ハピネス

2016.08.18 UP

フライパンサイズのBIGな”ピザ餃子”って?【餃子女子必見】



「餃子は中華屋で食べるもの」「ビールのつまみに頼むもの」という枠を超え、餃子をつまみにカクテルやワインを飲む“餃子女子”が急増中!

餃子が主役の「餃子バー」なるお店が続々とオープンしているほどなんです。私もそんな餃子女子の一人。

そこで今回は餃子女子を代表して、お酒にもぴったりでホームパーティでつくれば盛り上がること間違いなしの、まるで「ピザ」!? なインパクト大の餃子レシピを紹介します!

 

フライパンサイズ!超BIG「ピザ級餃子」の作り方

Photo by Otonaka Sara

春巻きの皮を使って餃子の具材を包んでフライパンで焼けば、超BIGな餃子の完成! ピザのようにカットして食べます

ビールはもちろんですが、今の時季ならキンキンに冷やしたロゼもおすすめ。肉汁がジューシーでしっかり味の餃子に、キリッとしたロゼが意外と相性抜群なんです。

【材料】(6人前)

春巻きの皮・・・4枚

にら・・・8束

レタス・・・3枚

豚ひき肉・・・400g

しょうがチューブ・・・小さじ2

塩・・・小さじ1/4

胡椒・・・小さじ1/4

水溶き片栗粉・・・水大さじ1、片栗粉大さじ1でつくる

ごま油・・・大さじ5

黒酢、ラー油・・・適宜

【作り方】

1.にら、レタスは粗みじん切りにします。

一般的には「キャベツ」を使いますが、今回は今がシーズンで安く手に入りやすい「レタス」を使用! みずみずしいので餃子に入れるとジューシーに仕上がります。葉が柔らかいので、塩もみをせずにそのまま使える点もおすすめポイント。

Photo by Otonaka Sara

2.豚ひき肉を厚手のビニール袋に入れ、塩・胡椒をしてよくもみこみ、1、しょうがを加えて粘り気が出るまでさらにしっかりもみ、全体を均一に混ぜます。

ビニールを使用することで洗い物が減って片付けが楽に! 薄いと破れやすいので、厚手のタイプがおすすめです。また、こぶしでたたきながらもむと袋が破れにくく、効率的にもめますよ。

Photo by Otonaka Sara

3.春巻きの皮2枚を重ねたまま平らな場所に置き、2を丸くのせ、角を内側に折り込みます。

Photo by Otonaka Sara

4.さらにもう2枚の春巻きの皮の4辺に水溶き片栗粉を塗り、3で折り込んだ皮の部分に4辺を合わせるようにしてのせます。

Photo by Otonaka Sara

その後、手で丸く形を整えます。

5.フライパンにごま油をしき熱したら、4で包んだ皮から中火で蓋をして10分焼き、きつね色に焼けたら裏返してさらに蓋をして5~10分ほど焼きます。

裏返すときに油がはねやすいので気をつけましょう。フライパン返しを2つ使ってお好み焼きをひっくり返すイメージで裏返します。フライパン返しが2つない場合は、へらなどを活用しましょう。

皿に盛って、切り分けます。黒酢とラー油でさっぱりといただくのがおすすめですよ!

 

変わり種具材 ほうれん草カレー餃子

Photo by Otonaka Sara

餃子に次いで夏に食べたくなる料理、カレーと餃子の最強コラボ! 今回はほうれん草を使った色鮮やかなカレー餃子を紹介します。

基本の餃子よりも味がしっかりしているので、春巻きの皮は基本の餃子よりも2枚少なめにして、一回り小さめのサイズでも十分ボリューム感がありますよ

カレーは2回分まとめてつくってストックしておけば、次につくるときは包むだけなので楽。
もちろん、ごはんにかけたりナンにつけたりして食べても◎。

【材料】(4~5人分/カレーは2回分の材料)

ほうれん草・・・5束

玉ねぎ・・・1/2玉

トマト・・・1個

オリーブオイル・・・大さじ3

にんにくすりおろし(チューブでもOK)・・・大さじ1

合いびき肉・・・200g

カレー粉・・・大さじ2

水・・・100ml

ヨーグルト・・・大さじ2

醤油・・・大さじ1

塩・・・少々

春巻きの皮・・・2枚

水溶き片栗粉・・・大さじ2(水大さじ1、片栗粉大さじ1)

ライム・・・適宜

【ほうれん草カレーの作り方】

1.ほうれん草はゆでて、ゆで汁を少し残しておき、フードプロセッサーなどで攪拌してピューレ状にします。混ざりにくい場合は、ゆで汁を少し入れると攪拌しやすいですよ。

2.玉ねぎはみじん切りに、トマトは1cm四方の角切りにします。

3.フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、弱火でにんにくを炒め、香りが立ったら玉ねぎ、水大さじ3(分量外)を加えて飴色になるまで炒めます。

4.カレー粉大さじ1を加えて香りが立つまで炒めたら、中火にしてトマトを加え、つぶしながら全体がなじむようによく炒め、合いびき肉を加えて全体を混ぜながら炒め合わせたら、水を加え煮ます。

5.水分が減ってきたら1を入れて全体を混ぜ合わせます。その後、ヨーグルト、残りのカレー粉を加え全体をさらによく混ぜます。

6.仕上げに醤油を鍋肌から加えて全体を素早く混ぜ合わせます。塩で味を調えたら完成です。

 

【餃子の作り方】

Photo by Otonaka Sara

1.カレーの粗熱を冷まし、春巻きの皮を2枚重ねた上にカレーをのせます。

Photo by Otonaka Sara

2.春巻きの皮の4辺に水溶き片栗粉を塗って角を真ん中に折り込んで包みます。

3.フライパンにオリーブオイル大さじ2(分量外)を熱し、包んだ皮の折り目を下にして入れて、中火でこんがりと焼き目がつけくまで焼き、ひっくり返して同じようにこんがり焼き目がつけくまで焼きます。

カレーはすでに火が通っているので、少ない油でさっと焼き目をつけるだけでOK!

Photo by Otonaka Sara

基本の餃子と同じように切り分けましょう。カレーの味がしっかりしているので何もつけずにいただけます。お好みでライムを絞ってもさっぱりして◎。エスニック感も増しますよ。

パリッとした皮と濃厚なカレーがたまらないおいしさ! ビールやハイボールにはもちろん、ミントがさわやかなモヒートともぴったりで、餃子女子におすすめです。

普通の餃子に飽きた「餃子女子」も満足すること間違いなし。ホームパーティにもぴったりですよ。

(トップ画像:Otonaka Sara)

Otonaka Sara

音仲 紗良

フードコーディネーター&スタイリスト/エディター&ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ