恋愛

2014.01.31 UP

女性の結婚適齢期を逃さないために、避けるべき男の特徴5つ


2b9d5f124be36a93a285739ecb87889f

女友だちとのおしゃべりは、何時間でも花が咲くもの。だけど、彼女らに好きな人や彼氏のことを相談しても、役に立つアドバイスを期待することは、難しい。だって、女同士だと「そうよ、きっと彼はこう考えているのよ」なんて、みんなで良い方向に、解釈してしまうものでしょ?

オーストラリアでも大人気の、アメリカの超人気テレビシリーズ『Sex and the City』の脚本家が書き下ろした恋愛ハウツー書『He’s Just Not That into You』(そんな彼なら捨てちゃえば?)をご存知ですか?

映画化にもなり、日本では『そんな彼なら捨てちゃえば?』のタイトルで放映されました。もともと西洋人が書いたものなので、全てが日本人に当てはまるわけではないけれど、基本的に男の扱い方は世界共通です。

今回はその原書『 He’s Just Not That into You』を参考に、結婚適齢期を逃さないために、避けるべき男の特徴5つをご紹介します。

 

1:連絡をしてこない彼

彼があなたの連絡先を知っているのにも関わらず、お誘いが来ない場合。あなたに特別な好意があるとは思えません。

ただし、「草食系男子」は、誘う勇気がない人も多くいるものです。そういう場合は、彼に気があることをアピールしてみて。それでもお誘いがない場合は、残念だけどあなたに興味を持っていないと受け止めたほうがよさそう。

 

2:酔っている時だけ会いたがる彼

彼があなたに会おうとするのが酔っているときだけだとしたら、そんな関係は、デートとは言えません。夜にベットインして、早朝にバイバイなんていうのは、明らかに彼が楽しみたいだけの関係。「きっと彼は忙しいんだわ」と解釈したい気持ちをぐっとおさえて、静かに彼の元を去りましょう。

 

3、結婚してくれない彼

女性のほうが結婚意欲があるものだけれど、男性だって「この人!」と思える人に出会ったら、結婚したいと思うもの。それなのに結婚の「け」にも進まない場合、彼の本心は、「自分自身のほうが大切で、自由でいたい。あなたのことを人生を捧げるほど愛しているわけではない」状態。

シビアだけど、女の賞味期限は男より短い。彼のせいで、結婚適齢期を逃さないように気をつけて。

 

4:別れたいという彼

大好きな彼から、別れたいと言われたら、復縁したいと思うでしょう。でも、一度別れを切り出した彼は、それほどあなたのことを好きだとはいえません。交際をしていく中で、あなたが彼のことを追いかけるようなパターンに陥ってしまうと、それはパワーゲームのように彼があなたのことを振り回すだけの関係になってしまいます。だから、復縁は求めずに、あなたのことを愛してくれる素敵な男性を見つけにいきましょう。

 

5:他の人と結婚している彼

不倫が楽しいのは、彼が手に入りそうで入らない、まるでメロドラマの主人公のような気分になれるから。でもね、もし不倫相手と結婚することができたとしても、不倫癖のある男っていうのは妻をおいて、新しい不倫相手を見つけにいくのがオチ。あなたは本当にそんな恋愛のカタチを望んでいるのか、もう一度、自問自答してみて。

 

ダメ男と付き合うと、いいことが1つだけある。それはイイ男に出会ったときに、そのありがたみがわかるってこと。あなたのことを追いかけて、愛してくれる男性と出会えた時、本当の幸せが訪れるはず。

今回の5つの特徴に当てはまる彼がいるあなたは、さっさと捨てて、イイ男を探しにいきましょう。さもないと、現実問題、アラフォーになると結婚だけでなく、出産もキツくなってしまうわよ。

 

Photo by Pinterest

Airi

Airi

(海外在住ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ