美容

2016.01.19 UP

肌を苦しませない!30代からのノーファンデで美肌にみせるテク


iStock_000051919134_Small

女性のメイクの中でも重要なシェアを占めているファンデーション。肌をキレイに見せるためには必要なものだと考え、毎日せっせと塗りこんでいる人も多いのではないでしょうか?

しかしファンデーションの多くは石油系の原料を使用しているので、肌にはかなり負担です。特に吹き出物などができている時は、できれば塗りたくないと思ってしまいますよね。

それなら思いきって、ファンデーションを使わない「ノーファンデ」にトライしてみませんか?

 

それでも紫外線対策は必須!

iStock_000023653041_Small

ノーファンデと言っても、やはり紫外線は気になります。年々紫外線が降り注ぐ量は増えているため、冬でも安心できません。

そのためノーファンデでも、UV効果のある下地もしくは日焼け止めを塗ることをおすすめします。

 

ノーファンデででも美肌になる「3つのテク」

There's a product for every skin type....

1.ベビーパウダーでメイク崩れやテカリを防ぐ

ノーファンデの仕上げは、UVケアの下地を塗った後にベビーパウダーを使うのがおすすめ。

ベビーパウダーはその名の通り赤ちゃんにも使えるお粉のため、肌の負担になる成分は入っていません。そのためトラブルを抱えている肌でも比較的安心して使えます。ファンデのように毛穴をふさぐこともなく、化粧崩れも心配なし。皮脂を吸収してテカリも防止してくれます。

 

2.保湿は美容オイルで

下地とベビーパウダーでは乾燥が気になるという人は、美容オイルをプラスしてみましょう。安全を考えるなら、植物性のホホバオイルがおすすめ。肌のバリア機能を高める成分が豊富に含まれているので、ファンデなしでも安心です。

下地を塗る前に、美容オイルをなじませてしばらくおきます。肌がしっとりしてきたら下地→ベビーパウダーの順で仕上げます。これだけで一日中しっとり肌をキープできますよ。

 

3.クマやシミはコンシーラーを活用

ノーファンデだと目の下のクマやシミが気になるという人は、コンシーラーを活用しましょう。気になる部分だけに塗ることができるので、肌の負担はかなり軽減できます。

また洗顔ソープだけで落とせるコンシーラーも出ているので、それらを活用するとより安心です。

 

ポイントメイクでさらに美肌力アップ!

iStock_000038946726_Small

チークやリップを加えると血色も良くなり、ノーファンデでもしっかりメイクしている雰囲気を演出できます。特に赤系など色の濃いリップなら、肌を白くキレイに見せる効果も期待できます。

肌に負担になるファンデから卒業して、すっぴん美肌で勝負してみてはいかがでしょうか?

佐治 真澄

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ