恋愛

2015.03.06 UP

恋愛をするのは面倒だけど、将来誰かと生きていきたい女性必見!


iStock_000022695660_Small

昔は恋愛が楽しかったけれど、いまはイチから恋愛をするのが面倒になった」というのは、よく聞く話。

ひとりでいる方がラク、恋は面倒……などと言っては、「キレイ」がどんどん遠ざかってしまいます。

恋愛には、どんなに高価な化粧品でも叶わない、私たちをキレイにしてくれるパワーがあるのです!

 

でも、どうやって重い腰を上げるべき?

いますぐ考えたい3つの思考ポイントをご紹介しましょう。

 

【無条件に好きになった彼】初恋を思い出してみて

First School love
純粋だった幼稚園や小学生の頃には、「スポーツが上手」「ハンサム」「クラスの人気者」というような単純な理由で、男の子を好きになった記憶がありませんか?

その純粋な気持ちこそが大切なんです。

 

たくさんの恋を重ねると、打算的な気持ちが芽生えたり、自分の気持ちよりも「条件」を優先する考え方が浸透しやすくなります。

でも、恋愛って、動物的な本能をつかさどる「古い脳」のほうで感じる、いたって衝動的なもの。

 

iStock_000055194460_Small

人間は、初めて出会った異性を、0.5秒の間に「好き」か「嫌い」かを判断するそうです。

本能の赴くままに恋をしていた頃、どんなタイプの男の子が好きだったのか、思い出してみましょう。

自然と「純粋な恋がしたい」という気持ちが芽生えてくるでしょう。

 

恋愛や結婚の「メリット」を、結婚している人に尋ねて

Woman admiring sunset from mountain top

ひとりでいるのを気楽に感じるのは、きっとあなたには経済力があるからでしょう。

 

ご存じの通り、昔の女性は男性に養ってもらうのが一般的でした。

いまは女性も男性並みに稼ぐ時代なので、恋人がいなくても経済的に困る状況に陥ることは、そう多くはありません。

 

でも、仕事で疲れた心身は、エステやジュエリーでは満たせないこともあります。

幸せな恋愛や結婚生活を謳歌している友達に、いま一度、恋や結婚のメリットを尋ねてみると、なにかインスピレーションが生まれるかもしれませんよ。

 

50代も、60代も、ひとりで生きていく自信はある?

S

恋はいくつになってもできるけれど、女性は年齢を重ねるにつれてパートナーを見つけることが難しくなります。

これからの人生をひとりで生きていくのか、誰かと一緒に生きていきたいのか」 後悔しないためにも、長い目で見る人生のプランは必要不可欠です。

 

「恋をするのは面倒だけど、将来的には誰かと生きていきたい」

そんな気持ちがある人は、多少煩わしかろうと、行動に移すべきでしょう。

 

恋愛も、仕事での昇格も、努力なしには実らないものです。

いい恋愛は、美容にも健康にもよいだけでなく、わたしたちを「幸せ」に導いてくれることは、多くの研究でも証明済みです。

今よりもっとハッピーな人生を目指すなら、燃え上がるような恋にもう一度チャレンジしてみるのも悪くないかもしれませんよ。

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ