仕事

2016.02.02 UP

転職は米国キャリア女性に学ぼう!成功するアメリカ人の転職テク


iStock_000062092788_Small
新しい年は、新しいことを試すピッタリの時期。中には、新しい仕事をしたいと考えている人も多いはず。でも転職は人生での大きなステップですから、なかなかキッパリと実行には移せないものですよね。

キャリア志向の高い米国の女性はどうやって転職しようと決意し、実行に移すのでしょうか。実際に聞いた声やニュースをもとに、米国女性の転職における心構えとテクニックをご紹介していきます。

 

リストを作れば、未来が見えてくる

iStock_000012337363_Small
ショッピングリストやTO DOリスト(やりたいことリスト)のように、何でもリストにするのが基本の米国人。転職を考える時だって、リストにしてみるのが第一ステップなんだそう。

まずは「今の仕事の好きなところ」と「今の仕事の嫌いなところ」を思いついたままに書き出すこと。それからなぜ好きなのかなぜ嫌いなのか、という理由もそれぞれ書き出してみます。すると自分の内側を見つめ直し、論理的に考えることができるとのこと。

続いてのステップは「次の仕事でしてみたいこと」を書き出すこと。「〜の資格を取りたい」といった具体的なことから「残業が少ない」「通勤時間が短い」といった希望でもOK。

すべて書き出したら、最も大事だと思えることを1〜5位まで順位をつけてみましょう。もし今の仕事の好きなところが極端に少なく、嫌いなことや次の仕事に求めることが多かったり、あまりにも今の仕事と次の仕事でしてみたいことの違いがあれば転職を考えても良いのかも。

感情的になってやめる前に、リスト化することで冷静に自分がしたいことや求めることを見つめてみるのが大切です。

 

多くの人の意見を聞く!

iStock_000027704959_Small
転職は新しい人生のスタートとしてワクワクするものだけど、実際した後でがっかりしたり、後悔したりすることもあるのが事実。そうならないためには、周りの転職経験者に聞いてみるのが一番!

多数の人に転職後の良かったことと悪かったことを聞いて参考にしてみて。もし周りに経験者がいないのであれば、雑誌やネットなどを活用してもOK。

転職後の良い面だけでなく残念な面もきちんと知っておくと、後で焦ったり失望することも少なくなるはず。そんなマイナス面を知っても「やっぱり転職したい」と強く思うなら、実行に移すべきなのかもしれません。

 

3年で転職はまったく恥ではない

iStock_000056893798_Small
定年までずっと一つの会社で働くことは理想だけれど、今の時代はそれが不可能に近いものです。それどころか「3年働いて転職」というのが理想だそう。

Netflix』元人事チーフであるPatty McCord(パティ・マッコード)氏によれば、若い人こそ3〜4年で転職すべきなんだとか。その理由は、転職者は良い印象を与えるためにも転職後に仕事を一生懸命こなすものなので、新しい仕事やキャリアを身につけるのが早いからだそう。

3年以上もいると、同じことの繰り返しでなぁなぁになってしまうという人もいるはず。キャリアを積みたいのにこれ以上ここで学ぶことは何もないと感じるなら、それは転職のサインかも!

 

転職は勇気のいることですが、時には思い切った決断も人生の中では必要。本気で転職したいと思うのであれば、まさに今すぐ行動を起こすべきなのでは?

ピーリング麻里子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ