ファッション

2016.12.10 UP

シンプルコーデが即オシャレに!帽子を効果的に取り入れるには?

LINEで送る
Share on Facebook

今日のコーデ、なんだか物足りないな……。出かける前に鏡を見てそんな風に感じたら、帽子をプラスしてみるのがおすすめです。サッとかぶるだけで、普通のシンプルコーデが即オシャレに大変身! ファッションに合わせて帽子を使い分ければ、手軽に雰囲気を変えることができます。

そんなお役立ちアイテムの帽子ですが、服とのバランスに悩むこともありますよね。そこで今回は、大人が使いやすい帽子とそのおすすめコーデをご紹介したいと思います。

 

ハンサムモードな「ウール素材の中折れ帽」

Photo by ZOZOTOWN(green label relaxing/GRILLO)

秋冬の定番・ウール素材の中折れ帽は、ハンサムでちょっぴりモードな雰囲気をプラスしたいときに。

色選びは迷うところですが、定番ニュアンスカラーのライトグレーとベージュがおすすめ。形も素材も存在感のあるアイテムなので、重くなりすぎずにどんな色のファッションにも対応できるこの2色があれば、かなり使えます。

Photo by WEAR

シンプルカジュアルなパンツコーデにプラスすれば、エッジの効いた辛口スタイルに。

Photo by WEAR

全身淡いトーンのファッションに合わせるのもおすすめ。帽子のシャープさがあいまいなトーンを引き締めてくれますよ。

 

スポーティすぎない「冬素材のベースボールキャップ」

Photo by ZOZOTOWN(TONE)

ロゴの入っていないシンプルなベースボールキャップは、スポーティすぎないので大人でも使いやすいアイテム。

大人っぽくかぶれるウールやスウェード風といったシーズンライクな素材をチョイスして。

Photo by ZOZOTOWN(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

I(アイ)ラインのロングスカートコーデ×ベースボールキャップは、挑戦しやすいバランスのいい組み合わせ。

ロングスカートのドレス感を、ベースボールキャップがカジュアルダウンしてくれます。スカート丈が短いと子供っぽくなるので、ロング丈がベスト。

Photo by WEAR

あえて直球で、ボーイズライクなパンツスタイルに合わせてもOK。ただし、ヘアスタイルや肌見せで女性らしさはしっかりキープして。

こちらのようにボリュームニットでメリハリをつけるのもオシャレに見えるテク。

 

キメすぎないバランスがちょうどいい「マリンキャップ」

Photo by ZOZOTOWN(green label relaxing/GRILLO)

春夏に引き続き人気のマリンキャップは、黒やグレーのウール素材が何にでも合わせやすくて便利。

一見難しそうに見えるかもしれませんが、中折れ帽よりカジュアルでベースボールキャップほどスポーティではないので、大人にちょうどいいバランスなんです。

Photo by WEAR

ボーダートップスやバレエシューズとは、フレンチシックが香る鉄板オシャレな組み合わせ。

Photo by WEAR

トレンドのゆるシルエットにも合わせやすく、簡単にこなれ感をだせるので使いやすさは抜群です。

 

帽子に合うヘアスタイルは?

Photo by WEAR

帽子をもっと取り入れたいけど、似合わなくて……。という人は、ヘアスタイルが合っていないのかも。今っぽい雰囲気をだすには、ほどよいゆるさが必要です。

髪が長い場合は、後れ毛を多めにだしてラフにまとめるとこなれた雰囲気に。こちらのように、低めの位置でゆるっとお団子風にまとめるのも素敵。

ショートやボブの場合は、前やサイドの髪をアシンメトリーにすると◎。

 

帽子は基本的に定番色を選べばあまり失敗しないので、どんどん挑戦してみてください。普通のファッションも簡単にオシャレに見えてくるので、おすすめです!

(トップ画像:ZOZOTOWN(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ