ハピネス

2013.12.26 UP

初対面の男から「また会ってほしい」と言われる女性になるには?


0009744582X-565x849

オーストラリアに来て、しみじみと感じたこと。こちらは本当にパーティーが多い!

日本と違い、パーティーは友達やパートナー同伴なのが当たり前なので、必然的にパーティーに参加する機会が増えました。日本では友達の誕生会や飲み会などは基本的に自分ひとりで行くもので、あまり知らない人の集まりに参加することは少ないと思います。

パートナーがいない場合は、仲の良い友達と出かける機会はあるけど、あまりよく知らない人と一緒の時間を過ごすって機会は少ない人も多いと思います。しかし、そんないつも付き合っている人の輪に留まってばかりいる人は注意が必要。もしかすると、お高く止まっている○○さんとレッテルを貼られてしまうかもしれません。

また、同性となら誰とでも話せるけれど、男性になると固まってしまうという人もそれでは友達の輪は広がらないし、彼氏募集中なら、なおさらですよね。そこで今回は、私がオーストラリアのパーティーに参加していくうちに身につけた、初対面の男性と楽しく時間を過ごし、「また会ってほしい」と言われる女性になる4つの掟をご紹介したいと思います。

 

1:ありきたりな会話&相手を褒めるひと言で会話をスタート

パーティーに到着し、「どんな人がくるんだろう」と最初は緊張してしまいがち。そんなとき、オーストラリアではまず、「How are you?」と挨拶をかわし、簡単な自己紹介をします。

しかしまだ緊張がほどけず、なにを話したらいいかわからない。そんなときはまずベタにお天気やお仕事のことなどありきたりな質問で会話をはじめてみましょう。

そして次に大切なのが「相手のことをさりげなく褒めるひと言」。

これが相手との距離感をぐっと近づけてくれます。例えば、「そのネクタイ/ペン/腕時計/バック素敵ですね」など、持っている小物を褒めてみましょう。褒められて嫌な気がする人なんていません。これで相手と打ち解けて、その後も会話を楽しめるきっかけになります。

 

2:話させ役&聞き役で楽しい時間を

話が盛り上がってきて、自分のことばかり話していて、あなたは楽しくても相手は聞き飽きているかもしれません。

相手と壁を作らないように、自分のことを相手に伝えることは大切ですが、バランスがとれるように、話させ役(そのときどきに適度な質問をなげかける)と聞き役(うなずく、共感する)にまわることが大切です。とくに男性は、自分自身の話を初対面の女性にたくさんすることは、「彼女は僕のことをわかってくれている」という好感度アップにつながりますよ

 

3:適度な笑顔とボディーランゲージで

ここでひとつ覚えていて欲しいのが、どんなに会話の中身が良くても、ボディーランゲージが間違っていると、冷めたムードになっちゃうかも! ということ。ボディーランゲージは会話の9割を印象付ける大事なものなんですよ。

まず、当たり前のことですが、終始楽しんでいるということが相手に伝わるように笑顔を忘れないで。ただし下品な笑顔はNGです。

次に「適度なアイコンタクト」。相手の目をみつめすぎるのもいけませんが、全く見ないのも「この人は話を聞いてるのか?」と誤解されてしまいます。話をしっかり聞いているというのが伝わる程度に相手の目を見ましょう。

またこんなのはNGな態度!気をつけて。

食べ方が汚い。食べ物が口に入ってる状態で話したり、音を立てないように。
●座り方がよくない。猫背になっていないか。脚を開きすぎていないか。
髪や顔を触っている。無意識に髪の毛や顔を触らないように。

 

4:うちとけながら楽しむ&おもてなしを忘れずに

相手にたくさん自分のことを話してもらい、楽しい時間を過ごしたら、リラックスモードでうちとけた空間が生まれることでしょう。

そんなときこそ、女性としての「おもてなし心」をわすれずにいると、さらに印象アップ! 例えば、お箸、ナプキン、調味料などを、相手がほしいかなと思うタイミングでさりげなく渡したり、ビールをついであげるなど。気を配ることで、大人の女性らしさもアピールしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

まずは相手を褒めることで自然と楽しい会話をスタートし、自分のことを話しながらも、話しすぎることのないように、相手に質問をなげかけて、聞き役になる。終始笑顔でアイコンタクトをはじめボディーランゲージにも気をつけて。うちとけた楽しい時間を過ごしながら、おもてなしの心も忘れない。

そんな女性はどこにいたって、その場を明るくし、男性から「また会ってください」と次のお誘いがかかることでしょう。

 

photo by Pinterest

Airi

Airi

(海外在住ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ