恋愛

2014.04.04 UP

「エッチなお姉さんは好きですか?」年上彼女はエロくあれ


lgf01d201402102300

年下男性と付き合っているとよく言われる「もっとエロくなって」。冗談なのか本気なのかちょっとわかりませんよね。

 

たしかに、年下に限らずエロい彼女がいいなと思っている男性はいます。ものすごいテクニシャンだったり、とつぜん発情して襲ってきたり……そんな女性を。

性に積極的な女性に憧れる男性は多いのでしょうけれど、これは妄想というより願望。AVの見すぎで、「あーいいなー、あんなふうなことしたいなー、されたいなー」と単純に思っているだけ。

その場でそう思うだけです。そこまで自分の彼女に激エロを望む彼はいないでしょう。

 

 

なぜなら、「自分の彼女は普通でいい」と思っています。むしろ普通が当たり前だと。いまだに「はしたない女の子はダメ」と思っている男性は多いです。

愛しているなら、キャパシティ以上のことを強要しません。なので憧れのエッチな年上お姉さんは、真剣交際したい女性の話ではなくて「そういうお姉さんと遊びたいな」という欲望の話。

 

実際、彼女がガラッと変わってエッチなオーラガンガンになっていたら、あんた逆に引くでしょ、と声を大にして言いたいです。

だからこれは男の戯れ言。言われたら笑顔でスルーしましょう。

 

以前、年下の男性と交際したとき、やはり言われたことがありました。その理由は、マンネリ化

それと、彼は本気ではなかったのだと、今思います。言われたときちょっとショックでした。ということは……何回も何回も言われるなら、本命じゃないかも。恐ろしいです。

 

「エロい」とは

大人の清純さと、大人の妖艶さとの相互作用。その両方を出したり引っ込めたりがいいのです。

年がら年中エロさ全開の女性や、露出のすごい人がエロさをアピールしても感動はありません。

なんか、エロって慣れちゃうんですよね。清純な人、真面目な人のエロティシズムは感動します。

 

よく言われる「○○ちゃんってエロいよね~」

え~」なんて喜んではいけませんよ。それは“フーゾクのお姉さん”へ向けたほめ言葉。または下心があるから言うのでしょう。普通の関係では言わない言葉です。

 

私もかつて言われて喜んだこともありますが、よく考えたら……「他にほめどころがなかった」。

 

なんだかんだでギャップは重要

ギャップとは、プラスとマイナスの差が大きいほど印象に残るという心理効果。普段は聖女、そのときだけ大胆になればいい。

ですから「普段からエロくなって」と言われるがままに……だと、彼の言葉をうのみにするつまらなさで、面白みに欠けます。ギャップもなくなりますし。

 

年上女性が全員エロいわけじゃないってば!

この「年上の女性、熟女はエロい」妄想、ホント疲れる。

経験豊富で、なんでも(エロな)希望を聞いてくれて……って人それぞれなんですけど。

もしかすると「やさしさと癒しがほしい」の別表現なのかな?

そう考えれば疲れないかも。安心感があってこそ、言えることなんでしょうけど、そんなことを言ってくる男性は少し幼い気がします。

 

エロさ加減はお付き合いに重要な項目ですが、精神的な結びつきお互いの人間性の尊重も同じように重要です。

この発言は話半分で聞いてあげて、少々頑張るのがいいでしょうね。

 

肌ふれてこころにはしるさざなみの性欲あらば恋と呼ぶべし     ※ 荻原裕幸『甘藍派宣言』(書肆季節社)1990

性欲がないと恋愛じゃないのはわかってる。触れられて、感じたさざなみを恋と思うのは女。

さざなみを性欲と思うのは、男。

性欲と恋心、おんなじくらいあるならいいの。性欲に詩情があればいいの。

 

関連記事:「年下男と姉さん女房」は男女両方にメリットあり!意外な理由?

phot by 霖霖七

たえなかすず

たえなか すず

(歌人/ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ