恋愛

2015.07.07 UP

自分に合ったカラーで男性にアプローチ!「色彩心理学」で男を虜に


iStock_000055640682_Small

色には、相手に与える印象を左右する隠れたパワーがあります。これは、カラーセラピーや色彩心理学と呼ばれる分野です。

医師が白衣に身を包んでいるのも、シェフが白いコック服を着ているのも、清潔な印象を与えるためなのだそう。

色のチカラを借りて、さりげなく気になる男性にアプローチしてみませんか?

 

【ピンク】ハッピーで明るい自分を印象付ける!

iStock_000020913157_Small

若々しさと快活さをあわせ持つピンクは、定番の愛されカラー!

情熱を思い起こさせる色でもありますが、赤ほど自己主張が強くないので使いやすいはず。

 

パステル調の淡いピンク色を選んでみましょう。今年の流行色ストロベリーアイスのトップスやスカートなら、柔らかいフェミニンな魅力が伝わりそう。

また、ピンク×白は男性に好まれる組み合わせです。ベージュ系と合わせるとぼやけてしまうため、コーディネートの際には気を付けましょう。

 

【グレー】上品で知性のある女性を演出

Portrait of beautiful woman on autumn field

黒よりも穏やかなイメージのグレーは、クラシックで洗練された印象を与えることができる色。

単色だと弱いため、ファッションのベースカラーとして取り入れてはいかがでしょう?

 

今年のトレンドは、薄い色合いのグレイシャーグレー。どんな色ともケンカせずに馴染む色合いです。

グレイシャーグレーのワンピなら、緑やオレンジのカーディガンもしくはスカーフと合わせてみては。

明るい色をプラスすることで、親しみやすい印象を与えられそうです。

 

【ネイビーブルー】さりげなく目立ちたいなら!

iStock_000062408346_Small

婚活パーティーや合コンなど、競争相手が多い場面で目立つのはどんな色でしょうか。

さりげなく周囲の女性に差をつけるなら、ネイビーがおすすめです。

相手に信頼感を与え、落ち着きのある女性を演出できます。大人の女性の魅力をアピールしてみましょう!

 

今年のブルーの旬色は、元気いっぱいのスキューバブルーに優しい印象のアクアマリンです。

デートまで漕ぎつけたら、明るいブルーで少し冒険してみるのもよさそう。

色のチカラを味方にして、ファッションも恋愛もとことん楽しみましょう!

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ