美容

2018.01.23 UP

素肌力を底上げ♡理想の美肌を手に入れる本当に正しいクレンジング術



肌ケアの中で多くの人が苦手意識を持っているものの一つがクレンジングだと思います。クレンジング後の肌はなんだかつっぱって元気を失いますよね。すぐに化粧水を塗らないと肌がカサカサしてしょうがないという人も多いでしょう。

それが顕著に現れているあなたは、クレンジングの仕方が間違っている可能性がありますよ! この機会にクレンジングについてぜひ見直してみましょう。

 

肌荒れが起こる原因は、バリア機能の低下

そもそも、肌が荒れる主な原因は、皮脂膜とその下にある水分やセラミドといった角質層が弱体化するからです。そうなると肌のバリア機能が衰えて、ちょっとした刺激でも荒れやすくなってしまうんです。

女性の肌はあなたが思っている以上にデリケート。特に肌をこすることの多いクレンジングは要注意。肌についたメイクを取ることばかりに意識が向いてしまいがちですが、過度なクレンジングや洗顔は肌バリアに必要な角質を剥がしてしまうので危険です。紫外線の影響も受けやすくなってしまいます。

 

バリア機能を失わない、正しいクレンジング方法とは

ではどのようなクレンジング方法が肌にとって最適なのでしょうか。まず、肌を大切にしたいのなら、クレンジングの前段階も大切にしてください。すぐに顔を洗いたい、メイクを落としたいという人も多いかと思いますが、クレンジング剤を使う前に、まずはぬるま湯で花粉やホコリをサッと洗うのがおすすめ。

外から帰ってきた肌には花粉やホコリが付着しています。特に花粉は肌に長時間付着することで花粉皮膚炎というものになりやすく、湿疹ができやすくなってしまうんですよ。家に帰ったらまず、水で簡単に顔を洗うだけでもいいかもしれませんね。

最近では、花粉やホコリを顔につけないようにするスプレーも売られているので、それを使ってみるとより効果的な対策となりそうです。

花粉が出始める1月くらいになると目がかゆくなったりする人は、花粉皮膚炎になりやすい体質と言えそうです。早速試してみてください。

もちろん、顔だけではなく、花粉は手についていることもあり得ます。クレンジング前に手を洗うことも忘れないでくださいね。

 

メイクは“撫でて”オフする

見た目はナチュラルでも、実はファンデーションを何層にも塗っていたり、マスカラをたっぷりと重ねていたりと、薄そうに見えるメイクほど濃いことも。濃いメイクをしているとついゴシゴシとこすりたくなってしまいますが、ここでも注意が必要。肌は強い刺激を与えられることで、バリア機能を失ってしまいます

クレンジング剤を手に出したら、ここぞとばかりにゴシゴシとこすってメイクを浮かせている人もいるかもしれませんが、正しいクレンジングの仕方は指の腹で軽く抑える程度の力で洗っていくことです。イメージとしては卵の殻を撫でるような感覚です。優しく撫でることでメイクを浮かせていきましょう。

特に皮膚が弱いまぶた部分は、ゆっくりと指を動かして肌にダメージを与えないようにしてください。どうしてもメイクが落ちにくければ、目元部分はアイメイク用のクレンジング剤を使うなど使い分けてみてくださいね。

 

摩擦の少ないクレンジング剤選びも重要なポイント

正しいクレンジングをしていくなら、正しいクレンジング剤を選ぶことも大切な要素です。疲れて家に帰ったときは、ついついふき取りタイプのもので済ましてしまってはいませんか。ふき取りタイプは摩擦を生みやすいので、炎症を引きおこす原因になることも。選ぶなら、摩擦の少ないクリームタイプがおすすめですよ。

ちなみにスルリと馴染みそうなオイルタイプのクレンジング剤も摩擦は大きめと言われています。避けたほうが無難ですね。

 

ACSEINE

クリームタイプのクレンジングでおすすめなのは、ACSEINE(アクセーヌ)のミルキィクレンズアップです。

低刺激性・無香料・無着色なので肌に優しく、クレンジング後につっぱるような感覚はありません。私もそうなのですが、クリームタイプのクレンジング剤は目元が上手く馴染まず、すすいだら目の周りが真っ黒だったということも多いんです。

しかしミルキィクレンズアップならそんな心配も無用です。ちょっと指を滑らせただけでしっかりと馴染んでメイクを浮かせてくれますよ。

ウォータープルーフのマスカラや、まつ毛のキワに引いたアイラインもきっちり取れます。

 

Amazon

また、少々値段ははりますが、GUERLAIN(ゲラン)のクレンジングクリームも評価が高いクリームタイプのクレンジングの一つです。

使った人からは「これまでのクレンジングと全く違う」「洗ったあとに肌がふわふわする」と評判で、クレンジングをしながらも肌を労わることができるようですね。

一定期間使ってみると肌の潤いが増すという声も多いので、クレンジングで苦労している人は試してみる価値はあるかもしれません。ジャスミンの爽やかな香りも癒されます。

 

シャワーですすぐのはNG

メイクを優しく浮かせたら、すすぐときにも注意が必要です。お風呂に入ったとき、体を洗うついでにクレンジングをしてそのままシャワーで全身を一気にすすぐ……なんてめんどくさがり屋さんもいるかもしれません。少なくともシャワーでクレンジングをすすいでいる人は多いでしょう。

でも、シャワーは水圧が高いので肌に思わぬ刺激を与えたり、小鼻など細かいゾーンの洗い残しも多発させてしまうんです。クレンジングは蛇口から出たぬるま湯を手ですくってすすぐのが正しい方法です。

ちなみにバスタブの中でクレンジングをして、バスタブから出たタイミングですすぐという人も多いかもしれませんが、それもNGなんですよ。バスルームの蒸気で湿度が高くなって洗浄力が弱まってしまうので、洗い残しが出てきます。これは、「濡れた手でもOK」と謳っている商品でも同じなのだそう。

 

朝は“洗わない”が鉄則!

最後に、朝のお手入れにも気を配っていきたいものです。乾燥肌の予防には、必要以上に洗わないことも大事なことです。

特に脂性肌の人はメイクの前にクレンジングと洗顔を合わせて行う人もいるかもしれませんが、朝のクレンジングはなるべく避けてください。どうしても気になるのなら、洗顔だけに留めましょう。

 

クレンジング剤は嫌でも強めの成分が入ってきてしまうので、どうしても肌にはマイナスの影響を与えがちです。しかしここを少し見直すだけで肌のハリが違ってきますよ。

忙しい人はシャワーですすぐのをやめて、お湯でのすすぎをぬるま湯に変えるだけでも結構変わってきます。ぜひ試してみてくださいね!

 

参考:DUOエスエス製薬dプログラムオルビス

Asuka Yoshida

Asuka Yoshida

フリーライター/ドイツ在住

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
v