ライフスタイル

2020.02.14 UP

プラスチックは新しい資源になる!?今すぐできる環境貢献って?



プラスチック製品による環境問題についての意識の高まりは、ここ数年で世界的に広がっています。

日本でも、ビニール袋の有料化やプラスチック製のストローを使わない店が出てくるなど、生活の中でもプラスチックについて考える機会が増えました。ペットボトルを分別して捨てるのは、もはや常識になりましたね。

今回は、そんな環境汚染の一因ともされるプラスチックが、これからは環境にも優しい素材になるかもしれないというお話です。

 

ペットボトルが再生資源ゴミになる!?


「リサイクルプラスチック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは使用済みのペットボトルを再生して作られたプラスチックのこと。

対して「バージン・プラスチック」は、新たな天然資源を投入して作ったプラスチックのことを意味します。

どちらが環境に優しいかは、もうお分かりですね。もちろん、リサイクルプラスチックです。

ペットボトルを再生して再利用すれば、ゴミとして廃棄することなく、さらに新たに天然資源を使う必要もありません。

 

プラスチックをできるだけ使わないという意識は確かに重要ですが、プラスチックは軽く、柔軟性や衝撃に強い特性があり、私たちの生活に欠かせない素材になっていることも事実です。

ならば、リサイクルして価値ある「資源」として進化させようというのが、リサイクルプラスチック開発の根底にある考え方です。

便利さと環境保全を両立するリサイクルプラスチックへの関心は、企業にも広がっています。

 

エビアンが2020年春からリサイクルプラスチックを導入


フレンチアルプス生まれのナチュラルミネラルウォーターブランド「エビアン®」も、リサイクルプラスチックを積極的に取り入れようとしている企業です。

エビアン®は2025年までに、すべてのペットボトル製品において、リサイクルプラスチック使用率100%を目指すことを宣言しています。

この目標達成に向けてエビアン®が取り組んでいるのが、大量調達→大量生産→大量販売→大量利用→大量廃棄といった「直線型」モデルから脱却して、リサイクル・再利用・再生産などにより資源の循環を図る「資源循環型」モデルへと移行することです。

この資源循環型モデルでは、すべてのボトルをリサイクルプラスチックを使用して製造し、バージン・プラスチックを一切使用しないのもポイントです。

 

エビアン®

その過程のひとつとして、エビアン®は2020年3月より日本でもすべてのペットボトル製品にリサイクルプラスチック素材を10%使用したボトルを導入することを発表しました。

実は、現在使用されているボトルも資源循環型モデルに対応できるようデザインされており、100%リサイクル可能になっているのだとか。

何気なく飲んでいた水が、こんなに環境のことを考えて作られていたのですね。

エビアン®はグローバル・ブランドとしての影響力を活かし、こうした課題の解決に向けて先導的な立場をとりながら、業界を横断した協業をはじめとして、パートナー企業とともにプラスチックに対する向き合い方を変化させていくことを目指しているそうです。

 

地球の一員としてできること


世界的な企業が環境保全に向けて具体的に取り組みを始めていることは、私たち消費者にも良い刺激となるのではないでしょうか。

国や大企業だけに任せるのではなく、私たち一人一人も環境を大切にするという意識を持ちましょう。

個人の取り組みは小さいかもしれませんが、環境に優しい素材の使用や活動に取り組む企業の製品を購入することも、環境貢献につながります。

あなたも地球の一員だということを、忘れないでくださいね。

 

参考:エビアン®

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


ページの先頭へ