ライフスタイル

2016.01.29 UP

悩みをサッサと解決するための3つの手軽なソリューション


iStock_000048327186_Small

自分の生き方に、漠然とした不安や迷いを感じたとき「わたし、このままでいいのかな」「本当は何がしたいんだろう」と思う瞬間は、きっと誰にでもあるはずです。

生きている限り、悩みは尽きないもの。悩むのは大切だけれど、なるべくストレスを感じずに生きていけたらベストですよね。

人生の迷いを効率的に処理する3つの方法を考えてみましょう。

 

悩んだら「即行動」が鉄則!

iStock_000082592051_Small

クヨクヨ悩んでいては時間がもったいない! まずは行動を起こしてみましょう。例えば「独立して雑貨店を開きたい」という場合。よく足を運ぶ雑貨店の店主にリアルな話を聞いてみたり、関連する書籍を読んでみたり。悩みのタネをひとつずつ克服していく過程で、漠然とした悩みが明確になるはずです。

そして、ある程度情報がまとまった段階で「現在の自分」と「雑貨店を経営したときの自分」の収入やライフスタイルを考えてみます。こうすることで、その悩みは実現可能なのかあるいは実行するだけの価値があるのか、ざっくり分かるようになるのです。

雑貨店の起業を例に挙げましたが、これは恋人や結婚相手が欲しい場合にも応用することができます。

 

悩みは「忘れる」とスッキリします。

iStock_000043493836_Small

抱えている悩みが漠然としすぎていて、どこから手をつけたらよいのか分からない……というときには、とりあえず悩みを忘れてみるのもいいでしょう。ホットヨガやジム、編み物やお菓子作りなど、迷いを忘れて没頭できるものがあれば最高です。

エクササイズで汗を流したあとは身体はもちろん、心もスッキリ。編み物やお菓子作りなら、物作りの達成感を得られるのがいいですね。

そこで「わたしの悩みなんて大したことない」と思えれば大成功! もし悩みが持続するようなら行動を起こしてみたり、パートナーや親しい友人に相談してみましょう。

 

その悩み、もしや自分だけのモノではない?

iStock_000033431852_Small

あなたが抱えている悩みは、もしかしたら自分だけの悩みではないかも。シングルの方なら、ここまでで紹介した方法で自分の悩みを処理できると思いますが、パートナーがいる方はそうはいきませんよね。

家事の分担から休日の過ごし方といったライトなものから、心のすれ違いやセックスレスといった少々重い悩みなど、共同生活は一人暮らしとは異なる悩みが発生するものです。

そんなときにはひとりで悩まず恋人や旦那さんに悩みを打ち明けてみるのが一番です。案外「僕も同じことで悩んでいた!」なんてこともあり得るかもしれません。

 

雑多な通勤途中や週末にふと迷いが頭をもたげたときには、今回ご紹介した方法を思い出してみてはいかがでしょう。問題解決の糸口は、思いがけなところに転がっているかもしれませんよ。

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ