恋愛

2015.02.03 UP

不可能な恋を可能にする ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック


Y

恋愛に使える心理学としてご紹介したいのが、こちら「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」です。

 

みなさんは、彼女がいる男性を好きになってしまった経験はありませんか?

この場合、かなり自分に自信がある女性でない限り、「諦めよう」と引いてしまうのではないでしょうか。

 

でも結局、諦めることもできず、次の恋にも進めず、立ち往生している人が多いのも事実。

そんな、ちょっと自分には手が届きそうにない恋を、グッと引き寄せるための「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」というものがあります。

 

出だしのハードルを高くせよ

Businesswoman watching a grey wall with the sky in background

「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」は、もともと営業で使われてきたテクニックです。

最初に門前払いされるくらいの高い要求を出し、その後にぐっと要求を下げることで、相手に要求を受け入れやすくさせるという方法です。

 

例えば、知り合って間もない彼との距離をもっと縮めたいと思っているときに、みなさんはどのように彼を誘いますか?

しかもその彼には、彼女がいることが分かっています。

誘いにくいことこの上ない状況です。

 

地道にアピールしていくという手もありますが、ただ待っているだけでは、彼からの誘いはいつになるかわかりませんし、誘われるという保障もありません。

 

もちろん「飲みに行きませんか?」という順当な誘い方もあるでしょう。

しかし、これで断られてしまうと、その後の可能性はほとんど閉ざされてしまいます。

 

思い切って、意中の彼にストーレートに告白してみる

Y

そこで思い切って「付き合ってください」と告白してみるのです。

彼はまだあなたのことを好きかどうかわかりませんし、そもそも彼女がいるのですから、断られる可能性が高いでしょう。

 

そこで困惑する彼に「じゃあ飲みに行くだけでも、付き合ってもらえませんか」と誘ってみます。

 

この流れで断る男性は、おそらく半沢直樹だけです

ほとんどの男性は、告白を断ってしまった罪悪感から、飲みに行くくらいなら付き合ってあげなくては、という気持ちを抱くはずです。

 

このように、次点に本命の要求を出すのがポイントです。

もちろんその先に彼女になることを目指すわけですが、まずは彼に自分の存在をアピールしたいときに効果的な方法です。

 

ただし気をつけたいのは「2番目でもいいから、彼女にしてください」などと、本来の目的を忘れて自ら二股を容認するような提案をすることです。

 

こんな提案をしたが、最後。

都合よく利用されてしまうことにもなりかねません。

いくら彼と近づきたいからといって、自分を安売りするようなことはやめましょう。

 

間逆のテクニック「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」とは

imasia_12702746_S

「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の間逆の法則として知られる「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」についても少し触れたいと思います。

こちらは逆に徐々に要求を上げていくテクニックで、最初に小さな要求を出し相手の警戒心を解くことで、次の大きな要求を通しやすくするという方法です。

 

この方法はヒモとよばれる人たちの常套手段です。

彼らは、最初は100円のジュースから始まり、徐々に金額を吊り上げていくことで、働かずとも生活できる環境を手に入れます。

 

女性でも、彼に徐々におねだりする品を高額にしていくというケースは良くありますよね。

 

心理学を使いこなす大人の女を目指せ

two beautiful young women

心理学なんて堅苦しい、と思うかもしれませんが、恋愛はまさに心が動くかどうかが鍵。

もし彼の心が動いたらうれしいですよね。

ただ相手の反応も見ずに、小手先のテクニックとして心理学を使うのはどうでしょう。

心理学の法則に振り回されるのではなく、法則を使いこなしてこそ大人の女性です。

 

ふとした時に思い出す、知識のポケットに入れておくくらいが、丁度良いのかもしれませんね。

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ