恋愛

2013.10.27 UP

あなたの『恋愛の息抜き』の方法、本当にそれであってる?【後編】


lgf01a201309251100

完全に息抜きするには、自分から逃げることが大事

結局、恋愛ってなぜ疲れるかというと、相手に疲れるわけでも、恋愛と言う概念そのものに疲れるわけでもなく、恋愛に振り回される自分自身に疲れてしまうのです。

怒ったり、泣いたり、悩んだり元気になったり……。

だから息抜きをするには、彼から距離を置くのではなく、『自分』から距離を置いてあげる必要があるのです。

 

イメチェンはちょっと危険な行為?

そういう意味では、イメチェンもちょっと危険。

髪の毛を切って、オシャレな服を買って、新しいメイクにチャレンジして、ネイルサロンや時にはエステなんかにも行っちゃう。

鏡の中の自分を見て、「まあ、なんて素敵なの!」とため息をつくかもしれません。ここまではいいでしょう。

失恋をしたときにイメチェンは気分が変わっていいのですが、そうではなく、一方的に「ちょっと恋愛から置こう」と考えている方にとってはこれは危険。

あまりにも美しくなってしまった自分に

「こんな風に変わった私を見たら、彼は私のことを惚れ直すかもしれない!」

なんて考えてしまうからです。

 

それでは息抜きの意味がありません。ですから私は、恋愛で息抜きをしたくなったときは、むしろブスになれと言いたいです。

ノーメイク、肌も爪もボロボロ、髪はバサバサ。服もセンスがなく、ぼろ雑巾のよう。

「ふふん、今会おうといわれてもこれじゃあ絶対に会えないんだからね、ざまあみろ」と、勝利の笑みを浮かべて日々を過ごします。

このように、いつも全身全霊の力を込めてがんばっていた恋愛熱を物理的にそがせて、自分を休ませてあげるのです。

 もはや自分はいらないかもしれない>>

メルヘン 可憐子

メルヘン可憐子

(コラムニスト/エッセイスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ