美容

2018.08.02 UP

アメリカのホワイトニング歯磨き粉は安全?おすすめ3つと注意点


アメリカ ホワイトニング 歯磨き粉

「アメリカの歯磨き粉の方がホワイトニング力が高そう!」「でもアメリカのホワイトニング歯磨き粉を使っても安全なの?」と思ったことはありませんか?

日本よりもホワイトニング先進国で作られているアメリカ製の歯磨き粉は、歯を白くする成分が強力なため、高い効果が期待できるといわれています。

その一方で、高濃度のホワイトニング成分が配合されていることにより、歯や歯ぐきを傷める危険性があります。

また、日本製の歯磨き粉でも高いホワイトニング効果を得られる商品があります。

このページでは、アメリカで人気のホワイトニング歯磨き粉と効果、安全性などを詳しく紹介していきます。

 

アメリカのホワイトニング歯磨き粉のメリット・デメリット

アメリカ ホワイトニング 歯磨き粉 安全 デメリット

メリット

  • 自分の元の歯より白くできる
  • フッ素などの成分の濃度が濃い

日本にはないホワイトニング効果を実感できるかもしれないですね!

デメリット

  • 日本人と欧米人はエナメル質の厚みが違うのでしみやすい
  • 知覚過敏を発症する恐れ
  • 日本人の方が欧米人より歯が黄色いため望む効果が得られない
  • 歯ぐきが白くなる恐れ
  • 歯がまだらに白斑する恐れ
  • 口腔内全体が荒れる・違和感を感じやすい

アメリカのホワイトニング歯磨き粉を使用すると歯を元よりも白くできるメリットもありますが、

このようにかなりデメリットが多いことは留意しておく必要があります。

 

アメリカのホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキング3選

アメリカのホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキングを紹介します。

supersmile(スーパースマイル)

アメリカ ホワイトニング 歯磨き粉 スーパースマイル

出典:スーパースマイル

 

アメリカの美容雑誌でも年間最優秀賞を獲得!アメリカのホワイトニング歯磨き粉で唯一日本への正規販売ルートが存在し、日本で禁止されている成分は削除もしくは認可されているものと代替しているので安心です。国内でのチェックも厳密に行っています。

気になるホワイトニング効果ですが、ペリクルというタンパク質の膜を分解して除去してくれるので、きちんと歯磨きできれば、歯医者さんでクリーニングを行うのと同等の効果が期待できます!

商品名:スーパースマイル

評価★★★★★

スーパースマイル
公式サイトはこちら

クレスト ホワイトニング セラピー

アメリカ ホワイトニング歯磨き粉 クレスト ホワイトニングセラピー

出典:クレスト

クレストは日本でもおなじみP&Gから販売されている歯磨き粉です。なぜか日本では販売されていませんが、アメリカでは最もポピュラーなホワイトニング歯磨き粉として知られています。フッ素を初めて歯磨き粉に入れたことで知られ、アメリカ化学会より“過去100年における、もっとも偉大な発見”のひとつとして表彰された過去もあります。

そんなクレストのホワイトニングセラピーは、漂白剤が入っておらず日本人の歯にも優しく、かつ日本では大抵1種類しか着色に有効な成分はないが、クレストは3種類着色に有効な成分が配合されており効果的に汚れを除去できます。

商品名:ホワイトニングセラピー

評価★★★★★

クレスト
ホワイトニングセラピー
公式サイト(※英語サイト)はこちら

 

コルゲート オプティックホワイト

アメリカ ホワイトニング歯磨き粉 コルゲート オプティックホワイト

出典:コルゲート オプティックホワイト

アメリカで人気のホワイトニング歯磨き粉です。日本では認可されていない過酸化水素が配合されているので、歯を漂白することができます。1週間で3シェードホワイトニングすることができるとHPに記載があります。

しかしながら、過酸化水素を配合しているホワイトニング歯磨き粉は口腔内への刺激があるデメリットがあるほか、日本人とアメリカ人は歯の質がまるで異なるので想定外の副作用が起こるリスクがあります。これについては後述の安全性の項目で解説いたします。

必ずしも良いことばかりではないため、購入の際は自己責任で行ってくださいね。

商品名:オプティックホワイト

評価★★★☆☆

コルゲート
オプティックホワイト
公式サイト(※英語サイト)はこちら

 

アメリカのホワイトニング歯磨き粉の安全性

歯を白くする漂白剤として過酸化水素が配合されています。洗濯の漂白剤と一緒です。これは一般的に言い換えると消毒薬オキシドールのことなのですが、粘膜や血液と反応した際泡や熱を放出するため口腔内の粘膜を刺激する副作用があります。

日本の歯科医院でオフィスホワイトニングを行う際は、この過酸化水素が口の中に触れないようしっかりと保護を行いますが、歯磨き粉で直に触れるととても刺激があると思います。

また、無カタラーゼ症という疾患の方は、ホワイトニングが禁忌であるのですが、自分が無カタラーゼ症と知らずに過酸化水素の配合されている歯磨き粉を使用すると、口腔内が壊死してしまうかもしれない恐ろしいリスクがあります。

日本で認可されていない理由は、そのような重篤な被害の可能性があるためです。

 

アメリカのホワイトニング歯磨き粉より日本の歯磨き粉の方が安全

日本で販売されているホワイトニング歯磨き粉は、すべて品質や成分などを厚生労働省で認可されていて安全です。

特にアメリカで買わなくても、ポリリン酸ナトリウムやメタリン酸ナトリウムが配合されているホワイトニング歯磨き粉があったので紹介しておきます。

これはクレストの歯磨き粉にも配合されているので、高いホワイトニング効果が期待できますよ!

そもそもクレストのホワイトニング歯磨き粉が欲しくても輸入しないと買えないですしね。

 

薬用パールホワイトプロEXプラス

アメリカ ホワイトニング歯磨き粉 パールホワイトPROEX プラス

商品名:パールホワイトプロEXプラス

成分:ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム
↑アメリカのホワイトニング歯磨き粉にも配合されている成分

評価★★★★★

薬用パールホワイト プロEX プラス
公式サイトはこちら

 

まとめ

アメリカ ホワイトニング 歯磨き粉

アメリカのホワイトニング歯磨き粉の紹介でした。

アメリカでは日本では比べ物にならないほど、白い歯への関心があり、ホワイトニング歯磨き粉だけでもかなりの種類があります。今回は特に有名なものをピックアップして紹介しています。

私は歯科衛生士としてあまり体に害になるものをおすすめしたくはないので、アメリカ人と日本人で歯質が違うことだけでも伝わればいいかなと思い、記事を作成しました。

安全性など考慮すべき点があることは知っておくべきだと思います。効果が高いかもしれませんが、リスクがあることも十分理解しておいてくださいね。

 

 

○関連記事
【2018年】ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキング7選≪歯科衛生士が厳選!≫


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ