ハピネス

2014.06.09 UP

避妊先進国「バリ島」に学ぶ、セックスの「ちゃんとした避妊法」


672f9abadd112c75d752587f10525b34

突然ですが、みなさん、避妊してますか?

いえいえ、エロネタではありません。アンジーではエロネタを封印しておりますので、書きたくても書けません。そういうことではなくて、避妊です、ひ・に・ん。

 

私の住むバリ島では、避妊について女性がとてもオープン。ちょっとしたご近所さんとの会話でも、避妊法がしょっちゅう話題に上るほどにポピュラー。女性たちの避妊に対する意識はとても高く、そんな避妊法聞いたことないというものまで。

なぜバリ島では、それほどまでに避妊法が多様なのか、その理由はバリ島のお国事情が関係しています。

 

インドネシアでは中絶は禁止

バリ島を含むインドネシアでは、中絶は法律で禁止されています。レイプなどの特別な場合を除けば「妊娠したら産む」これが鉄則

望まない妊娠を避けるためには、女性自身がしっかり避妊を考えることは当たり前という文化が根付いています。

今回は日本ではあまり知られていない、バリ島の避妊事情について紹介したいと思います。

 

あなたは試したことがある?バリ島の避妊方法一挙紹介

・ピル

日本でも避妊方法として定着してきた方法です。

女性ホルモンを含む錠剤を毎日決まった時間に服用する*ことで、高い避妊効果が得られます。

低容量ピルの服用が一般的で、副作用などもほとんど無いことから、バリ島でもポピュラーな避妊法のひとつです。ただし授乳中の人や、内科的疾患のある人、喫煙習慣のある人には、処方しないことが原則になっています。

*ピルの種類によって服用方法が異なります。

 

ピルには避妊の他にも女性に嬉しい働きがあります。詳しくはこちらの記事をチェック!

専門家が明かす!ピル服用にかんするホントのこと

 

・IUD

子宮内に避妊具を挿入して、卵子が着床しにくい環境にすることで避妊する方法です。

IUD挿入に適しているのは、分娩経験がある人で、子宮筋腫や子宮の形状に異常がない人とされています。一度、挿入すると5年程度効果が持続します

副作用として生理痛がひどくなったり、月経血が増加することがあるため、この症状を軽減させるためにホルモンを付加したIUSも登場しました。ただ高額なため、あまり普及していないようです。

 

・避妊注射

日本ではほとんど知られていないと思いますが、バリ島ではとてもポピュラーな避妊法です。

黄体ホルモンを一回の注射すると、約3ヶ月間、避妊効果が得られます。ピルと同じく内科的疾患がある人、ホルモン性の疾患で治療注射、既往のある人には原則処方されません。

 

・インプラント

腕の皮下にマッチ棒のような形状のホルモン放出材を埋め込み、妊娠に近い状態を作り避妊する方法です。

インドネシアでは試験段階ですが、アメリカでは10年以上前から使用されている避妊法のようです。一度、埋め込むと2~3年間効果が持続します。埋め込みと除去に簡単な手術が必要になること、頭痛や体重増加などの副作用があることなどがデメリット。

 

・コンドーム

一応、あります、コンドーム。

でも使用している人はとても少ない印象です。ただコンドーム以外で性感染症を防ぐ方法はないので、今後はコンドームの有効性も見直されていくと思います。

 

望まない妊娠で傷つくのは、いつも女性

バリ島に移住当初のこと、数回しか会ったことのない近所のおばさんに「どんな避妊具使ってるの?」と聞かれて、なんてエロ婆ぁなんだと面くらいました。今になって考えると、先進国にっぽんの避妊事情に興味があったのかもしれません。

ただ残念ながら、日本は避妊に関しては遅れている印象です。もし望まない妊娠をしたら、みなさんはどうしますか?

結婚? シングルマザー? 中絶?

 

選択肢は豊富だけれど、いずれの選択も、女性にとって大きな決断であることに変わりはありません。

避妊することはパートナーとのセックスが前提になるので、日本ではこのあたりの話題はタブー視されていると思います。

でも「望まない妊娠で傷つくのは、いつも女性」です。使い古された言葉ですが、それは今も昔も変わらない事実。自分のことを守るためにも、真剣に避妊のこと考えてみませんか?

 

Photo by Pinterest

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ