恋愛

2013.12.12 UP

結婚前の女性が知っておきたい!結婚しても離婚してしまうワケ


38d7f773a9a2550089d1b3bca277adc1

人はなぜ離婚するのか? 3組に1組の割合で離婚しているとか、*分に1組の割合で離婚しているという報道を見聞きすると「あたしも離婚しないと、トレンディーじゃなくなるわ」と思うから、離婚するのか? なんなのか?

 

人は成長すると、見えている景色がこれまでと違って見える。成長した男が見ている景色と、女性が見ている景色は、たぶん違うものだ。

男女そろって、一緒に成長していければいいのだと思うけど、なかなかそうはいかない。女性のほうが、付き合った当初のままの頭でいることもあるし、女性のほうが先に成長してゆくこともあるし、なかなか「夫婦で手をつないでラブラブで一緒に成長する」なんてことにはならない。しょせん他人どうしが結婚するんだから……と、世間でよく言われるゆえんもこのへんにあるのかな。

 

片方が先に成長したら、成長したほうはパートナー以外の人を好きになる。成長したじぶんを十分に認め、受け入れてくれる相手と時間を過ごしたり、肌を重ね合わせたりしたほうが居心地がいいから。

 

人はそれを浮気とか不倫とかと呼ぶ。

 

浮気や不倫を肯定するわけではないけれど、成長した人を、あるいは、もっと成長しようと必死になっている人の頭を「元の場所にいなさい」と、押さえつけてしまうのも、どうなのかなと思う。

頭を押さえつけることと、浮気や不倫をすること、どちらが罪深いことなのか? 浮気や不倫は凸が凹に出たり入ったりするのが目に見えるから「悪い」と断定できるのか?

頭を押さえつけられるというのは、ただの比喩だから、精神的苦痛だけを与え続けるのは悪くないのか? それは陰湿ないじめとどうちがうのか?

 

愛する者が、おなじ景色におなじように心を動かすことができるときは、本当に短い。愛し合う者は、たとえおなじベッドで目覚めても、それぞれの場所で、それぞれのことをやりながら時を過ごし、夜、おなじ屋根の下に帰ってくる。当然、成長するスピードがちがってくる。成長しない男もいれば、退化する男もいる。いずれにしても、愛に溝が生まれる。

 

成長するスピード(あるいは退化するスピード)は、個人の性(さが)だから、つまり個性だから、スピードがちがうことを他人はどうすることもできない。足が不自由な者に「はやく歩け」とは誰も言わないように、成長のスピードがちがう者を怒ったり罵ったりするのも、お門違いだろう。

だから、愛し合う者たちは、いつしか静かに背を向け、言葉少なく離れゆくのかもしれない。

 

photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ