恋愛

2015.02.20 UP

恋愛が面倒なアラサーの特効薬!テラスハウスに学ぶ恋の始め方


Young couple holding glasses with champagne and woman looking at

海の見えるシェアハウスに暮らす男女6人のリアルな恋愛を記録した『テラスハウス』。

2012年10月にスタートし、総勢22名の若者が台本のない日々を駆け抜け、2014年9月に終了したテレビドキュメンタリー。

 

なかでも、「てっちゃん」こと菅谷哲也は、最初から最後までテラスハウスに住み続け、2年間で幾度もの失恋に落ちのめされながら、決して恋することをやめようとはしませんでした。

 

そんなテラスハウスが、映画となって2月14日から劇場公開されています。

「てっちゃん」の新しい恋もスタート!

 

このテラスハウス、最近なんだか恋愛が面倒になってきたというアラサーのあなたの特効薬になるかもしれません。

 

7割の男女に恋人がいない一方で・・・

スクリーンショット 2015-02-16 12.53.56

Photo by TERRACE HOUSE

ある雑誌の調査によると、22歳〜35歳の500人のうち、男性の68%、女性の71%に現在恋人がいないことが分かりました。

出会うために努力をしている男女も30%以下と、非常に少ない。

 

みんな、出会いたいけど、一歩を踏み出すのが面倒くさいようです。

 

ただ、FacebookなどのSNSによる出会いは30%もあるのが事実。

みんな恋愛にコスパを求めるようになっているのかもしれません。

 

恋じゃなくてもいい、「キュン」とすることから始めよう

劇場版「テラスハウス」の予告での、「てっちゃん」の表情。

 

まさに扉の向こうにいる相手にキュンとしている瞬間です。

すごくいい顔をしていますよね。

 

でも、「てっちゃん」の恋は、いつも悲しい結果に終わってしまいます。

それは、もしかしたら男女の恋に対する脳の違いにあるのかもしれません。

 

男性は、視覚的に女性を選ぶ一方で、女性は直感的に男性を選ぶ脳の構造になっているそう。

 

もしかすると、「てっちゃん」は見た目だけで、恋している気分になっていただけなのかもしれません。

 

キュンとした恋は、あなたの本能が求めている恋

iStock_000018972151_Small

でも、女性は違います。

キュンとすることは、己の本能に正直になっている証拠なのです。

つまり、頭でウダウダ考えるのではなく、本能的にあなたに必要な人を見つけたのかもしれません。 

 

iStock_000057380324_Small

あなたは最近、キュンとした瞬間がありましたか?

その出会いは、ホンモノの恋かもしれません。

 

「面倒だ」とか「断られるのが嫌」だとか、ウダウダ言ってないで、恋の第一歩を踏み出してください。

その方法は連絡先を交換することかもしれないし、食事に誘うことかもしれません。

 

とにかく、あなたから第一歩を踏み出すこと

女性からのアプローチを断る男性なんていないのですから。

hiroe

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ