恋愛

2015.03.29 UP

男女の恋はトキメキではなく、結婚のための「通過儀礼」?


iStock_000032250440_Small

桜の開花宣言が気になる、この時季。

「この春こそは、ときめく異性に恋するぞ!」と思っている人も少なくないのでは?

 

しかし現実には、日常生活の中でときめくことはとても少ないと感じます。

実は「女性はときめきにくい」ことが、調査でも明らかになりました。

この春、ときめく恋はできないのでしょうか?

 

男性の方が乙女だった!?

iStock_000027855274_Small

婚活サービス「エキサイト恋愛結婚」を運営するエキサイト株式会社が「外出中、素敵な異性にときめくこと」についての意識調査を行いました。

調査では、男女のときめきに対する違いが明らかになりました。

 

「外出中、素敵な異性にときめくことは?」との質問に対し、「しょっちゅうある」と答えた男性が20%を超えたのに対して、女性は5%未満。

一方「めったにない」と答えた男性が20%未満なのに対して、女性は50%を超えていました。

 

「ときめく」というフレーズは限りなく乙女チックなのにも関わらず、肝心の乙女たちはめったにときめいたりしない模様

 

みなさんはいかがでしょうか? 最近、ときめくことはありましたか?

 

男女のときめき観には、温度差がありすぎる・・・!

iStock_000045810978_Small

辞書で「ときめく」の意味を調べると「喜びや期待などで胸がどきどきする。心が躍る。」とあります。

 

ところが妙齢のアラサーにもなると、「恋=心が躍り、胸がドキドキすること」というよりは「恋=結婚する前の通過儀礼」となってしまうのでしょうか。

必ずしも全てのアラサー女性が恋から結婚を望んでいるわけではありませんが、純粋に恋を楽しめなくなっていたりしませんか?

 

アンケートで興味深かったのは、男性陣のコメントです。「しょっちゅうある」と解答した46才 男性のコメントには、

ときめかなくなったら、人生も終わりに近い。

とありました。

 

これでは女性の半数は「人生も終わりに近い」ことになってしまいます

この温度差といったら、もうっ!

 

男性がみな同じように感じているわけではないとは思いますが、純粋というか単純というか、女性にはちょっとない感覚ではないでしょうか。

 

昔は「カッコいい」だけでときめいたのに・・・!

iStock_000017648125_Small

男性は、異性の容姿に魅力を感じる傾向があります。

男性にとって女性の価値は、太古から魅力あるメスかどうかということ。

 

もちろん性格も大切なポイントですが、ときめきの要素としては少し弱い印象です。

潜在的に性的な魅力に惹かれてしまうのは、抗えない男性の本能なのでしょう。

 

一方、女性が男性に対して感じる魅力は、外見だけではありません。

性格はもちろん、経済力や行動力など、自分の恋心にはさまざまな要因があります。

単純に「かっこいい」だけではときめかないのです。

 

ん? でも子どもの頃は、単純にカッコいいことが全てだった気もします。

戻りたいような、戻りたくないような……。

 

テクニックと引き換えに失った「ときめき」

iStock_000005903146_Small

胸がときめくとホルモンが分泌して、若返りの効果があるとも言われるそうです。

最近は、「ときめくためのハウツー」も出ていますよね。

でも、ときめきは本能的な衝動なのでコントロールができない感情です。

 

年齢を重ねるにつれ、わたしたち女性は本能よりも理性で恋をするようになります。

本能に身を任せていては、自分を守ることができないから。傷つくことは怖いから

だから傷つかないように、恋の駆け引きやテクニックだけは上手くなったりして。

 

それはきっと間違っていないけれど「ときめかなくなったら、人生も終わりに近い」なんて言えるほど、ときめいている男性のこともちょっぴり羨ましいですね。

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ