カテゴリー: レーザー治療

皮膚科のシミを消すレーザー治療って?【その後の経過は?】

皮膚科のシミを消すレーザー治療って?【その後の経過は?】

気になるシミやそばかすをどうにかしたい。そう思ったときのひとつの選択肢になるのが、シミを消すレーザー治療です。治療のおおまかな仕組みは、シミのもとになっているメラニンを光の力で破壊するというもの。シミと一口に言っても種類はさまざまで、レーザーの種類も複数におよびます。さらに、機器によるシミ治療はレーザーだけではありません。光治療(IPLもしくはUPL)という、レーザーよりもやさしい光で、肌の状態を改善するものも。そんな光治療もふくめ、今回はシミのレーザー治療のさまざまな情報を見ていきたいと思います。シミを消すレーザー治療の仕組みまず、シミのレーザー治療の仕組みから説明していきます。シミのレーザーは、

シミ取りレーザー治療後、かさぶたにならない!考えられる理由は?

シミ取りレーザー治療後、かさぶたにならない!考えられる理由は?

シミ取りレーザー治療では、レーザーをあてた場所にかさぶたが生成されると言われています。でも、もしもかさぶたができなかったとしたら……?その場合に考えられる理由とは、どんなものなのでしょう。シミ取りレーザーでかさぶたが出来なくても失敗とは限らないレーザー治療施術後には、基本かさぶたが形成されると言われています。かさぶたと言っても、擦り傷や切り傷が出来た時のようなものとは異なり、もっと薄いフィルムのような茶系色のかさぶたです。レーザー治療後の患部の赤みはどのくらい?かさぶたは?シミ取りのレーザー治療後、必ずできるかさぶたと赤み。どんな状態で、期間はどのくらいなのでしょうか。気になるアフターケアについ

シミのレーザー治療後に使われる絆創膏・テープ・シールって絶対必要?目立つもの?

シミのレーザー治療後に使われる絆創膏・テープ・シールって絶対必要?目立つもの?

シミのレーザー治療の施術が終わった後、しばらくの間は患部に絆創膏などを貼って保護する必要があります。そう聞くと「顔に絆創膏を貼るって、けっこう目立つんじゃないのかな?」と心配になる人や、「絆創膏、ぜったいに貼らなきゃだめ?」と疑問に思う人もいるかもしれません。……というわけで今回は絆創膏、そして近年どんどん登場しているテープやシールについて見ていきたいと思います。絆創膏・テープ・シールは、かさぶたが剥がれるまで必要なもの?まず先に答えを言ってしまうと、基本的には絆創膏・テープ・シールが必要になる場合がほとんどです。シミのレーザー治療では、施術後患部にかさぶたが生成されることが多いですが(※使用す

病院選びのポイントは?シミのレーザー治療で注意するべきこと

病院選びのポイントは?シミのレーザー治療で注意するべきこと

シミのレーザー治療にはさまざまな種類があり、実施している病院も数多くあります。まずは病院で相談を……と思っても、どう選べばいいものか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。たくさんの情報を前に、何が正しいのかわからなくなっている人もいるかもしれません。シミのレーザー治療を考えている人が、知っておいたほうがよい注意点をまとめてみました。注意点① シミ取りレーザーは魔法の杖ではないまず大前提として心に留めておきたいのが、シミ取りレーザーが魔法の杖のように一振りで劇的に変身できるものではなく、消しゴムのようにささっと消しきれるものでもないということです。「肌の中にあるメラニンを焼き切る」というシミ取

レーザーでのほくろ除去はどんな時に必要?保険適用はある?

レーザーでのほくろ除去はどんな時に必要?保険適用はある?

チャームポイントにも、コンプレックスにもなるほくろ。今回は、ほくろの治療方法の主流であるレーザー治療についてお話します。そもそも、ほくろって何なのだろう?ほくろとは黒あざの一種で医学的には母斑細胞母斑と呼ばれる良性腫瘍です。メラニンを作るメラノサイトが皮膚の一部に高い密度で集まった部分のことを言います。ほくろはできる深さによって大きく3つに分けられ、それぞれ①境界母斑、②複合母斑、③真皮内母斑と言います。出典:世田谷そのだ皮膚科 ①は母斑細胞が真皮と表皮の接合部に存在します。③は母斑細胞が真皮に存在します。②は①と③の混合型です。ほくろは体のあちこちにでき、直径6mm以下のものがほとんど。発生は生まれつき

シミのレーザー治療後はアフターケアが大事!

シミのレーザー治療後はアフターケアが大事!

レーザー治療は後のケアが大事。せっかく薄くしたシミが再発しないためにも、紫外線対策や健康的な生活などのアフターケアを心がけましょう。今回はレーザー治療後の注意点についてまとめました。シミのレーザー治療後、いつも以上に大事になる紫外線ケアレーザー照射後はいつも以上に刺激を与えないことが大切です。治療後の患部は軽い炎症を起こしているため、バリア機能が低下しいていて、とても敏感。照射後1ヵ月間はいつも以上に紫外線対策をし、刺激(激しい運動・サウナ・熱いお湯・摩擦等)は避けるようにしましょう。シミには再発の可能性があるシミはレーザー治療で薄くしても再発する可能性は十分にあります。シミの元となる原因は残

レーザー治療とは色々違う!光を使った治療「IPL」とは?

レーザー治療とは色々違う!光を使った治療「IPL」とは?

フォトフェイシャルを始めとした光治療(IPL)器。光エネルギー(IPL)に加え、高周波の出るフォトRFや日本人向けに開発された、ライムライト・アキュチップなど様々な機器が存在します。光を使って治療するという点ではレーザー治療と同じですが、一体何が違うのでしょうか。今回はレーザー治療と光治療(IPL)の違いや、光治療(IPL)の手順についてまとめてみました。レーザー治療と光治療(IPL)の違いとは?光の種類が違うまずレーザー治療と光治療(IPL)では照射する光の種類が異なります。大きな違いは波長(光の種類)とパルス幅(照射時間)にあります。波長出典: 聖心美容クリニック上の図はレーザー治療と光治療(IPL)で使われる光

気になるシミにピンポイントであてる光治療・アキュチップとは?

気になるシミにピンポイントであてる光治療・アキュチップとは?

アキュチップとはアキュチップとは日本人医師とCUTERA社が日本人向けに開発した波長が500nm~635nmの光治療器です。他の光治療器と違う大きな特徴は直径6.35mmのスポット照射ができることです。気になるシミ、肌トラブルのみ狙い撃つことができ、患部以外の負担を極力抑えることができます。アキュチップの光は赤色と茶色に反応する波長を含んでいるため、他の光治療器では治療できなかった薄いシミ・そばかす・毛細血管・ニキビ跡に効果を示しやすいです。他の光治療器と同じように、治療時間は5分~30分程度で、痛みは輪ゴムではじかれるようなもの。ダウンタイムは少なく、当日からメイクや入浴が可能な場合が多いです。照射後は患部が約3日間

シミのレーザー治療を男性にもおすすめしたい理由

シミのレーザー治療を男性にもおすすめしたい理由

近年女性だけでなく、男性も美容を意識する人が多くなりました。化粧品や日焼け止めが増える中、男性向けエステや皮膚科も登場しています。今回は男性美容の中でもシミ取りレーザー治療についてご紹介します。女性の約8割が紫外線対策をしている一方、男性の約7割は紫外線対策をしていない男性は紫外線に対する意識が女性よりも低い調査結果が出ています。 以下のグラフをご覧ください。出典: リサーチバンク紫外線対策は必要だと思うと答えた女性が58%なのに対し、男性は10.8%。男性の紫外線に対する意識は女性に比べ約5~6分の1という結果になりました。 また実際に紫外線対策をしているのかという調査では、対策をしている女性は88%なのに

UPL(U-Shape Pulse Light)の光治療器・フォトシルクプラスとは?

UPL(U-Shape Pulse Light)の光治療器・フォトシルクプラスとは?

レーザーとは異なる、特殊な波長の光を使って様々な肌トラブルに対応する光治療。今回は、フォトシルクプラスについて見ていきたいと思います。フォトシルクプラスには、光治療の起源であるフォトフェイシャルなどで用いられているIPL(Intense Pulse Light)ではなく、UPL(U-Shape Pulse Light)という、メラニンに反応しやすい光源が使われています。フォトシルクプラスとはフォトシルクプラスは、イタリアのDEKA社が開発した、波長が500~950nmの光治療機器です。他の光治療機器に比べより波長を絞っているため、薄いシミやこれからシミになるようなメラニンにも対応しています。フォトシルクプラスの大きな特徴は、水分に吸収されやすい950n

日本人向けに開発された光治療(IPL)・ライムライトとは?

日本人向けに開発された光治療(IPL)・ライムライトとは?

レーザーとは異なる、特殊な波長の光を使って様々な肌トラブルに対応するIPL(光治療)。今回は、ライムライトについて見ていきたいと思います。ライムライトとは?ライムライトとは、日本人医師とキュテラ社が日本人向けに共同開発した波長が520nm~1100nmの光治療(IPL)器です。一番最初に開発された光治療器であるフォトフェイシャルは、白人の肌を考えてつくられたIPLです。 対してライムライトは、日本人の肌を考えて作られたためフォトフェイシャルに比べ、より効果が出やすいといわれており、刺激や痛み、肌へのダメージを抑えて治療できます。特徴メラニンが多い人でも十分な効果を発揮するといわれており、シミ・くすみ・そばかす・小

脂漏性角化症やほくろの治療に用いられる炭酸ガス(CO2)レーザーとは?

脂漏性角化症やほくろの治療に用いられる炭酸ガス(CO2)レーザーとは?

レーザーには、Qスイッチルビーレーザー、QスイッチYAGレーザー、ピコ秒レーザー等の様々な種類があります。今回は、炭酸ガス(CO2)レーザーの特徴・シミへの有効性・費用などを詳しく紹介します。炭酸ガス(CO2)レーザーはどんなレーザー?炭酸ガスレーザーとは、ほくろ・イボ・ニキビなどの皮膚の治療に最適なレーザーです。シミ治療においては、脂漏性角化症の治療に使われます。蒸散させたり炭化させることによって凸部を取り払います。皮膚の内部に発生しているシミの治療には向いていません。炭酸ガス(CO2)レーザーの原理炭酸ガス(CO2)レーザーは赤外線領域にある波長が10600nmの光を使います。この光は水分の多い皮膚組織によく反応

レーザー治療後の患部の赤みはどのくらい?かさぶたは?

レーザー治療後の患部の赤みはどのくらい?かさぶたは?

シミ取りのレーザー治療後、必ずできるかさぶたと赤み。どんな状態で、期間はどのくらいなのでしょうか。気になるアフターケアについても見ていきましょう。シミ取りレーザー後の患部の変化シミやレーザーの機種によって差はありますが、大まかには以下のように変化していきます。①照射直後患部が白くなります。これがシミの原因となる組織が破壊できた証拠です。出典:明治通りクリニックまた、熱によって一時的に赤みを帯びることもあります。出典:高須クリニック②翌日〜2日後出典:高須クリニックかさぶたが生成されます。柔らかいうちは、特に刺激を与えないよう注意しましょう。③3〜7日後(遅い方で〜14日ほど)出典:高須クリニックかさぶ

お肌のハリUPもシミ美白も一気に叶える?フォトRFとは

お肌のハリUPもシミ美白も一気に叶える?フォトRFとは

レーザーとは異なる、特殊な波長の光を使って様々な肌トラブルに対応するIPL(光治療)。今回は、フォトRFについて見ていきたいと思います。フォトRFとはフォトRFはイスラエルのシネロン社が2002年に開発した「オーロラ」をはじめとした機器を利用した光治療です。光エネルギー(IPL)にラジオ波(RF)を組み合わせてあるのが大きな特徴です。肌表面にあるメラニンを壊すことでシミ・くすみに作用し、毛細血管の拡張を抑えることで赤ら顔・ニキビ跡にも効果を発揮。毛穴の引き締め・肌のハリアップ・産毛の脱毛などにも働きかけます。フォトRFによる効果のメカニズムフォトRFの大きな特徴はRF(ラジオ波)がついていることです。ラジオ波とは周波

レーザー治療後の「ダウンタイム」とは?

レーザー治療後の「ダウンタイム」とは?

シミ取りのレーザー治療後の「ダウンタイム」。このダウンタイムが要因で治療をためらっている人もいるのではないでしょうか。期間はどのくらいか、仕事や外出に支障はあるのか、どう過ごせばいいのか…気になりますよね。今回はそんなダウンタイムについて、詳しく見ていきます。ダウンタイムとはシミのレーザー治療でよく聞く「ダウンタイム」。そもそもどういったものなのでしょうか。ダウンタイムとは、治療や施術のあと、痛みや腫れなどが落ち着くまでの回復期間を指します。例えば、どこかを切開した際の傷口が塞がる、抜糸まで終わる、麻酔による麻痺や腫れがなくなる、動かしてももう痛くない、といった状態のことです。このダウンタイム

シミのレーザー治療の失敗ってどんな場合のこと?対処法は?

シミのレーザー治療の失敗ってどんな場合のこと?対処法は?

きれいな肌になりたくて受けたはずのシミ取りレーザー治療がもし失敗してしまったら……。それはとても悲しいこと。できるなら極力避けたい!そう願う人は多いと思います。事前に防げる方法があるなら、知りたいですよね。そもそも、シミ取りのレーザー治療が失敗するってどんなことなのかも気になります。何をもって「失敗」となるのでしょうか。対処法は? 詳しく見ていきたいと思います。シミのレーザー治療での「失敗」ってどういうこと?シミのレーザー治療の失敗とは、そもそもどういうことでしょうか。失敗には、大きく分けて3つの種類があります。シミが改善されなかった場合シミレーザー施術前より、状態が悪化してしまった場合水ぶくれ

シミのレーザー治療にあけるべき間隔はどのくらい?

シミのレーザー治療にあけるべき間隔はどのくらい?

一度の照射ですっきり終われたらいいなぁとは思うものの、一度だけでは終わらないこともあるシミのレーザー治療。何回も行うのであれば、治療と治療の間隔はどのくらい空けるのがベストなのでしょう。詳しく見ていきたいと思います。治療と治療にあける間隔は、レーザーの種類や医師の判断によって異なるまず先に言ってしまうと、シミのレーザー治療と治療の間にあける間隔はレーザーの種類や医師の判断によって異なります。レーザー治療を行っているクリニックのホームページを見ると、2週間と言っているところから、2、3ヶ月を要すと言っているところまで、さまざまな見解があるようす。中でも1ヶ月前後の間隔を推奨している医院は多いです。こ

老人性色素斑・そばかすにも効果が?メラニンに働きかけるピコ秒レーザーとは

老人性色素斑・そばかすにも効果が?メラニンに働きかけるピコ秒レーザーとは

レーザーには、炭酸ガスレーザー、Qスイッチルビーレーザー、QスイッチYAGレーザー等様々な種類があります。今回は、ピコ秒レーザーの特徴・シミへの有効性・費用などを詳しく紹介します。ピコ秒レーザーはどんなレーザー?ピコ秒レーザーは、丸く深いシミ(老人性色素班)をはじめとして、ほとんどのあざやシミの治療に効果を表し、非常に薄いシミへの有効性も期待されているレーザーです。早い人では、一回の治療でシミの改善を実感できる人も。ピコ秒レーザーのパルス幅は0.000.000.000.001秒とかなり短いです。パルス幅とは、レーザーの照射時間のこと。これが短くなるにつれて、熱の広がりが抑えられ、エネルギーが強くなり、より奥深くまで

シミのレーザー治療に適している季節は秋から冬?

シミのレーザー治療に適している季節は秋から冬?

一度気になりだすと、ずっと気になってしまいがちなシミ。思い立ったが吉日と、決意したら早急にレーザー治療に取り掛かりたいと思う人は多いかもしれません。もちろん、自分が「今!」と切実に思ったタイミングは大切です。ですが、もし気候が施術後の経過に関わるとしたら……?日本には大きな気候の変化を伴う四季があります。シミのレーザー治療に適した季節や向かない季節はあるのでしょうか。詳しく見ていきたいと思います。シミのレーザー治療に向かない季節があるとすれば夏ごろシミのレーザーに一番向かない季節があるとすれば、それは夏ごろです。なぜ夏なのか?それにはいくつかの理由があります。夏は紫外線が多いためレーザー治療後の

そばかすはレーザー向き?レーザー治療が効果的と言われているシミ

そばかすはレーザー向き?レーザー治療が効果的と言われているシミ

いつの間にかできてしまったシミやそばかす。日々のお手入れだけではなかなか軽減されず、悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。シミは、種類によって治療方法も変わってきます。ここでは、レーザー治療が効果的と言われているシミについて見ていきたいと思います。レーザー治療が向いていると言われるシミ①老人性色素班シミの代表格ともいわれる老人性色素斑。多くは40歳以降に現れますが、稀に20歳代から見られます。顔・手・背中や上腕など、紫外線がよく当たるところに発生し、平坦で丸い輪郭をしていたり、濃褐色の境い目のはっきりしたものが多いのが特徴です。原因は紫外線で、若い頃に浴びた紫外線が蓄積して中高年期になってから

肝斑は向いていない?レーザー治療が効果的でないシミと、レーザー治療が適さないケース

肝斑は向いていない?レーザー治療が効果的でないシミと、レーザー治療が適さないケース

両頬に左右対称に広範囲に広がるくすみが出てきたら、肝斑かもしれません。シミの中でも肝斑は中年期の女性に多く現れます。老人性色素斑やそばかすの治療対策に非常に有効なレーザー治療ですが、肝斑の場合、逆に悪化してしまう可能性があります。その理由を解説していきましょう。肝斑はレーザー治療に向いていない?肝斑は、実のところ発生理由がはっきりとはわかっていません。頬骨に沿うように、または目尻の下などに左右対称に色素沈着が起こるのが特徴です。30代〜40代の女性が発症しやすく、閉経をむかえる頃に消失する傾向にあるため、女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れのせいではないかと言われています。また、肌への過

IPL(光治療)で用いられるフォトフェイシャルとは?

IPL(光治療)で用いられるフォトフェイシャルとは?

レーザーとは異なる、特殊な波長の光を使って様々な肌トラブルに対応するIPL(光治療)。今回は、フォトフェイシャルについて見ていきたいと思います。フォトフェイシャルとは フォトフェイシャルとは、ルミナス社が開発した機器で行う光治療です。シミ・赤ら顔・毛穴の開きなどの複数の肌トラブルに同時に働きかけることができますが、それは同時に複数の波長の光を当てることができるためです。光は波長の長さによって効能が異なり、メラニンや毛細血管などの肌トラブルに当たると熱エネルギーに代わり、ターゲットにダメージを与えます。波長の短い光は、メラニンに反応しやすいという性質を持ちます。フォトフェイシャルの光に反応したメラニ

QスイッチYAGレーザーとは?

QスイッチYAGレーザーとは?

レーザーには、炭酸ガスレーザー、Qスイッチルビーレーザー、ピコ秒レーザー等、様々な種類があります。今回は、QスイッチYAGレーザーについて、特徴・シミへの有効性・費用など、詳しく紹介します。QスイッチYAGレーザーとはQスイッチYAGレーザーは532nmと1064nmの二種類の波長を持つレーザーです。二つの波長を使い分けることによって比較的浅い場所にあるシミ・そばかすから、深いところにある茶あざ・青あざ、また毛穴等の幅広い肌トラブルに対応できるといわれています。YAGはYttrium(イットリウム)Aluminum(アルミニウム)Garnet(ガーネット)を表します。YAGレーザーは、イットリウム、アルミニウム、ガーネットの3つで成り立つ結晶に

シミのレーザー治療に用いられるQスイッチルビーレーザーとは?

シミのレーザー治療に用いられるQスイッチルビーレーザーとは?

レーザーには、炭酸ガスレーザー、Qスイッチルビーレーザー、ピコ秒レーザー等、様々な種類があります。 今回は、Qスイッチルビーレーザーについて、特徴・シミへの有効性・費用など、詳しく紹介します。Qスイッチルビーレーザーとは特徴さまざまなシミ・あざに対応しており、老人性色素斑・後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)・雀卵斑(そばかす)の治療に有効なレーザーです。レーザー治療の主軸として設置している病院も多いです。 QスイッチとはQスイッチとは、パルス幅が(1/1000000000秒)単位以下のものを言います。パルス幅とはレーザー光の照射時間のことをいい、短くなればなるほど熱が広がりにくく、エネルギーが強くなり、より深部

唇のシミはレーザー治療で取ることは可能?唇のシミセルフケア&予防法も知りたい!

唇のシミはレーザー治療で取ることは可能?唇のシミセルフケア&予防法も知りたい!

唇は、皮膚の中でもかなり敏感な箇所。肌を刺激から守る皮脂腺がないため、シミができやすい部分でもあります。もし唇にシミができてしまった場合、レーザー治療をすることは可能なのでしょうか。さらには、セルフケアやつくらないための予防方法も知っておきたいところ。治療と予防、両方の視点から見ていきたいと思います。唇のシミをレーザー治療で取ることは可能!だけど……唇のシミをレーザー治療で取ることは不可能ではありません。他の部位に比べて肌の新陳代謝が早いため、治療後のダウンタイムが少なくてすむというメリットもあります。気をつけたほうがよいのは以下のこと。唇のシミに対応している病院とそうでない病院があるレーザー治

シミのレーザー治療に保険適用はあるの?

シミのレーザー治療に保険適用はあるの?

シミのレーザー治療をするとき、気になることのひとつはお金の問題。できるだけお手頃にすませたいというのも本音です。もし、健康保険が適用するのならありがたい……ところですが、実際のところはどうなのでしょう。詳しく見ていきたいと思います。シミのレーザー治療は基本的には保険適用外先に言ってしまうとシミのレーザー治療は、基本的には健康保険の適用外のことが多いです。主な理由は治療が美容目的なこと。美容皮膚科の中には、全施術に保険適用はしないと最初から明示化している医院もあります。原則、保険が適用されないとされているシミ老人性色素斑肝斑そばかすシミ治療、保険が適用になるケースもある?では、保険が認められるケー

シミのレーザー治療の手順

シミのレーザー治療の手順

シミのレーザー治療の手順についてご存知でしょうか? レーザーの前に麻酔は使うのか、1回の照射だけで完治するのか、レーザーを照射する以外に薬は使うのか、気になる方も多いと思います。具体的な手順について、詳しく見ていきましょう。レーザー治療の手順はおおよそ下記のとおり①医師に相談、治療法を決定②希望によって麻酔を実施③テスト照射を行う④レーザーを照射①医師に相談、治療法を決定レーザー治療を始める際は、事前に医師に相談しましょう。シミには色の薄いものから濃いものまでさまざまあり、治療法も異なります。例えば肝斑は一般的なレーザー治療をすると逆に悪化してしまうこともあります。素人判断はおすすめできません。また

シミのレーザー治療の痛みはどのくらい?

シミのレーザー治療の痛みはどのくらい?

シミのレーザー治療で気になることのひとつ、施術中の痛み。実際のところはどれ位のものなのでしょうか。痛みの感覚は人それぞれとはいえ、事前に目安を知っておける方が安心感は高まるもの。詳しく見ていきましょう。個人差はあるが、輪ゴムではじかれた位の痛みシミのレーザー治療の痛みの度合いについて調べようとすると、頻繁に出てくるのが「輪ゴムではじかれたような痛み」ということば。輪ゴムに当たったことのある方はぜひ思い出してみてください。当たった瞬間に「痛っ」となるような、瞬発力のある痛みだったのではないでしょうか。「輪ゴムではじかれる」と一口に言っても、10メートル先から飛んできた輪ゴムと10センチ先から飛んでき

シミのレーザー治療の仕組み

シミのレーザー治療の仕組み

なかなか消えない目立つシミやソバカスがある時、視野に入れておきたいのがレーザー治療です。レーザー治療は、シミの種類によってレーザーで消えるもの・消えないものに分かれるため、まずは自分のシミのタイプを把握することが重要です。症状によっては美白コスメでコツコツ薄くするよりも安価で早く済むことも。そもそも、レーザー治療はどのようにしてシミにアプローチしてくれるのでしょうか?シミのレーザー治療の仕組みについて、詳しく解説します。シミのレーザー治療とは?シミやソバカスとは、紫外線・強い摩擦・ターンオーバーの衰えなどの様々な要因によって過剰に生成されたメラニン細胞が、排出され切らず沈着してしまったもの。シ