恋愛

2015.01.09 UP

脈あり!恋愛に発展!~狙ったオトコに99%告白させるテク~


141204_mimi_jp_238

 

恋愛に発展する脈があるのかないのか不安…

告白はやっぱり男性にして欲しいもの。

先に告白したほうが、付き合い後の主導権を握る」などとも言われていますし、オトコは自分が追いかけたい生き物。

追いかけて手に入れたものは大事にします。

 

どんなに好きな彼でも、やっぱり相手から告白して欲しいですよね。

そこで、今回は彼の方から告白テクニックをご紹介します。

 

 さりげなく「好き」を匂わせる

11892_shop1_615043

お誕生日やクリスマス、お正月などのイベントに「この子俺のこと好きなのかな?」と思わせるメールやLINEを打ちます。

でも注意して。ポイントは「好きかな」ですので、お誕生日になった瞬間の午前0時にメールを送ったりはNGです。

あからさまに好きを出さないことがコツ。

 

私の必殺技を2つ紹介しましょう。実際にこれで成功したことが何度もあります。

 

その1: 相手の「好きかも」を感じたら「私も」

353f06a03724b23a38b707d56b39b80e

その向こうが「好きだなあ、そいういうところが」と好きを匂わせて来たらこちらもすかさず「私も好きかも」。

「また会いたいな」には「私も」。

 

はっきり言わないところがポイントです

「かも」を絶対忘れないで。

 

ほんの少し目をみて、すぐに視線をそらす

4a23455c7decb89da1bfa2e530362fb2 2

二秒間目を見て、そっと視線を外す。

あまり長い時間見つめているのは不自然です。

 

しかしこれは「どこを見てるんだろ?え、俺のこと見てる?」と「何かあるのかな?それとも深い意味が……」の絶妙な間合いを作り出します

それが、この二秒。いちばん効果的なタイムです。

 

それを何度か繰り返します。

「やけに目が合うなあ」と思わせる。

そのなんだかかよくわからないことが相手の興味をひき、それどころか「気になってしょうがない」のところまで持っていくことができます。

 

さりげないボディタッチ

a46cd652d03f1f53a6202e8ee833e20b-2

鉄板ですが、かなり効果が。

手からはパワーが出ていると言われますが、確かに触れた瞬間ドキっとしますよね。

 

恋愛感情に刺激が与えられるということなんですね。

そして、これで脈があるかどうかも分かります

 

タッチしたその瞬間の彼の表情を見逃さないで。

いやな顔をしなければ脈あり

身体に触れることは本能に直結していますので、とっさにいやな表情や、まんざらでもない表情は出てしまいます。

 

さりげなく、席を立つときに「ちょっとごめんね」と狭そうに。

「腕にほこりがついてるよ」と二の腕をさわる。

ボディタッチと言っても「笑いながら叩く」のはおばさんぽいので、あくまで自然に。

 

大事な話をするときに、肩などをポンとたたいて話に入るのと、何もせずに話に入るのと、どちらを真剣に聞くでしょう?

このことから、「触れること」は重大な意味を持つと言えますよね。

 

頻繁に会う機会を増やす

3b80be20bb0836d866ede491411271d9

意中の相手が会社の同僚なら、通勤時間を合わせてみて

同じ時間の同じ車両なんて、自然ですね。

 

または、ふだん彼がよく行くスポットへ足を運びましょう。

「顔を合わせる回数が増えると、好感度が増す」といういわゆる単純接触の原理の法則ですが、こればかりではワンパターン。

行くだろうと思われていたその日に姿を現さない。

1週間ほど、ぷっつりと行かなくなる。

ランダムに現れたり、などのバリエーションを。

 

人間は予想のつかないことに心を乱されます。

この心の乱れで印象付けましょう。

 

1e08bdcfb18f24ce61be3ea013417d4f

いかがでしたか?

告白させる一番のポイントは「あの子は俺を好きだと確信しているのだけれど、絶対告白してこないので、たまらず自分のほうから告白してしまった」というシチュエーションが最善です。

 

男性ならなおさら自分が努力して得たものは大事にします。

言葉は悪いですが、ぜひ告白させて「主導権を彼が握っている」気分にさせ、実際はあなたが手のひらの上で転がしましょう。

それが賢いオンナのやり方ではありませんか?

 

Photo by Pintrest

たえなかすず

たえなか すず

(歌人/ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ