ライフスタイル

2023.12.22 UP

甘くないのに飲みやすい!話題の「スッキリ系缶チューハイ」を各社6種飲み比べてみた


自宅で手軽にお酒を楽しめる缶チューハイ。バリエーションも豊富で、毎年次々と新製品が発売されていますよね。

しかし「缶チューハイは甘すぎて苦手」「食事に合わないから、あまり飲まない」なんて声を聞くことも。

そんな甘い缶チューハイが苦手な方に朗報です!

実は今、甘くない「スッキリ系缶チューハイ」に注目が集まっており、無糖タイプやスッキリタイプが続々と登場しているんです。

そこで今回は、話題の甘くない「スッキリ系缶チューハイ6選」を飲み比べてみました。

KIRIN|氷結 無糖 レモン

まずは、2023年にリニューアルしたKIRINの「氷結 無糖シリーズ」から、アルコール4%のレモンをチョイス。

2020年に登場した氷結の無糖シリーズは、発売3年目にして初のリニューアルなんだとか!

パッケージもスッキリとした爽快感が感じられ、これまでの「甘くて飲みやすい氷結」というイメージとは、ひと味違う印象を感じます。

ひと口飲んでみると、スッキリと軽い、爽やかな飲み口に驚きました。まさに「クリアな透明感」を感じる缶チューハイ。

さらに、後味もさっぱりしていて、これはかなり飲みやすいですね。

レモンの酸味は強くありませんが、レモン果汁のナチュラルなほろ苦さが感じられる、ちょっと大人な味わいです。

スッキリしているので、食事にも合わせやすく、夏場のBBQのようなシーンにもぴったり!

 

KIRIN|氷結 無糖 グレープフルーツ

続いては、こちらも「氷結 無糖シリーズ」から、グレープフルーツをピックアップ。レモンと同じく、グレープフルーツも2023年にリニューアルしたそう。

ひと口目から、グレープフルーツの心地よいキュッとした酸味が感じられる軽やかな味わい。

甘さはないのにフルーティーでみずみずしく、個人的にはレモンよりも、さらにスッキリ感が強めだと感じました。

後味が軽いので、ついゴクゴクと飲んでしまいます。ガッツリとしたお肉料理やさっぱり食べたいお魚料理にも合いそうですね。

氷結の無糖シリーズには「アルコール7%」タイプもあります。こちらはアルコール4%タイプに比べると、しっかりお酒を楽しめるキリッとした飲み口が特徴。

お好みに合わせて選べるラインナップも嬉しいですね。

 

サッポロビール|ニッポンのシン・レモンサワー

ちょっとレトロなパッケージがおしゃれなサッポロビールの「ニッポンのシン・レモンサワー」も、2023年に登場したスッキリ系缶チューハイです。

こちらは、レモンのプロ「レモンマイスター」と一緒につくったレモンサワーで、「レモンの生果そのままよりも”爽やかな”おいしさ」がコンセプトなんだとか。

「ニッポンのシン・レモンサワー」は「果汁8%」と缶チューハイのなかでは果汁の含有率が多め。

無糖タイプではないのですが、ほのかな甘みで飲みやすいですね。

果汁多めなので、レモンの爽やかさやさっぱりとした香りが楽しめます。辛口すぎないスッキリ系といった1本です。

パスタなどの洋食とも相性が良さそう◎

 

コカ・コーラ|こだわりレモンサワー 檸檬堂 スッキリレモン

続いては、レモンサワー好きからも高い支持のあるコカ・コーラの「こだわりレモンサワー 檸檬堂 スッキリレモン」です。

2023年に檸檬堂シリーズから登場したスッキリ系缶チューハイで、従来のまるごとすりおろしたレモンとお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン製法」に、ほろ苦い味わいが魅力の国産レモンピールをプラスした1本。

実際に飲んでみると、果汁7%配合ならではの、しっかりしたレモンの風味が感じられる味わいです。

従来のレモンサワー缶チューハイの甘みをグッと抑えたような、しっかり風味を感じられるスッキリ系。無糖タイプではないものの甘味はほんのり爽やかなで、濃いめの味わいが好きな人におすすめ。

レモンピールらしいほろ苦さもあり、飲みごたえのある1本です。食事のお供にはもちろん、単品でも楽しめそう。

 

オリオンビール|Orion WATTA 無糖 シークワーサー

「Orion WATTA」は、沖縄素材から生まれた缶チューハイ。

製品名のWATTA(ワッタ)には「ワッター(沖縄の方言で「私たち」の意味)自慢の沖縄県産果実・素材で割ったチューハイ」という意味があるそうです。

今回は、沖縄らしいシークワーサーの無糖タイプをチョイス。

こちらは、レモンやグレープフルーツとはひと味違う、キュッと引き締まったシークワーサーの酸味が引き立つ1本。

コップに注いだ瞬間から、爽やかなシークワーサーの香りが広がります。無糖タイプなので甘みはなく、軽い飲み口。炭酸も強すぎないのでサラッと飲めますね。

鼻を抜けるシークワーサーの爽快感があと引くスッキリ系缶チューハイです。

 

サントリー|瞬間凍結 無糖 グレープフルーツ

最後は、サントリーの「瞬間凍結 無糖 グレープフルーツ」。

こちらは、果実をまるごと-196℃で瞬間凍結・粉砕し、果実の旨味や複雑な味わいを引き出した缶チューハイシリーズから、2023年に登場したスッキリ系です。

ひと口目から、グレープフルーツの風味がしっかり感じられる無糖タイプ。

さっぱり系でありながら、インパクトが強い1本です。軽い飲み口、というよりも「ガツンとしたチューハイを飲みたい」というシーンにぴったりです。アルコール6%なので、お酒を楽しみたい人にもおすすめですね。

 

今回は、今トレンドの「スッキリ系缶チューハイ」6選を飲み比べてみました。

それぞれに特徴がありながら、どれも爽やかな味わいで、これまでの缶チューハイのイメージをガラッと変えてくれるような印象がありました。

スッキリ系缶チューハイなら、ホームパーティーや食事のお供にも、ゆっくりお酒を楽しみたいときにも、さまざまなシーンにマッチしそうですね!

ぜひみなさんも、気になる1本をチェックしてみてください。


ページの先頭へ