恋愛

2013.08.21 UP

独占欲の果てに見えるものは何か


l201106131600

「好きな人のことを独占したいと思うのは当然の感情だと思うよ」

恋愛対談中に、とある友人にそういわれたとき、わたしはぎょっとしてしまいました。

 

たしかにそうかもしれないのですが……ただ、それって、わたしの中で長らくタブーな感情だったような気がします。

 

「大人の女なんだからもっと余裕をもつべき」

「多少の浮気じゃ動じない心を持て」

 

わたしはこの『アンジー』の中で、そんなことばかり主張してきたように思えます。

それが、わたし自身が目指す女性でもあったから。

 

だから、「独占したいなんて、かっこよくない小娘のすること!」と決め付けていました。

 

でも友人の言うことはまさにそのとおり。独り占めしたいという気持ちはほんとうに自然な感情で、それに抗うことも難しいのです。

私ももちろん分かっている。でも、それを正論にして独占欲を押し出す前に、ほんのちょっとだけ考えてみてほしいことがあります。

それは、「独占したい」という気持ちの先にあるものです。

 

私だけに興味をもってほしい。私以外の女性に興味をもたれたら悲しい。私よりもあっちの子のほうが魅力的だってことだから。私は負けたってことだから……。

 

「独占したい」という気持ちの中には、このような複雑な感情がいくつも絡まっています。主に自分が認められないことへの不安。だから独占という行為が、自分を認めさせるための手段になっているのではないでしょうか。

 

男性が、ほかの女の子をいいな~と思うのは、ごく自然な状況です。

それを自分の魅力不足とか、自分のほうが負けているとかいうのは、考え方が飛躍してしまっているのです。シビアですが、あなたより可愛い子はごまんといるし、あなたよりスタイルの良い子はごまんといます。でも、それでも彼はあなたが好き。

 

それなのに彼を独占したいと願ったあなたは、彼にはあなたしか見えない世界を築き上げる。彼はその世界のなかでは、あなたのことしか知らない、あなたしか見えない。

彼はもちろんあなたを好きだというでしょう。でも当たり前です。

あなたしか見てはいけない世界ですから、あなた以外を好きになる術がないのです。

 

でも果たしてそんな彼のことを、あなたは本当に魅力的だと思えますか?

そしてあなたも、あなたしかいない世界でキミが1番だと言われて、本当に嬉しいですか?

 

世界が広く、色々な女性を知っているような彼に、「それでもきみが一番だよ」と言われることこそ、女の価値がわかるのではないでしょうか。

あなただって、きっとそのほうがずっと、不安がなくなるのではないかと思うのです。

 

Photo By olas Kennedy Sitton

 

メルヘン 可憐子

メルヘン可憐子

(コラムニスト/エッセイスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ