恋愛

2014.01.18 UP

美人な女性の不幸な結婚生活と、やがて始まる男性との不倫


fd08b9f4a74531a81351b5246d8e4f12

久しぶりに高校時代の友人、J子と会いました。さり気ないシャツに紺色のニット、それに二連のパールのネックレスという彼女を見て、「変わっていないな」とうれしくなりました。

J子って、美人なんです。昔4、5人で飲みに行くと、なぜか彼女のまわりにだけ、男性たちがわらわらと集まってくるくらい魅力的。聞き上手ということもあります。それでいて、始終にこにこしているので、男性の視線を捕えていたんだと思います。

 

そして、26歳のときに結婚しました。どうして、その人に決めたのか、尋ねたことがあります。

信用できる人だと思ったの

J子は照れたように微笑みながら、そう言ったのでした。結婚式ではじめて、その人を見ました。やさしそうな目をした相手の人を見て、J子が言った意味がわかったような気がしました。

だけど、結婚って「先」のことはわかりません。わかっていたら、世の中でこんなにも別居や離婚などという事態がはびこらないと思います。

 

美人な女史の「同情したくなるような」結婚生活

J子の場合、結婚してから2年後、義理の父が倒れました。それから、あちらの両親と同居したのですが、5年後に義父が亡くなり、気持ちが落ち着いた頃、義母が痴ほう症の初期段階になりました。

その上、ひとり息子も病弱で……って、本当に文字にしてみると、溜め息が出ると言うか、何とかならないの? と、人の人生ながら、そう言いたくもなります。

つらくなかったの?」思わず、聞いてしまいました。すると、彼女は笑いながら「ううん」と否定したのです。

夫がね、やさしかったの。息子が熱を出して寝込んだときは、土、日、私に代わって看病してくれたり、お義母さんの機嫌が悪いときは、夜遅くまで話を聞いたりしてくれたのよね

 

その言葉に、私は「う~ん」と、うなってしまいました。確かに誠実だ、確かにやさしい。

だけど、それってJ子の持っている空気感というか、温かさのせいじゃないの? と思ってしまったのでした。

どんなに美人で聡明でも、結婚生活がどう転ぶかはわかりません。「どうなってもいい!」という覚悟みたいなものは必要だと思います。

それでも、義母の認知症はなんとか収まり、息子は小学校に上がって、時間に余裕のできたJ子はパートで働きに行くようになりました。そこで、年下の男の人と恋に落ちたのです。

こんなに夢中になるなんて、思いもしなかったの

えーっ! 不倫!?

つづきます。

photo by Pinterest
かわの ももこ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ