美容

2018.06.12 UP

50代ファンデーションは肌悩みに考慮!ツヤ感ありの神ファンデ4選


みなさんは、階段をかけのぼるだけで息切れする自分に気付き「もう若くないな…」とため息をついたことはないでしょうか?(私は週1であります)。

若さはいつかなくなってしまうもの。でもいつまでもキレイでいたいと思うのは女性であれば自然なことですよね。

常々思うのは「美しさ」とはその時々の自分に合ったものを選ぶことではないか… ということです。30代、40代、50代と年齢によって微妙に変わってくる悩みに正面から向き合うことこそ、大事なのではないでしょうか。

今回は、50代限定! 大人の魅力を後押しするファンデーション選びについてご紹介していきましょう。

 

50代がファンデーションを選ぶポイント

50代はそれまで以上に肌に変化があらわれはじめる年代です。更年期や女性ホルモンの減少など体に起こる変化に加えて、40代から続くシミ、シワ、くすみ、たるみなどの肌悩みが深刻化してしまう人もいるかもしれませんね。

50代のお肌の悩みを解消するファンデーションには共通する特徴があります。それが「艶やかさ」「クリーミー」「密着力」の3つ。50代のお肌は「肌がツヤっぽくキレイに見える」アイテムを選ぶようにするとそれだけで生き生きとした印象になります。

躊躇せずテスターでいろいろ試し、肌に溶け込むようになじむもの、角度を変えるとツヤ感が出るファンデーションを選ぶようにしましょう。

 

肌質別に選ぶファンデーションのポイント

「このシミ嫌だな」「このシワが隠せたら」という悩みをメイクで解消できたらもっと自信がもてますよね。どんなお悩みを持つ人でも目指したいのは「ツヤ感のある生き生きした肌」です。そんな仕上がりを目指しつつ、それぞれの肌悩みに合ったファンデを選ぶのがキレイを目指すベストな方法といえます。

ここからは肌悩み別にファンデを選ぶときのポイントをご紹介していきましょう。

 

乾燥肌

乾燥しやすい肌の人はしっとり感を強く感じさせる、吸い付くような付け心地のクリームファンデがおすすめです。

油分ではなく、美容液のようなみずみずしい仕上がりを感じさせるものを選ぶことで肌の印象が違ってくるでしょう。

 

シミが気になる

シミのある肌にはカバー力に定評のあるクリームファンデがおすすめです。これまでコンシーラーを使ってきた人も多いと思いますが、50代のお肌には厚塗りに見えてしまう危険性も…。

そんなときは、少量でシミをある程度目立たなくする密着性の高いクリームファンデを選んでみましょう。

 

たるみが気になる

50代にはいるとだんだん肌のハリを感じにくくなり、どうしてもたるみやすくなってきますよね。

そんな人はミネラルパウダーファンデがおすすめ。ブラシを使えば毛穴部分を最低限の量でカバーするのでたるみ毛穴をほど良く隠してくれるでしょう。

 

シワが気になる

目元、口元などよく動く部分にシワができてしまうこともあるでしょう。そんなシワが気になる人は薄付きで軽い仕上がりのリキッドファンデがおすすめ。

するするとよく伸びるリキッドファンデは表情筋の動きに自然にフィットし、ヨレの心配なくシワを目立たなくさせることができます。

 

毛穴が気になる

毛穴の開きが気になる人はシワと同じくリキッドファンデを使いましょう。伸びの良いリキッドは毛穴の奥にまで入り込みやすく、自然にカバーしてくれます。

ただリキッドファンデは毛穴に入り込むため、きちんとメイクを落とさないと肌トラブルになることがあります。そのため落としやすさにも注目して選ぶようにしましょう。

 

50代ファンデーションに必須のツヤ、クリーミー、密着力を網羅する神アイテム4選!

それではここからはツヤ感、クリーミーな付け心地、肌への密着力などの点で評価の高い、50代向けファンデーションを独自のランキング形式で紹介していきましょう!

 

≪1位≫資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

資生堂

従来の「ムース生まれのパウダリー」をさらに進化させたファンデーションがこちら。素肌が持つ自然なツヤ・血色感をキープしながらカバー力と透明感を底上げし、肌への溶け込み感が感じられるといいます。

口コミでは「しっとりして粉っぽさがない。厚ぼったくないからカバーしていても自然な感じ」「肌に乗せるとスッとなじんで厚塗り感もない。ヨレないし自分の希望通りの肌になる気がする」と高評価。「暑くなると皮脂崩れで化粧直しが面倒だけど、これを使うと気にならない」と崩れにくさを感じる人も。

オトナ女子必見!
マキアージュのファンデを詳しく見る

 

≪2位≫Macchia Label(マキアレイベル) 薬用クリアエステヴェール

Amazon

気になるシミやシワ、毛穴などの肌悩みを「光を高反射するパウダー」で自然にカバーするというファンデーションがこちら。

「指できれいに伸ばせるから小鼻の脇にもさらっと付けられて使い勝手が案外良い」という声や「肌全体が明るく見えるからこれの上からはむしろパウダーが要らない」「時間がたっても崩れにくい。毛穴落ちがないのが素晴らしい」と、さまざまなメリットを感じる人が多い印象です。

お値段は4,216円(税込)となっています。

 

≪3位≫ベアミネラル CR ティンテッド ジェル クリーム

Amazon

ホイップクリームのような軽さと、美容液のようなうるおい感が特徴のファンデーションがこちらです。

植物性スクワラン(オリーブ由来の保湿成分)やアッケシソウ(保湿成分)など植物由来のスキンケア成分が肌にみずみずしさを届け、うるおいのあるツヤやかな仕上がりに。

「付けている感じがしない」「テクスチャーがやわらかく伸びも良い。時間がたってもパサつかず良い感じのツヤ感があるからこれだけで肌の仕上げが完了する」と好評。お値段は3,800円(税抜)となっています。

 

≪4位≫ヴィー スティックウェルファンデーション

ヴィー スティックウェルファンデーション

こちらのファンデーションは「60秒で24時間崩れない新発想の美容液ファンデーション」がコンセプト。Vフォースジェルが肌の温度で液状からゲルに変わり、このゲルに変化した膜が油や水をはじいて保湿成分を封じ込める働きをしてくれるそうです。

「クリームのようにやわらかくニュルリと出てくる。伸びの良さにびっくりする」「紫外線対策もきっちりできてカバー力もあると思う。オールインワンの優秀ファンデーション」といった口コミも。お値段は3,500円(税込)となっています。

50代の悩みをこれ一本で解決
ヴィー公式サイトはこちら

 

「知らなかった!」50代向けファンデーションにまつわるQ&A

20代、30代、40代と同じようなやり方を続けてきた人も多いベースメイク。実は年齢によって若干そのやり方が異なる場合もあります。

ここからは50代女性のファンデーションにまつわる疑問を解消していきましょう!

 

50代のファンデ、どう塗るとキレイ?

50代でリキッドファンデを使う場合は次のような点を意識してみましょう。

まずはファンデを手の甲に出したあと指でくるくると伸ばして温めてから塗ります。こうすることで伸びが良くなり部分的な厚塗りを防ぐことができます。

また皮脂が出やすい鼻、額、あごは最もファンデが崩れやすい場所。ゆえに他の部分と比べ使用量を少なくします。

最後に手のひらを顔にやさしく押し当てファンデを温めましょう。こうすることでフィットしやすくなり、付けたてのキレイさをキープしやすくなります。

 

仕上げのフェイスパウダーは必要?

50代のメイクはツヤ感が大事とお伝えしましたが、ではフェイスパウダーの使用は控えたほうが良いのでしょうか?

フェイスパウダーは要らない汗や皮脂を吸収してファンデの持ちが良くなるほか、光で肌のアラを目立たなくする効果があります。50代のメイクでも積極的に使っていきましょう!

半透明カラーのルーセントタイプはファンデの色を残せるのでメイク後の肌色を気にせずに使え、日常使いに適しています。特別な日にはパール入りのフェイスパウダーを選ぶとツヤ感が増し、日常メイクとのメリハリも付きますね。

 

50代からのファンデーションはツヤ、クリーミー感、密着力に加え今感じている肌悩みを考慮して選ぶこと。ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:ファンデーションの選び方は?おすすめ人気ファンデの今更聞けないポイントを解説

すだ あゆみ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ