美容

2023.12.12 UP

ハンドクリームでおなじみの「尿素」ってどんな成分?おすすめアイテムも紹介


ハンドクリームは、乾燥の季節に手放せないアイテムの1つですよね。なかでも「尿素」配合のハンドクリームは、高い保湿効果で乾燥した手肌をケアしてくれる人気アイテム

しかし「尿素ってどんな成分?」「尿素にはどんな効果があるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、冬の定番成分「尿素」について詳しく解説します。

尿素配合のおすすめアイテムも紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

尿素とは?

尿素というと、成分名に「尿」という漢字が入っているので、何となく抵抗感を持っている人もいるかもしれません。

確かに尿素は人の尿に含まれる成分の1つですが、化粧品に配合されている尿素は科学的に合成されたものであり、人の尿とは直接的な関係はありません

尿素は、人の肌の天然保湿因子(肌にもともとある保湿成分)を構成する主要成分の1つでもあり、肌の水分をキープする役割があります。

また、化粧品だけではなく、医薬部外品や医薬品の配合成分としても使用されている成分です。

 

尿素の効果

天然保湿因子の1つである尿素の、主な効果は「保湿」です。

尿素は、水になじみやすい性質があり、水分を引き寄せて抱え込む働きがあります。尿素が引き寄せた水分が、皮脂と混ざり合うことで肌のバリア機能(乾燥や刺激から肌を守る機能)をサポートする効果も期待できます

また、硬くなった角質を柔らかくする働きも期待できるため、乾燥してゴワゴワ、ガサガサになってしまった手肌も、しっとりやわらかく整えてくれる優秀な保湿成分です。

<尿素はこんな肌悩みにおすすめ>

・手指の乾燥
・手足の粉ふき
・ひじ、ひざ、かかとのゴワゴワ
・乾燥による肌のくすみ

 

尿素配合クリームの選び方

ドラッグストアで尿素配合クリームを探していると「尿素10%配合」や「尿素20%配合」と記載された製品を見かけますよね。

どれくらいの配合量の製品がいいのかわからず、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

実は、市販の尿素配合クリームには「化粧品」のほかに「医薬部外品」「医薬品」などがあります

それぞれ、尿素の配合量や効果が異なるため、尿素配合クリームを選ぶ際は、製品の種類にも注目しましょう。

 

初めて尿素配合クリームを使う場合

初めて尿素配合クリームを使用する際は、尿素の配合量が10%以下の化粧品や医薬部外品を選ぶといいでしょう。

尿素は保湿効果の高い成分ですが、配合量が多くなると、肌質や肌状態によっては刺激を感じる可能性もあります。そのため、初めて使用する際は、なるべく配合量が少ない製品からトライするのがおすすめです。

肌の乾燥をケアしたい場合も、まずは尿素の配合量が10%以下の製品から試してみましょう。

ひどい手荒れを改善したい場合

乾燥による手荒れがひどい場合や、ひじ・ひざ・かかとなどがコチコチに硬くなっている場合は、肌荒れ改善効果のある医薬品を検討してみましょう。

医薬品の場合、尿素の配合量は20%以下となるため、化粧品や医薬部外品よりも配合濃度が高いのが一般的です。

ただし、尿素配合の医薬品は、使用方法や使用できる年齢などに制限があるため、必ず使う前に使用上の注意を確認しましょう。

ドラッグストアで薬剤師に相談してみるのもおすすめです。

 

尿素配合クリームおすすめ3選

ここからは、気になる手肌の乾燥をケアする尿素配合クリームおすすめ3選を紹介します。

尿素配合クリーム初心者さんでもトライしやすい配合量10%以下の製品をピックアップしましたので、ぜひ、自分の肌悩みに合う製品をチェックしてみてくださいね。

薬用ハンドクリームUR(医薬部外品)

手や指先の乾燥、肌荒れを防ぐ尿素配合の薬用ハンドクリームです。

有効成分として、尿素のほかにビタミンE誘導体やグリチルリチン酸塩が配合されており、しっとりなめらかな肌に導きます。

たっぷり大容量のジャータイプと、使いやすいチューブタイプが展開されているので、お好みに合わせて選べるのもうれしいポイントですね。

出典:薬用ハンドクリームUR

ジャータイプ
・内容量:120g
・価格:902円(税込)

出典:薬用ハンドクリームUR

チューブタイプ
・内容量:43g
・価格:330円(税込)

 

アトリックス ビューティーチャージ プレミアム ふっくら美肌(医薬部外品)

乾燥による手のごわつきにアプローチする薬用ハンドクリームです。

有効成分として、尿素とグリチルレチン酸ステアリルを配合。保湿成分サクラモイスチャーR(サクラ葉抽出液、DL-PCA・Na液、グリシン、グリセリン)も配合されており、気になる手荒れを予防して、ふっくらとキメの整った状態に導きます。

出典:アトリックス

・内容量:60g
・価格:オープン価格

 

尿素10%クリーム(指定医薬部外品)

乾燥や肌荒れが気になる手肌やひじ、ひざ、かかとに使える尿素10%配合のクリームです。硬くなった皮膚をやわらかく整え、うるおいを与え、肌荒れをケアします。

たっぷり大容量のジャータイプと、使いやすいチューブタイプがあります。

出典:尿素10%クリーム

ジャータイプ
・内容量:100g
・価格:オープン価格

出典:尿素10%クリーム

チューブタイプ
・内容量:60g
・価格:オープン価格

 

今回は、乾燥肌をケアする保湿成分「尿素」の働きや効果について、詳しく紹介しました。

肌のうるおいをキープして、乾燥で硬くなりがちな手肌をやわらかく整えてくれる尿素。まずは、尿素配合の薬用クリームなどからトライしてみるのがおすすめです。

尿素配合製品を上手に活用して、冬の乾燥肌も上手にケアしましょう!


ページの先頭へ