恋愛

2016.01.06 UP

結婚後にみんなが後悔した「同棲中」の女性がやっておくべきコト


同棲_トップ0

彼との結婚を考え始めている人、いませんか? 結婚前のステップとして「同棲したほうがいい?」と検討している人もいれば「すでに同棲中!」という人もいるかもしれません。

私も今の夫と結婚する前に、二年半の同棲をしていました。しかし同棲中に抱えていたストレスのせいで、結婚後にある後悔をすることになります

今回はその後悔の正体について、お話ししたいと思います。

 

同棲中にストレスを感じている女性は多い

d14097-83-450290-3

Image by PR TIMES

株式会社オウチーノが、20歳~39歳の同棲経験がある既婚男女278名を対象におこなった「同棲ストレス」実態調査によると、「同棲生活でストレスを感じたことはありますか?」という質問に66.9%の女性が「ストレスを感じていた」と回答

男性陣は47.4%と女性より低めで、ストレスの原因は男女ともに「相手の生活様式に対して」という回答が最も多かったようです。

でも、私の同棲中ストレスはちょっと別のところにありました。

 

私が体験したストレスの原因

家事

同棲中に私がストレスを感じていた原因は、良き彼女を無意識に演じていたことです。

私の中の良き彼女像とは「家事炊事が得意で、何でもすすんでやってくれる女性」。同棲中はお互い働いていましたが二人分の洗濯や部屋の掃除、食事の準備や後片付け、ゴミ出しなど家のことはすべて私が担い、無意識で「良き彼女」を演じていました。

本来の私は自分のことは自分でするのが当たり前という考えで、分担制とまではいかなくてもある程度は協力してやっていきたいと思っていたので、同棲中は素の自分をさらけ出せないことにストレスを感じていました。

素の自分をさらけ出してしまったら、彼が離れてしまうかもしれない

彼との結婚を強く望んでいたから、という理由もあったのでしょうか。相手にしいられているわけではないのに、自分でつくった妄想に自分がとらわれているような同棲生活でした。

 

それでも私、結婚しました!

結婚_同棲

ストレスの原因を、結婚してからようやく夫に打ち明けられるようになった私。夫は理解してくれましたが、同棲中に何でもやってあげていたせいもあり、「やってもらって当たり前」な人間を「自分でやるのが当たり前」に変身させるには、まだまだ時間がかかりそうです。

「家事炊事は任せた!」な夫と「二人で分担したい」私。こうした気持ちのズレは早いうちから話し合い、理解しあっておかないと私のように軌道修正に時間がかかることになります

ただ、良い意味であきらめる力も身に付きました。結婚後してみて初めて「相手ができないことは私がサポートしよう」という思いやりや、夫とはいえ他人である相手の考え方に歩み寄るという努力も芽生えました。

ゆっくりではありますが抱えた問題を少しずつ解消していく中で、お互いに成長していけるのだと思います。

 

結婚前に同棲を考えている、もしくは同棲中という方々。私のようにやるせない思いを抱えないためにも、同棲という体験の中で互いの理想の関係について考えてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

【結婚の後悔率50%!】その理由は?相性がいい男女って?

すだ あゆみ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ