恋愛

2014.01.17 UP

年下男性が僕の出番なさそう、と感じちゃうお姉さんとは?


17dc5a38a34e2cf1a2817d1359e868cf

ぼくには大好きなおねーさんがいる、っていう年下の男子多いと思います。

毎日同じ空間にいるだけで、どきどき、わくわく、そわそわしてしまう。おねーさんの隣に座ったときなんか、もう思わず「好きだー!」って叫んでしまいたくなる。

大人の余裕や色気にぐいぐい引き込まれてしまって、もう夢中なんです。

 

そこまで惚れ込んでるんなら告白しなよって思われるでしょう。

だけど、残念ながら勝ち目はほとんど無さそう。漏れ聞こえる話では、おねーさんに彼氏はいない様子。でも、何となく異性の友達が多そうっていう雰囲気が感じ取れる。

それは同僚との会話から想像したり、男にしか理解できないような話にもがっつり食いついている様子から、きっとそうなのかなって思うんですああ、そういう会話をする男がたくさんいるんだろうな……って肩を落とします。

 

今回は、それとなく異性交遊の多さをにおわせ、年下の男をがっくりさせちゃうおねーさんをご紹介。

 

1:異性相手にも、常にオープンな姿勢を見せるおねーさん

初対面の相手でも、まったく壁を感じさせないおねーさんって、もちろん生まれもっての性格をあるでしょうが、なんとなく経験の多さを感じさせます。

特に異性が相手の場合なんか、ばんばんトークして、ガンガンつっこんだりしているおねーさんを見ると超、手馴れしてるやんって思います。そこにボディータッチなんか加わると「その技で、これまでどれだけの男の気を引いてきたんだ、おねーさん」って勝手な解釈をしてしまう。ぼくの前で、他の男と仲良くしないで!

 

2:それって女の子にも分かるの?っていう話題が豊富なおねーさん

バイクとか車とかパソコンとか、どこか男の専売特許みたいな分野ってありますよね。

最近でこそ、鉄子や歴女とか言われて一般の女性のなかにも、男が好む分野のなかに女性が興味を持つものがでてきたりしていますが、やはり男の嗜好に理解を示すのって大変だと思います。

だけど、そんな話題にもめんどくさそうな様子を見せずに、むしろ興味津々なおねーさんがいる。パソコンを自分で組み立てちゃう話や、ガンダムのプラモデル作ってるの!って話まで飛び出しちゃう。

男のぼくでも話についていけないときがあるくらいに、男が好きそうな話に精通してる。

それって、他の男の影響受けてない?って勘ぐっちゃいます。

いつか、ぼくの趣味も教えてあげたいです。

 

3:華やかな学生時代の話を連発するおねーさん

基本的なコミュニケーション能力が高いからでしょうか、女性って男にくらべて、学生生活をしっかりと謳歌している割合が高いように感じます。授業はもちろん、サークルにアルバイト、ボランティア活動などさまざまなことに取り組んで、幸せに満ちたキャンパスライフを送ってきたんだろうな、と勝手に想像します。

そんな満ち足りた学生時代を過ごしているなら、性と触れ合うチャンスだってたくさんあったはずだし、付き合った男だって一人じゃないはず……と嫌な妄想は膨らむばかり。

ぼくにはそんな華やかな学生時代なんてなかったのに、おねーさんの口から楽しかったキャンパスライフの話を聞いちゃった日なんか、見たこともない男友達に嫉妬しちゃいます。

 

4:すでに彼氏がいるねーさん

これは、すでにおねーさんに彼氏いることにショックなんですが、やっぱり男友達も多いと思うんです。彼氏がいるってことは、男と上手に一緒にいることができるってことですもんね。そういう空気をもっているおねーさんって年下の男にも分かります。あ、このひとあんまり気を使わなくてもいいな、みたいな感覚。

それに、彼氏の人間関係からどんどん友達の輪だって広がっていくだろうし。ぼくの出る幕ないじゃん!って感じ。

 

大好きなおねーさんに男の影が見え隠れするのって、年下の男にとっては結構つらいんですよね。ぼくとなんか話さなくても、他にたくさん話相手いるよなぁと思ってしまう。

彼氏にして、とは言わないから、せめておねーさんの男友達になりたいです。

 

 

photo by Pinterest

片本 裕

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ