恋愛

2014.11.18 UP

30歳で人生が終わるオンナと、終わらないオンナの違いって?


e850766261cd95ab2f5cf17bb5207a17

昔、30歳になった友人が自分の人生は終わったかのように嘆いていました。

それを見た20代のわたしは、ひどく恐れたものです。「30代とは、そんなに嘆き悲しむ年齢なんだ……」と。

 

人生の節目のような扱いをされることが多い、30歳という年齢。でも、30歳になったら、女の人生は終わってしまうのでしょうか?

今回は、一緒にじっくり考えてみましょう。

 

「オンナの30歳」が意味するもの

963a89a3b4ac1e93ddf5c97b5b98b209-b

30歳を「女の価値が下がる年齢」のようにとらえる風潮は、女性の中にもありますよね。

確かに、お肌は水を弾かなくなり、体は重力に逆らえなくなってきます。

 

一方、20代の女性は美しく健康で、肉体的にはもっとも充実する時期です。30代以降に女性の肉体的な価値が下がることは、否定できない事実。

某化粧品会社が「30代からの年齢肌に」と特別なケアを推奨していることからも、30歳はもう若くはない年齢なのでしょう。

合コンにはピタリと誘われなくなるし、結婚のハードルは一段高くなる……。若さが売りになる仕事だったら、オファーが激減するかもしれません。

 

20代のオンナが男受けする理由

ba69bf84b03cd138c4fb9e029306279f

20代の頃、初対面の男性に「君は何も知らなそうで、かわいいね」と言われました。

それは皮肉ではなく、好意を持って発した言葉で、わたしも「かわいい」のみに反応して喜んだ記憶があります。

わたしにとって20代は、何も知らなくても愛嬌で乗り切れる時代でした。

異性から受けるこんな評価に一喜一憂していたこと自体が、子どもっぽく若さの象徴だったとも思います。

 

e7af5d18e5cd8259fda95352b1b030da

当時、わたしが持っていたのは、雌としての価値でしょう。「雌」などと言うと身も蓋もなく、野蛮に聞こえるかもしれませんが、ぶっちゃけて言えばそういうことなのです。

雌の価値が下がると男性は冷たくなりますが、これも仕方がないこと。男の本能なので、どうあがいても覆りません。

 

しかし、です。恋愛コラムを書いてるくせにこんなことを言うとアレですが、恋愛や結婚、つまり男がすべてではありません。

歳を重ねることで、高まる価値があることも事実です。

 

30代は、見た目よりも機能美を磨く時期

c20bdb15603fff41e0e66ac00a287b3c

30歳、それは社会が「大人」を期待する年齢なのかもしれません。20代までは許された無知で子どもっぽい言動は、30代ではまったくかわいくありません。

社会が求めるのは、若さよりも良識ある言動であったり、外見の美しさよりも機能美だったりします。もっと乱暴に言ってしまえば、人前に出しても恥ずかしくない「使える人かどうか」ということです。

 

30歳を過ぎたら、年齢に抗うことよりも社会を観察することに時間を使いましょう。むしろ、年齢を逆にサバを読むくらいに、自分を成長させるための努力をしましょう。

そして「無知でかわいい」は、もう卒業しましょう。

 

cb94fcab93333b1a9a7ef3c3ddd9462a

「何でも知ってて、さすがですね」と一目置かれる。これって、デートに誘われるくらいうれしいことだとは思いませんか?

ただ、それでも「デートに誘われたい」と願うのは、これまた仕方がないこと。

女の本能とあきらめて、受け入れてしまいましょう。

 

Photo by Pinterest

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ