恋愛

2014.02.11 UP

女として末永く愛されたいなら距離感を忘れないのが秘訣!


c77d14d579b715a556328d45e1c693ee
「長く愛され続ける女性」この言葉を聞いて、私が真っ先に思い浮かべたのは、あるひとりの女性でした。

それは、女優の吉永小百合さん。

幅広い年代の男性が彼女の名前を理想の女性像として挙げますよね。その影響からか、私も彼女(と呼ぶのも大変恐縮ですが……)のことを無意識に素晴らしい女性だと、超絶プラスイメージを抱いております。

しかし私は、吉永小百合さんについて知っていることは、ほぼありません。にも関わらず素敵な女性だと思っている。これは、世間での良いイメージが自分のイメージとして刷り込まれているのだと思うのです。

 

そこで私は考えました。
この方法を現実で応用すれば、彼や旦那に良いイメージを抱き続けてもらえれば、ずっと愛し続けてもらえるのではないかと……。

では、そのように自分のことをプラスイメージで見てもらうために必要なものは、何か? その答えは、“距離感”ではないでしょうか。

 

女優である彼女と一般人の私たちとでは、かなりの距離がありますよね。人は、よく知らない物に対しては良いイメージを抱いて想像するという性質があるんです。よく言われる例に、「歯科助手はみんな美人に見える」というものがあります。歯医者で働いている人はみんなマスクをして目しか見えません。しかし、見る人は鼻から下を美人なイメージに勝手に補完してくれるのです。

 

脳ってなんて都合が良いんでしょう! よく知らない、よく見えないとプラスイメージを抱いてもらえるなんて。こう考えると、一緒に居過ぎるとケンカが増えたりしてしまうのも、近過ぎてマイナスな面ばかりが目についてしまうからかもしれませんね。

でも、世界で一番距離が近いであろう彼氏や旦那と距離を遠ざけるなんて、無理がありますよね?

なので、正確には、彼との間に“適度な距離感”を保つことを心がけると良いと思います。具体的にはこんなことです。

 

彼氏の優先順位を一番にしない!

恋人とはいつも一緒にいたい!」と、彼氏ができると人間関係が狭くなってしまう女性がいますが、これでは自分の世界や価値観まで狭めているようなもの。恋人以外との世界が充実していてこそ、彼という特別な存在のありがたさに気付けるのではないでしょうか。

 

しかし、私のように仕事ばかり優先していると、気付いたときには彼氏の心が離れていて手遅れになったりもするので、そういう人は、心の距離は誰よりも近いということを日頃から彼に伝えておくことをおすすめします。

 

キレイな自分でいること!

すっぴん部屋着姿は、男女の距離をグッと縮めますが、それがいつもでは距離が縮まりすぎて、彼から女性として見てもらえなくなってしまいますよね。

見た目はダイレクトに男性の脳を刺激します。最低限、身だしなみを整えて小綺麗にしておくことで、自分にも彼にも心地いい緊張感とメリハリが生まれ、適度な距離を保ち続けることができるはずです。

 

彼のことを人として尊敬する!

よく、ケンカばかりしているカップルがいますが、それはきっと距離が近過ぎるから。だから、相手が傷つくような言葉を平気で言えるほど心に踏み込んでしまうのです。

でも、尊敬している人には、罵声を浴びせたりしませんよね? 尊敬というのは、少し距離感がないとできません。つまり、彼のことを尊敬するということは、一歩引いて彼を見るということです。客観的に見ることができていれば、相手に罵声を浴びせるほど距離が近づく心配はないでしょう。

 

いかがでしたか?
適度な距離感を保っておけば、彼は勝手にあなたの見えない部分を良いイメージで補ってくれます。彼氏や旦那という家族のような関係になっても、お母さんとしてではなく、“女として”長く愛されたいなら、距離感は少し保っておくのが、いつまでもラブラブな男女で居られる秘訣かもしれません。

 

photo by Pinterest

大西 マリコ

大西 マリコ

美容ライター/西洋占星術家

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ