恋愛

2014.12.16 UP

大人もいっぱい恋愛しよう!「告白する女」が優れている理由


4ad0627b08eaef5aa4e2bfef69d9b7c9

先日、若い女性がこんなことを告白してくれました。

「好きな人に振り向いてもらえなくて……」

なんとっ! わたしは衝撃を受けました。こんな話が世の中に、まだ転がっていたとは! というくらい驚きました。

 

そして「負けた~」と思いました。

ここまで読んで、わけわからんという人のために、なぜわたしが彼女に負けたのか解説しましょう。年齢だけじゃないんです。

 

最近、ガチで告白したことある?

imasia_10492221_M

一見、ありきたりな恋愛の悩みに思うかもしれませんね。

でも大人になってから一方的に思い慕う経験をする人って、限られていると思うのですが、いかがでしょう。

 

わたしは二十歳を過ぎてから、一方的に片思いをしたことはありません。いやいや自慢ではないです。

というのは、自分を好きな人としか付き合ってこなかったのです。

 

大人になってまでフラれたくない、そんな思いからでしょうか。

自分では意識しなくても、自分を好きになってくれそうな人を取捨選択する嗅覚のようなものだけが長けていったと思います。

 

学生の頃は、話したこともない男子に想いを募らせて、ガチで告白して吹き飛ばされるという経験をした人も多いと思いますが、大人になってからはどうですか?

ね、あまりないでしょう?

 

だからこそ大人になっても、告白する女子には崇高なものを感じてしまいます。

彼女たちにはあってわたしにはない、告白できる大人女子の特徴についてわたし視点で考えてみたいと思います。

 

告白できない女子が考察する、「大人告白女子」のココがすごい!

imasia_12974799_M

自分に正直

自分の感情をまっすぐに見つめて偽ることがありません。

たとえ傷ついたとしても、自分の気持ちに真摯に向き合うことを大切にしています。

生き方としては不器用かもしれませんが、自分に正直な分、後悔も少ないのです。

 

妥協しない

 

恋愛といえば、女性の思考を大きく占める一大要素です。

そんな大切な要素を、おざなりに扱いません。

 

彼女たちは、とりあえず付き合ったりはしないのでしょう。

 

恋愛のモチベーションが高い

好きな人にこだわるあまり、彼氏所持率は低いかもしれませんが、自ら好きという感情を能動的に起こすことができる点で、恋愛モチベーションはいつも高くキープしています。

誰かに見初められたいという気持ちよりも、誰かを好きになりたいという気持ちは、大人が忘れてしまいがちなこと。

自ら恋におちることができるなんて、わたしにとってはもはや神です。

 

これが最後の恋だとしたら?

imasia_9735885_M

ANGIE読者のみなさんは、きっとまだ若い。恋して告白するという恋の始まり方を、不思議には思わないかもしれません。

この記事を読んでも「普通じゃん」って思ったかもしれない。

 

でも一つ言えるのは、年齢を重ねるごとに自ら恋する頻度は少なくなっていくことでしょう、ということ。

世間が勝手に作った大人の枠には縛られないわ、と思っていても、枠を越えて恋愛できる人は限られています。

マドンナあたりはできていそうだけれど。ね、ちょっとハードル高いと思いませんか?

 

恥も外聞もかなぐり捨てて、夢中になれるのは、今の恋が最後かもしれません

だからこそ、です。今のあなたの気持ちを大切に、ぜひその恋を楽しんで!

 

Image photo by Pinterest

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ