恋愛

2014.01.04 UP

大人女子必見!忘れかけてた胸キュンを少女マンガで取り戻す


胸キュン

 

最近、少女マンガを好む大人女子が増えているようです。

 

 

大人の女性になったあなたは思い出せますか? 「この人のこと好きかもしれない!」と感じた時の、胸キュンを。初めてふたりで出かけた時にいきなり手を握られた時の、ドキドキを。

これが思い出せない、そこのあなた。

「本当にこの人、好きなのかなぁ?」と悩みすぎてチャンスを逃すオクテな”草食女子”か、「気づいたら、みんな結婚してる」と日々に謀殺されて恋愛することを忘れそうな”枯れ葉女子”かもしれません。

 

この2種類の女性に共通して言えることは、「好きになった!」とはどういう感覚か? が分からなくなってきてしまっているということ。だから未来の王子様候補が一生懸命アプローチしてきても、あなたは華麗にスルー! 気づいた時には、彼は違うお姫様へアとタックを始めていることでしょう。

 

いい人を見極めたい。オクテだけど、恋愛がしたい。そんなあなたが行うべき対処法は1つ!「ごってごての少女マンガ、特に高校生を主人公としたもの」を読みましょう。

今回は、忘れかけている胸キュンを取り戻せそうな少女マンガをご紹介したいと思います。

 

『君に届け』(集英社)

このマンガ、胸キュンの宝庫です。恋した時の、胸がしめつけられるようなキュンキュンっとした感覚。恋してもうまくアプローチできなくて苦しかったこと。

読み進めていくうちに、忘れていた「恋した時の感覚」をだんだんと体が思い出してきてくれるのです。それはまさに初めて恋に落ちた時のよう。

 

『僕らがいた』(小学館)

大人系胸キュンは、こちらのマンガでお勉強しましょう。「私と付き合ってくれているけれど、彼には忘れられない人がいる。」という、大人の恋愛でありがちなシチュレーションを盛り込んでいるのでちょっとした駆け引きも学べます。

 

『スプラウト』(講談社)

叶いそうで叶わない、切ない胸キュンの感覚はこちらのマンガで。相手がいたとしても、好きになったら止まらない! 自分の中でそれをひとつ一つ自覚していく瞬間の、胸のドキドキ感を思い出してください。

 

いかがでしたか?

この3冊を読めば、すべての胸キュンを体に染み込ませられるはず! あとは積極的に異性と出会っていけば、胸キュンしない異性と、そうでない異性の見分けが、つくようになってくるのです。

つまりは、未来の王子様候補か、そうでないのかが。

 

中学時代に習った数学の二次関数が思い出せないように、人は恋することから遠ざかると、すぐにその感覚を忘れてしまいます。でも女性として輝くために、胸キュンは必要な要素。

青春だったであろう高校時代の胸キュンを少女マンガで思い出し、体に染み込ませ、キラキラ女子への1歩にしてください!

 

photo by Pinterest

まみ。

辰巳 まみ。

おうちワーカー/Lifeライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ