恋愛

2014.03.31 UP

編集部おすすめ

気になる彼を「ほぼ確実に」落とす「いやらしくない」方法


リビドー 

恋愛とは、極めて個人的なコトなので、雑誌やWebなどで紹介されている「モテメイク」や「モテファッション」などの恋愛テクニックは通用することもあれば、通用しないこともあります。

この2年半ほど、毎日のように恋愛コラムを書いてきて(調べて書く!)わかったことと言えば、『香り』を活用したテクニックは、男性をメロメロにする可能性が非常に高いということ。

『メイク』や『ファッション』などの見た目よりも、速効性が期待できそうです。

 

『香り』に関しては、いくつもの機関が科学的に研究しており、難しい研究結果を私たち素人にも簡単にわかるように紹介してくれているコラムがWeb上にたくさんあります。

たとえば、人が感じる味覚の主な種類は10種類もないと言われているものの(甘い・酸っぱい・辛い・にがい・しょっぱいなど10種類もない)、鼻はその何倍もの香りの種類を嗅ぎ分けることができるとのことです。

 

また、心理学的には、人はにおいによって恋人候補を決めているとか、香りによって心を許す相手を潜在的に選んでいると言われています。

 

たとえば、意中の彼の部屋に初めて入ったときに「この部屋のにおい、なんか違うな」と思ったことがある女性もいるでしょう。

あるいは彼とキスしたときに、ほのかに香ってくる彼の香りにリビドー(精神分析でも使われる用語で、“本能的なエネルギー”とか“性衝動”というニュアンスの言葉)を抑えきれず、思わずベッドに……ということを経験した女性もいると思います。

 

日本では、そんなリビドー(性衝動)という言葉そのものの「リビドー ロゼ」という名のベッド専用香水が、なんとたった3年間で通販のみで累計14万本以上(!)も売れていたりします。

まずは実際にこのベッド専用香水を使った女性の体験談をご紹介します。

 

なんとなくマンネリかな……と感じていた時にたまたま「リビドー」を見つけました。体験談を読みながら、ありえないでしょー! とか思いながら半信半疑で気になったので「リビドー」を買いました。

買ってから2週間後くらいに、やっと彼に会えることに! 髪と太ももの内側と胸元に少しだけかけてドキドキしながら会い、食事をしてホテルへ……。

ドアを入り靴を脱ぐと後ろから抱きしめられ「香水変えた? いい匂い」といいながら全身の匂いを嗅がれ、信じられないくらいに興奮した彼が「この匂いやばい。興奮する」と何度も何度も求めてくれて幸せな日になりました。(後略)>(さーやんさん/26歳/保育士)

 

<「リビドー」の初めての使用は、彼とのお泊まりデート。胸のあたりに吹きかけました。

爽やかで甘過ぎず、セクシーな香り。かなり私好みの香りで、驚きました。

いい雰囲気になった時に、彼が、「今日の香り、いつもと違うね。すごくそそられる」と言いながらキス。私は、彼のその言葉と、自分から発せられるリビドーロゼの香りに興奮して、……(中略)……。

これ以降も、彼と過ごす時にリビドーロゼを付けると、とても積極的になれて激しく求め合えます。香水としても、非常にクオリティーが高いと思います。

十数年ぶりに出会えた私好みの香り。リピートすること間違いなしです!>(ポールさん/31歳/会社員)

 

これらは、ベッド専用香水「リビドーロゼ」のWebページから抜粋したものですが、心理学者・岸田秀氏が「人は本能が壊れた生き物である」と言っているように、『香り』の力を借りて意図的に気になる彼の壊れた本能を刺激すれば、恋愛において「得たい成果」を比較的簡単に手にすることができると言えます。

 リビドー2

あなたの壊れたリビドー(本能的なエネルギー)は、インターネットでのみ購入することができます。

「リビドー ロゼ」をうまく活用することは、科学的、心理学的に見ても、意中の彼をほぼ自然に落とす「無理のない正しいアプローチ」と言えるのではないかと思いますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

※ 本能を刺激する「オトナ」の香り『リビドーロゼ』の秘密とは?

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


ページの先頭へ