恋愛

2013.09.28 UP

失恋したら他の男に頼っちゃえ!恋愛上手な女性の「うまい時間の使い方」とは?


5281274624_4a148db218_b

あなたの時間は有限なのである

こんな話をすると、「あなたって男らしいのね」とよく言われ、若干女性には引かれてしまうことになるのですが、それでもあえて私は言います。

それは、「私たちの時間は有限である」ということです。世の中って、不公平なことが多いですよね。生まれつき美人だったり、頭が良かったり、裕福な家庭だったり。人間皆平等なんて、いったい誰が教えたのか、本当に疑問に思ってしまいますよね。

でも、神様がひとつだけ、皆に対して等しく与えたものがあるのです。それは、時間の流れる速さです。その時間の中でどれだけ生きることができるか、ということも、私たちは自分で選ぶことはできませんが、でも今日という24時間は、皆に等しく与えられています。ひとりだけ20時間だったり、30時間だったりすることはありません。

 

男に傷つけられた傷は、男でないと埋められない

さて、ここで本題に入ります。たとえば失恋をしたとします。それはとても、悲しいことです。ハタから見れば「たかが失恋で」なんて言われてしまいますが、当事者は胸が張り裂けそうな気持ちで、何も手につかない心境です。

失恋したら、飲んで歌って踊れ、なんて言いますが、確かにそれは一時的にはスッキリとする方法かもしれませんが、心にぽっかり空いた穴はなかなか塞いでくれません。「そのぶん仕事を頑張ればいいじゃん!」と言ってくる人もいますが、それは理想論で、なかなかうまくはいかないものです。

それができたらどんなに幸せか……。

だから女性には、「男に傷つけられた傷は、男でないと埋められない」―こんなこともあると思うのです。

そこで、その失恋のショックから寂しさを埋めるために、そこまで好きではない男に甘えてダラダラと過ごす女性たちがいます。私はそのこと自体は別に悪いことではないと思っています。

使えるものはなんでも使う、というのは悪いことではないのです。それができるだけのあなたの人脈は、むしろ素晴らしいことだと思うのです。

 

恋愛ごっこは別にいらないや

もし男性の中でそれを批判する方がいらっしゃるなら、そういうあなたはそんな女性に引っかからなければよいだけの話なのです。それを「失恋して弱っている女性は落としやすい」などという風説を鵜呑みにして、優しくした挙句ポイされても、文句を言う筋合いはないと思うのです。

失恋した女性って、なんだかんだいって元彼に未練タラタラですもの。なかなかそこをパクっといくのは、世間で言われてるほどカンタンなことではないと思います。

でも女性としてマズいのは、失恋のショックから立ち直ったのにもかかわらず、相変わらずズルズルしているということ。挙句の果てに、なぜかその寂しさを埋めるための役割だった人にハマってしまっては、もうどうしようもありません。それはただの恋愛依存です。

 

小賢しくも、最小限のダメージで生きていく、大人の生き方とは?

私にも、昔はそういう時期がないこともなかったのですが、ある日不意に「もういいかな。だって私、この人と付き合いたいわけじゃないし、恋愛ごっこは別にいらないや。それより時間がもったいないから、そのぶん仕事しよう」などと焦り始め、急に冒頭に話したような時間の概念が芽生えたのです。

今でもあの時間はもったいないと思っていますが、でもそのおかげで私は元気になれたのだから、励ましてくれて遊んでくれた彼には感謝しなければなりませんね。

失恋は、心に大きな傷をつくる。その心の傷を癒すために、言い方は悪いですが「利用すること」も、相手が了承しているならヨシとして良いのだと思います。そのおかげで傷は早く癒える。でもそうしたらもう、あなたに立ち止っている暇はないのです。

目の前を見て、自分の未来ともう一度向かいあいましょう。それが小賢しくも、最小限のダメージで生きていく、大人の生き方だと思うのです。

 

Photo By jinterwas

メルヘン 可憐子

メルヘン可憐子

(コラムニスト/エッセイスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ