美容

2018.06.04 UP

【美白化粧水】40代必見!いま注目の化粧水3選【シミ・そばかすに】


40代に差し掛かってくると、否応にも肌機能の衰えを感じるようになりますよね・・・。シワやたるみなど、これまで気にしてこなかったお悩みが現れて、どうケアしたら良いか戸惑う方も多いのではないでしょうか。

そんな40代からの肌ケア、美白ケアは、現在の肌状態を正しく理解し、お悩みに合わせた成分でアイテムを選ぶことから始まります!

そんな訳で今回は、若々しい肌を保つためのエイジングケアに迫っていきたいと思います。

 

40代のお肌…シミ・くすみをなんとかしたい!

まずは40代のお肌の状態を確認しましょう。

コラーゲンの減少でシワ、たるみが出現

エイジングサインの代表といえば、シワとたるみ。原因は、乾燥によるお肌の水分不足と思われがちですが、実はこれは間違い。

シワ、たるみの大きな原因は乾燥ではなく、肌のコラーゲンの減少によるものなんです。

 

乾燥による「ちりめんジワ」と「真皮ジワ」の見分け方

先ほどシワの原因はコラーゲンの減少とお話ししましたが、乾燥によるシワも存在します。それが目の周りなどにできる細かいシワ、その名も「ちりめんジワ」。これは紫外線の刺激や空気の乾燥、スキンケア不足などから起こる、角質の水分不足が原因のシワです。

では、ちりめんジワと真皮ジワをどのように見分けたらいいのかですが、ちりめんジワは保湿すると角質がふっくらしてきてシワが目立たなくなるのが特徴。

お風呂に入った後、すぐに鏡を見て消えていればちりめんジワ、消えていなければ真皮ジワと見分けることができます!

 

コラーゲンとは?

肌の表皮の下にある土台である真皮の中にある丈夫なタンパク質からできた線維で、水分を除いた真皮の約70パーセントを占める主要成分です。真皮の中に網目状のネットワークをつくることで弾力をキープしています。

このコラーゲンが減少したり変性することにより、肌にシワやたるみが生まれ、肌の弾力が失われてしまいます。

 

血行不良で皮膚温が低下!?

年齢を重ねると、皮膚の血管が硬くもろくなり血行不良が起こります。肌を健やかに育むためには、酸素や栄養素が必要で、それらを肌の細胞に届けているのは肌の内側に網目のように張り巡らされた血管です。

肌の細胞の隅々まで酸素と栄養素を送る、そして、不要になった二酸化炭素と老廃物を回収するという代謝がスムーズに行われることで健康な肌は維持されます。血行が悪くなるとこの代謝が滞り、くすみや乾燥を引き起こしてしまいます。

また、血行が悪くなるとコラーゲンがつくられる量が減少することもわかっています。もちろん、血行不良の原因は加齢だけでなく、ストレスや運動不足、冷えなど様々です。

 

大人の女性ならではのシミ・くすみ

長年浴びてきた紫外線ダメージでできるシミはもちろん、大人の女性ならではと言えるくすみの原因が、年齢を重ねることによる角質脂厚。肌のターンオーバーの周期が遅くなり、古い角質が溜まって暑くなってしまっている状態です。

古い角質はメラニンを含んでいるので、角質脂厚した肌はどんよりとくすんで見えてしまいます。

対策としては、美白化粧品でケアすると同時にピーリングや酵素洗顔を行い、肌のターンオーバーを促す必要があります。

 

40代の美白化粧水。選ぶべき成分は?

40代、どんな美白美容液がおすすめなのでしょう?おすすめの成分や効能をご紹介!

どんな成分がいいの?

シワ、たるみ対策には、コラーゲンを増やす化粧品が効果的です。40代以降は、肌内部でのコラーゲンの生産量は激減してしまいます。なので、コラーゲンを増やすケアが必要不可欠!

コラーゲンを増やす成分はいくつかありますが、以下のようなものが代表的です。

 

ビタミンC誘導体

コラーゲンの合成に必要な成分。美白作用や皮脂抑制作用も併せ持っています。

ビタミンCはクリームよりも水に配合した方が安定するそうなので、化粧水で使うのが好ましいと言えます!

朝晩のスキンケアで顔全体に使いましょう。

 

ナイアシン(ビタミンB3)

ビタミンCと同様、水溶性のビタミンの一瞬。コラーゲンの合成を高め、肌代謝を活性化させてくれます。

 

レチノール(ビタミンA)

ビタミンAの一種で、もともと人間の体内にある成分。肌のターンオーバーを促し、コラーゲンを増やす作用があります。油溶性なので、アイクリームに配合されていることも多いようです。

これらの成分は、真皮まで浸透し、コラーゲンの生みの親である線維芽細胞の働きを活性化させてくれます。必ずしも「コラーゲン配合」と謳っているアイテムでなくても、コラーゲンの生成を促すことが可能なのです。

 

乾燥ぐすみにも効果的。保湿も忘れずに!

保湿はエイジングケアにも欠かせません。お悩みが沢山出てくる40代の肌だからこそ、美白と同時に、肌の潤いを保つ保湿成分入りの化粧水を選ぶようにしましょう。

セラミド、ヒアルロン酸のように水分を蓄える働きを持つ保湿成分が◎

 

ピーリング効果のあるふきとり化粧水もおすすめ

角質脂厚によるくすみ対策として、美白化粧水と並行して、ふきとり化粧水を取り入れるのもおすすめです。

乾燥が気になるときは、朝の洗顔をふきとり化粧水で行うのも良いでしょう。コットンがひたひたになるまで化粧水を浸透させ、顔全体を優しくふきとります。

摩擦が肌の刺激にならないように十分注意しながらのケアを!

 

40代におすすめ!人気の美白化粧3選

40代女性におすすめの美白化粧水はこちら!

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート

40代 美白化粧水 おすすめ サエル

DECENCIA

敏感肌専門ブランドDECENCIA「saeru」の美白化粧水はストレスによる肌ダメージに内側からケア。シミ、くすみの要因に、全方位的にアプローチしてくれます。

また、皮膚温が下がると肌本来のバリア機能が低下することに着目。朝鮮人参由来の独自成分「ジンセンX」という成分を配合し、肌の血行を促進。皮膚温の上昇を促してくれるんだとか。

天然植物エキスの香リは、使うたび深呼吸したくなるような爽やかさです♡
低刺激でしっかり美白ケア♡
サエル トライアルセットはこちら

 

ソフィーナボーテ 高保湿化粧水 美白 しっとり

40代 美白化粧水 おすすめ ソフィーナ

Amazon

美白有効成分配合で、シミ、そばかすを防ぎながら高い保湿効果も期待できる化粧水です。

角質内の水分を抱え込んで保つケラチン保水処方。古来より美容に用いられてきた月下香の厳選されたエキスを採用し、肌をなめらかに覆って潤してくれます。

フレッシュな花のような香り。

 

エリクシール ホワイトクリアローション C

40代 美白化粧水 おすすめ ソフィーナ

Amazon

40代〜の女性にも人気の高いエリクシールの美白ラインは、正に大人の美白にぴったりな、コラーゲンと美白成分4MSKが配合された化粧水。ハリや弾力だけでなく、顔にみずみずしい印象をもたらしてくれます。

テクスチャーや仕上がりの好みで選べる3タイプで肌にしっかりフィット。エイジングケアと美白を同時に叶えてくれます。

 

エイジングは避けられないとわかっていても少しでも予防したいもの。そのためには自分の肌に一番良いケアを根気よく続けていきましょう。きっと毎日が輝くはず♡

 

〇関連記事

【2018年】美白化粧水のおすすめ人気ランキング

 

参考:吉木伸子著「正しいエイジングケア事典」

柳原真咲

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
v