恋愛

2014.02.15 UP

男の前提条件はセックスレス「揺れ動かない男の本質」


eda782883aa24af88d858a9d9d062496

先日、健康ランドに行きました。男湯には、男の数だけ、風に吹かれずともぶらぶらしているものがありました。男が10人いて9本しかなかったら、それは誰かひとりが女だということで、男は風呂場にちゃんと10人いました。

 

たかだか10センチ前後の肉の塊に翻弄され続けてきた男たち」。

熱い湯船からあがって、冬の冷たい風に吹かれながら(半露天風呂だった)、ふとこの一文が頭をよぎりました。

 

男は中学生か遅くても高校生くらいから、セックスができないことに悩んでいます。どうやったらヤらせていただけるものかと。

男にとってセックスとは、したくてもできないもの。あるいはできなかったこと。だから、男の前提条件はセックスレスであり、前提条件であるがゆえに、論じる必要がないもの。それが男にとってのセックスレス。

もともとあったものがなくなったから「レス」なのか、そもそもないから「レス」なのか、よくわからないですが、もともとあろうとなかろうと、できないものはどうしようもない。あるもないもない。ただできないだけ。

だから、男がセックスレスを論じるくらいなら、がんばって働いて、どうにか立身出世して「ヤらせていただける」ようになればいい。以上。おわり。

 

男にとっては論じる必要のないセックスレスを、女性はおおいに論じたいようで、今回は編集部の女性にすすめられるまま、特集テーマを「セックスレス」にしました。毎回、ぼくが特集記事をたくさん書いていましたが、前回の特集から、美女集団である『ANGIE』のライターさんたちに(なぜか美人ライターさんが増えて、おおいに驚いている)たくさん書いていただくようにしました。

あんまり編集長ヅラしてでしゃばるのもどうかなと思ったということもありますが、なんといっても今回は、男にとっては論じる必要がないから、美人ライターさんたちに書いていただくことにしました。

 

男の「前提条件」を撤回すべく、乗るか反るかの、いや、入れさせていただけるか、入れられないかの大勝負を38年の人生の中で何回もかけてきた我が身として、セックスは論じるものではなく、あくまで(黙々と)やるものであり続けたいと思いますが、ここはひとつ、美人ライターさんたちの意見に耳を傾けてみようと思います。

 

というわけで、女性ならではの「セックスレス」特集が、いよいよ明日からはじまります。ご期待ください。

 

Photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ