恋愛

2014.03.05 UP

不倫は必要悪であり、理想の相手と繋がるために必要なステップ。


【不倫は必要悪であり、理想の相手と繋がるために必要なステップである】

ただ相手が私のことを待てず、今の奥さんと結婚を決めてしまっただけ。そんな彼と付き合うことを「不倫」と呼ぶそうだけど、決して悪いことではないと思っています。

ちょっとだけ2人が出会うタイミングが、遅かっただけのことなんですから。

 

しかし世の中で「不倫はわるいもの」とされている以上、どれだけお互いが愛し合っていて、理解し合っていても、世間からの注目を浴びるのは避けたいところ。会う時間、会う場所、電話をかけるタイミング、メールを送るタイミング、外での彼の呼び方、2人で歩くときの距離など細部に至るまで、気を遣わねばなりません。

すべてを不倫相手に合わせてあげることが、付き合う上での最低条件になります。並大抵のことではありません。

 

家族や友達との約束、行きたかった展示会やショーよりも何よりも、全て彼に合わせて彼中心の生活を送らねばならないのです。

でも彼を愛しているのなら、あなたはこの無理難題をやってのけてしまうことでしょう。

 

これだけ抑制された中で2人きりで会うことになれば、いろんなことを忘れて気持ちの赴くままに行動してしまうこともしばしば。

もちろん誰も見ていない、2人だけの密室で会うという最低限のことは忘れていないでしょうけど。彼の服にファンデーションをつけてしまったり、顔にキラキラ光るラメをつけてしまうこともあるでしょう。

しかし相手のことを本当に愛しているあなたなら、そういったこともなんなく乗り越えてしまうはず。カバンにはウエットティッシュとメイク落とし(両方とも無香料)を常に忍ばせているでしょうから。

どこからバレるか分かりませんから、どんな事態にでも対応出来るよう行動するようになるのです。

 

相手のペースに全て合わせ、どんな状況にも耐えられるように、頭の中にはありとあらゆる対策がグルグル。ここまでしても彼との関係を続けたいのは、彼こそが「真の理想のタイプ」だからです。

どんな人でも外面も内面も理想の相手に出会ってしまったら、どんな努力をしてでも関係を続けようとするのではないでしょうか? 普通に付き合うよりも、何倍ものお金、何倍もの努力を必要とするのが「不倫」。

 

世間で言われているようなスリルを味わいたいからやお金を持っているからなど、簡単に出来ることではないのです。不倫相手こそがあなたの理想とするタイプを具現化したものであり、「あなたじゃないとダメ!」と脳細胞が叫ぶくらいの相手だからこそ出来るのです。

 

はっきり言いますが、あなたがそこまで想っていて、向こうも同じ気持ちで答えてくれていたとしても、彼が離婚する可能性はほとんどありません。この関係に将来がないことを、始める前に分かっておきましょう。

 

ではなぜ不倫を選択してしまうのか? 答えは簡単です。

自分自身がキチンと分かっていなかった「理想の相手」をカラダでもココロでも理解し、その相手と釣り合うための女史力をつけるために神様が与えた試練だから。すべてはあなたがより幸せになるためのステップのひとつであることを、頭に入れておきましょう。

 

不倫相手は、確かに理想のタイプです。相性も抜群でしょう。

しかし、あなたが幸せになれないことは目に見えています。ですから「これは上るべき階段の1段」と割り切って、なるべく早めに縁を切ることをオススメします。

もちろん最初は引きずるでしょうし、苦しむかもしれません。ですが不倫相手と付き合うことで磨かれたあなたの魅力が、本当に幸せにしてくれる相手と引き合わせてくれることをここにお約束します。

なぜなら私自身が不倫を通して理想のタイプを認識でき、今の彼氏と付き合うことができ、今まで最長の交際4年目に至っているのですから。

 

関連記事:不倫カップルが幸せな時間を長続きさせる第一条件とは?

Photo by Pinterest

まみ。

辰巳 まみ。

おうちワーカー/Lifeライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ