恋愛

2013.09.23 UP

驚愕の事実!給料100万円の男性は「女性にナイショで」●●にお金をつかっていた


65e1fcf029b48ea31278465e043a7b36

100万円のお給料をとっている男性のなかで、たとえば半分の50万円くらいは貯金をして、残りのお金で生活をしているという男性はわりと堅実です。

もっと堅実な男性は、家賃を収入の1/10に抑えると言います。100万円の収入があっても10万円の家賃の家に住む。非常に手堅いお金の遣い方です。

 

しかし、100万円の給料をとっているにもかかわらず、給料前になると必ず金欠になる男性もいます。そういう男性はなぜ金欠になるのか? 何人かの100万円男性にインタビューしてみました。

 

そもそも100万円は、人格を変えるラインです

多くの高給取りの男性が口を揃えて言うのは、100万円は人格を変えるラインであるということです。給料が50万円とか70万円というときは、まだ謙虚に、額に汗してはたらく。

しかし100万円になると、途端に天下をとったかのような錯覚が生まれるのだそうです。

 

これは、実際に経験しないとわからないことでしょう。今の世の中、なんでもネットで情報を拾えますから、読んで聞き知ると、すべてを知ったかのような錯覚を起こす人もいるでしょうけど、経験しないとわからないことって、世の中にいっぱいありますもんね。

で、天下をとったかのような錯覚を起こす100万円男性の愚行(?)は以下です。

 

意味もなく人にご馳走する

100万円の給料をとっている女性と男性を比較した場合、男性のほうが、気前よく人にご馳走するという調査結果があります。また取材に応じてくださった男性も、ほぼ全員「おごる」と言っています。

男性は先輩後輩の上下関係のなかで大きくなっている人も多いので、好意的に言えば、後輩の面倒見がいいのでしょうし、意地悪く言えば、より多くの後輩をじぶんの配下に置きたいと思うのかもしれません。

 

女性をお金で買う

キャバクラに通うとか、風俗店に通うというようなことです。これも、男性の支配欲の現れのひとつだと論じる心理学者もいますし、これまで仕事ばかりでモテてこなかった男性は、やっとの思い出で「100万円男」になったのだから、女性の2人や3人からモテたいと思って、お店に通うということかもしれません。

 

エブリデイ・オトナ買い

月給が30万円のときは、コンビニで雑誌など立ち読みで済ませていたのに、100万円になると5冊も6冊も雑誌をオトナ買いするとか、カップラーメンとおにぎりだけでいいのに、お弁当とお惣菜と鶏の唐揚げを追加で買う……なんてことを毎日やっていたら、1万円なんて3日くらいで消えますよね。

 

いかがでしたか? もしあなたの彼氏が月給100万円であり、将来結婚したいというのであれば、半分の50万円は、女性であるあなたの責任で定期預金にまわしたほうが賢明かもしれません。

お金は遣わないと(遣って失敗しないと)、「本当に正しい遣い方」を学べないものですが、結婚前はなにかと物入りなので、500万円貯めてもあっと言う間に消えていくわけですから。税金だって、いっぱい払わないといけませんしね……。

Photo by pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ