恋愛

2016.07.10 UP

【どうゆうこと!?】喫煙女子は結婚対象外!さらに、イケメン御曹司を減らす?!


タバコを吸うアラサーの友人を見かけましたら、「アンタ、そろそろやめたほうがいいんじゃない?」と言いますが、決まって煙たがられます……タバコだけに。

冗談はさておき、喫煙女子は恋愛対象外になりやすいのは事実。「わかっちゃいるけど」な喫煙独女の皆さんのために、軽~く背中を押して差し上げましょう。

 

独身男性の半分以上が「タバコ吸う女、エンガチョ!」

厚生労働省の平成26年調査によると、成人女性の喫煙率は8.5%。モテないのは喫煙女子も自覚はあるようですが、そう簡単にやめられないのがタバコ。かつて私も吸っていたことがあるので、美味しさは十分熟知しています。

とはいえ、改めてタバコと恋愛についての現状を見てみましょう。婚活アプリ「マッチアラーム」が20代、30代の独身男女3,367名を対象に昨年行った調査によると、「タバコを吸う異性は恋愛対象になりますか?」という質問に対して、「いいえ」と回答した男性は52.7%。2人に1人が「タバコ吸う女、無理! エンガチョ!」と回答しています。理由は「臭いから」「印象が良くない」などが挙がりました。

ちなみに、女性から見ても地味に厄介者だったりします。喫煙者の友人として言わせてもらうと、「アンタとごはんを食べに行くと、服と髪が臭くなるんだヨォ……! 無駄に女子力高めのタバコケース使いやがって、それごとビールジョッキに沈めてやんぞ!」です。

嗚呼、直接言えたらどんなに楽なことか。しかし、言えない難しさに身悶えさえします。

 

風が吹けば桶屋が儲かり、タバコを吸うとイケメン御曹司が死ぬ

「風が吹けば桶屋が儲かる」これは一見関係のない出来事が思わぬところで影響が出ることのたとえですが、似たような意味で「タバコを吸うとイケメン御曹司が死ぬ」という言葉があります。

タバコを吸う匂いを消すファブリーズとシャンプーが売れる。 マツキヨが儲かって店舗を増やし、商店街のまんじゅう屋が土地を奪われ、イケメンの3代目御曹司が仕事を追われ、キャバ嬢のヒモになる。ある日、浮気相手の男が登場しイケメンと揉み合いになる。イケメンがよろついたところに偶然ガラスの灰皿が。不幸にも頭をぶつけてイケメン死亡……合掌。

こうして、またあなたの喫煙により貴重なイケメンが1人減るわけです。将来伴侶になるかもしれなかった男性が、出会う前に死んでしまうわけです。あなたの喫煙によって!(ビシッ)

とまあ気が付かないところで、喫煙は結婚に影響している可能性はありますよね……。

 

「彼氏ができたら禁煙する」は聞き飽きた!

喫煙女子の皆さん、普段からこんなことを口にしていませんか。「彼氏ができたらちゃんと禁煙するから」。タバコやめろと言うと、高確率で返ってくる言葉。しかし、この世で一番信じられない言葉です。

タバコと同じような常習性があるものとして「ギャンブル」があります。仮に、ギャンブル狂いの独身男性が、「僕ちゃん、結婚したらギャンブルやめる」と豪語していたとしましょう。その言葉を信じられるでしょうか。そもそも、「ギャンブルが好き」の時点で女性は潮のように引いていきます。

喫煙女子も同じなのかもしれません。結婚したければ、「彼氏ができたら禁煙する」は禁句。前後を逆にして「禁煙して彼氏つくる」に切り替えていきましょう。

 

禁煙も一つの婚活デス

繰り返しますが、私も元喫煙者。カレーの後のタバコの美味しさは十分すぎるほど知っています。今でもちょっと恋しくなりますが、私はもう卒業した身。過去を振り返ることは致しません。

もし婚活中であるなら、禁煙も一つの婚活です。まずは1本を我慢することから始めてみては。私もそこからスタートしました。徐々に「減煙」していけば、きっとタバコにサヨナラできるはず。近頃は禁煙外来というのもあるようですし。

あなたがずっと独り身なのは「喫煙者」だからかもしれません。その真偽を確かめるために、試しに禁煙してみてはどうでしょうか。

東 香名子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ