩む人でも比較的使用しやすいのが特徴です。

ほんのり甘い香りにはリラックス効果も。

 

【使い方】

肌馴染みがよいため、マッサージする際に塗ってみましょう。

皮膚をしっとり柔らかな状態に導きながら、アロマの香りで癒されて! 洗顔後の肌や髪のお手入れにも最適です。

 

うるおい効果抜群の「ホホバオイル」

Jojoba (Simmondsia chinensis) seeds and oil
ホホバオイルは、欧米で人気の高い美容オイルのひとつ。

古くはアメリカの先住民が肌の万能薬として、傷やヤケド、乾燥防止のために使っていたそうです。

 

医療機関や美容サロンではトリートメントに用いられることもあるなど、その効果はお墨付き!

肌の潤いを保つ「ビタミンA」や美肌を作る「ビタミンE」を含み、皮膚に近い成分でできているため、どんな肌タイプにも適合しやすいと言われています。

 

【使い方】

肌に使う場合は、ほかの油と同じように薄く伸ばして使いましょう。

ヘアケアの場合は、髪を洗う際にシャンプーまたはコンディショナーに数滴混ぜて使うと、髪に栄養が行き渡ります。

 

iStock_000013790502_Small

「どれにしようか迷ってしまう」という人がいたら、まずは椿油を手に取ってみてはいかがでしょう?

平安美人やおばあちゃんたちの肌や髪を美しく保ってきたものですから、日本人のわたしたちの身体に1番合うのかもしれません。

あなたのお気に入りのオイルが見つかりますように!

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ