ファッション

2021.08.27 UP

初秋に着たい!爽やか「花柄」女っぽコーデ5選


まだまだエアコンが必要ですが、少しずつ張り付くような湿気が減って、爽やかな秋の気配が広がっています。

夏真っ盛りの服から、秋を感じさせるコーディネートに変えたいと感じている人も多いのではないでしょうか。

この夏から秋にかけておすすめなのが、花柄コーデ。フェミニンでありながら、どこかクールさも感じさせる「爽やか花柄」のアイテムをご紹介します。

 

通勤にもデートにも♡きれいめ膝丈ワンピース

出典:Qoo10

どの世代にも似合う花柄のフレアースカートワンピースは、ウエストをリボンで絞るデザイン。すとんとしていないので体のメリハリをさり気なくアピールでき、細見え効果もあります。

上品な膝丈なので、おでかけはもちろん通勤にもぴったり。袖のフレアが気になる二の腕をカバーしつつ、女性らしさを演出します。

デートにもおすすめの一枚です。

 

透け感がかわいい柔らかニットシャツ

出典:Qoo10

アクリルのニットに花柄レースの袖がついた、まさに「今年」のニットシャツです。朝晩に少し肌寒さを感じ始める秋の始まりにはぴったりの1枚。

下にインナーを着れば冬でも着られる素材とデザインなので、「これからできるだけ長く着られる服」を探している人にはぴったりのトップスです。

シンプルな色と形なので、着回しもしやすいのがポイント。ボトムをパンツで合わせれば、女っぽさもありつつ甘くなり過ぎないコーディネートになります。

カラーはベージュ・キャメル・グレー・ブラックの4色。華やかな袖口にも注目です。

 

クールビューティーなロング丈シフォンワンピース

出典:Qoo10

流行りのロング丈ワンピースを、甘さを抑えて着たい人におすすめなのがこちら。

ホワイト・ブラック・パープルの3色展開ですが、特にホワイトとブラックがクールで目を引きます。

小花柄やロングワンピ、シフォンという女性らしい素材をモノトーンがクールに彩り、「きれいで仕事が出来そうな女性」という印象に。

深めに開いたVネックの胸元や広がり過ぎないスカートのデザインが、都会的で洗練された女性を演出する「クールビューティー」ワンピです。重ね着をすれば季節に関係なく着まわせそう。

ラベンダーに近い色のパープルも上品で素敵です。色味のあるコーデを試したい人はパープルもチェックしてみて。

 

エレガントなマキシミモレ丈シフォンスカート

出典:Qoo10

大きな花柄が大胆にプリントされたマキシ丈のスカートは透け感がある軽い素材。サラッとした布なので暑さが残る日も爽やかに着られます

色の展開も多く、夏らしい黄色、鮮やかなピンクのほか、秋にぴったりなグレーを帯びた黄色と赤や水彩画のようなピンク、水色と、全19色の豊富なカラーから選べるのが魅力。

色違いでいくつか欲しくなってしまいそうです。

このボヘミアンなロングスカート、実はリピーターの多い人気のアイテム。「夏の定番」にしている人も少なくありません。

「今年はこの柄、来年はこの柄」と毎年色と柄を変えて楽しむのもいいかも。

 

細見え&足長効果 フラワーボタンロングワンピース

出典:Qoo10

女優・モデルとして活躍する内田理央さんが、ラジオでおすすめしていたと話題になっているのがこちらのワンピース。

上品な小花柄がかわいらしいロングワンピは、裏地が付いているので透ける心配がない優秀素材。安心して着られます。

麦わら帽子と合わせてリゾート風にしてもいいし、スニーカーを履いて街歩きを楽しむのもアリ。前を開けてシャツのように羽織るのも素敵です。

ウエストの高い位置にリボンがあるので、足長&痩せ見え効果も期待できます。いつもの3倍はスタイル良く見えるかも。

色は流行りのイエローにくすみグリーン、ブラックの3色。どれもかわいくて迷いそうです。

 

乙女心を永遠に掴んで離さない、愛すべき花柄

大人になっても、何歳になってもかわいらしくて目を引く花柄。

「この年齢になって花柄は合わないかも」と思っている人がいるかもしれませんが、デザインや素材、合わせ方で爽やかに装えます。

「花柄は自分には派手」「かわいらし過ぎる」と諦めていた人も、この機会にぜひ挑戦してみてください。

毎年のことですが、爽やかな季節はあっという間に終わってしまいます。”この時期だからこそ”の素敵な服をまとって、季節をたっぷり味わいましょう

あなたの夏と秋を彩る新しい服、ぜひ花柄をセレクトしてみて。


ページの先頭へ