ライフスタイル

2015.08.13 UP

自然がおいしい!都内で人気の「わき水」スポット知ってた?


8

本格的な暑さを迎え、ミネラルウォーターを持ち歩く人も多いのではないでしょうか。

夏に欠かせないお水ですが、都内でも湧き水を楽しめるスポットがあることを知っていますか?

しかも、ただお水を汲みにいくだけではなく、自然を満喫しながら寺社仏閣を散策したりなど、楽しみ方がたくさん。

暑い夏に訪れたい、都内の湧き水スポットについてご紹介します!

 

都内には57か所も湧き水スポットが!

4-C
飲み水を「買う」というイメージは、かなり根付いてますよね。

特に3.11以降はウォーターサーバーが家庭にも普及し、浄水器を通しての水道水でさえ口にする機会が減りました。

しかし、東京都環境局によると都内には57ヶ所、23区内でも16ヶ所の湧水地があるんだそう!

今回は都内の人気スポット「等々力渓谷」で、湧き水汲みを初体験してきました。

 

23区唯一の渓谷は、緑と湧き水の宝庫!

11

東急大井町線・等々力駅から南へ歩くこと3分。「ゴルフ橋」のたもとに渓谷への入口になる階段があります。

その階段を下りていくと、一面に生いしげる木々や、川水の音が響きわたる大自然が広がっています。

都会の喧騒を忘れさせてくれるような景観が、渋谷から20分の距離にあるなんてビックリですよね!

 

水の落ちる音が渓谷に轟いていたということから「等々力」という地名になったそう。それぐらい水が豊かな土地だということですね。

この日は休日だったこともあり、家族連れやカップルで賑わっていました。

 

2

矢沢川沿いは遊歩道になっていて歩きやすかったです(以前は舗装もされておらず、ぬかるみだったんだとか)。

途中、飛び石のところで水を触ったり、橋の上から写真を撮ったりして楽しみました。

木漏れ日が降り注ぐ中、1キロほどのプチウォーキングを堪能。マイナスイオンをいっぱい浴びて、これだけでもパワーチャージができた気分です!

 

イメージB

 

3-B

しばらく歩いていくと「稚児大師堂」という、弘法大使の幼いころの像が祀られていました。

稚児大師堂の前には御手水場があり、ここで手を清め、口をすすいでからお参りを。

 

ついに湧き水を発見!口当たりまろやかなお水をお料理に

6

御手水場とは別に湧き水を汲める場所があり、持ち帰り用ペットボトルに汲めます!

地元の人たちも汲みにきて、ここの湧き水を料理などに利用しているんだそう。

「必ず煮沸してください」という看板があったので、その場では少し口に含んだぐらいですが、それでもまろやかで美味しいお水でした!

持ち帰ったお水は煮沸して、紅茶やコーヒーを淹れたり、お米を炊くのに利用しようかと思います。

 

9-C

最後に「利剣の橋」を渡り「不動の滝」へ。

ここは古くから神聖な場所として知られ、滝行をする修行者が大勢いたそう。

 

10

崖を覆っている苔の間から、湧き水がにじみ出ているのが分かりますか?

ここの水は何千年もの間、どんな干ばつのときも途絶えたことがないんだとか。見ているだけでも涼しいですよね。

 

11

不動の滝を満喫したあとは、甘味茶屋にも立ち寄りました。

雪月花」はかき氷やあんみつ、ところてんなど、ひんやりスイーツがおすすめ。

全身のほてりもすーっと引くので、ひと休みにピッタリですね。

 

12

帰りにこの階段を登り「等々力不動尊」でお参りをして帰りました。

 

湧き水を汲むだけでなく、涼みながらネイチャーウォーキングも楽しめるなんて!

暑い季節は、等々力渓谷へ足を運んでみてくださいね。

 

住所:東京都世田谷区等々力1-22
03-3701-5405(等々力不動尊社務所)

<参考資料>
『関東・甲信越 とっておきの名水120』南 正時著(淡交社)

iida

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ